ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • シャドウラン5版 ハッキングの流れ

    2019-01-05 18:20

    シャドウラン第5版のハッキングの流れが、ルールブックを読む限りすっごい分かりにくい(実はめっちゃ単純)なので掲載しておきます。独特の文体はお許しください。ルールブック読みながら書くとこうなるんだ!

     マトリックスでの非合法活動は、一見すると城に侵入し、宝物庫を探り当て、宝物を入手する行為に似ている。やり方に詳しくなければ時間を食うし、行き詰まることも沢山あるだろう。ここに簡単な流れを載せておく。

    ・得意なやり方の確認
     ところで、あんたのキャラが得意な盗賊プレイスタイルは"強盗"だろうか、"怪盗"だろうか。これはしっかりと把握しておく必要がある。
     "強盗"スタイルは城に侵入するに際して、見張りを暗殺しながら侵入していく。ドアがあればぶち割っていく。痕跡が発見された時はもう遅い! このスタイルで最も重視されるのは本人の技量と性能"アタック"の数値だ。
     "怪盗"スタイルは城に侵入するに際して、見張りの視界をかいくぐり、ドアをこじあけて進んでいく。痕跡が発見されれば衛兵に抑えられてお陀仏だが、そんなヘマはしないだろ? 重要視されるのは"スリーズ"の値だ。
     どちらのスタイルをとるかは電子盗賊の思い次第、だ。


    ・城じゃない? なんだ簡単じゃないか。
     盗賊は城ばかり狙うもんじゃないぜ。普通の民家(その辺のコムリンクな)は簡単に落とせる。アタックだろうがスリーズだろうが好きにマークして権限を強奪しな。権限を奪う必要もない? そうさな、"データスパイク"を実行するんだ。火を噴いて機器は陥落する。マスタに守られてもないワイアレス機器は脆弱だ。それが分かっているなら、せめてちょっとはお高いコムリンクを買って、コムリンクに機器のファイアウォールを担当させるんだ。ヘルメス・アイコンで3000¥、これで15個まで電子機器が守れるんだ。メッセージできりゃいいから100¥のメタリンク、なんて言ってると戦闘中に暇を持て余した企業デッカーの玩具にされるぞ。
     あと、現実空間には「城」なんてない。それはつまり、マトリクス空間でない現実空間には厳重に守られた通用口以外の防御はないことを示している。ああ勿論電波を通さない素材で厳重ガードされている場合は別だが、それは管理上面倒だろう? 高レートFWの機器のスレーブになっていない機器があれば、それはつまり「どうぞハッキングしてください」って存在なわけだ。逆にスレーブになってれば、スレーブを支配すればマスターが支配できるわけだから、悪いところなんて何もない。あんたが失敗さえしなければ、な。

    ・城まで行こう、歩いて行こう
     電子の城に侵入する方法は2つ。正門から行くか、裏口から入るか。
     正門から行く場合は、電子の城までマトリックス的に到達しないといけない。つまりはホストがあるところまで到達しないといけないわけだが、ここで大きな問題がある。あんたはマトリックス入場料を払っているか、というお話。グリッドにカネを払っている場合(p222参照だ)、問題なくアクセスできる。そうでない場合、公共グリッドや海賊グリッドからのアクセスになるが、回線速度が悪すぎてイザという時にヤバくなる可能性がある。ちゃんとしたグリッドには門番が待っている。GMによっては律儀に100新円ほど支払うことで通行料とさせてくれる人もいるだろうが、盗賊がわざわざ通行料を払うだろうか?
     門番をブチのめしてお代わりがくるまでの間にグリッド変更をする(強制介入)か、門番をだまくらかしてするりと侵入するか(即興ハッキング)、自分の得意な方法でグリッドに移動しよう。
     裏口まで行く? まぁ、あんたを止めるやつは電子的にはいない。物理的にはいるだろうがな。がんばれよ、チャマ。

    ・マトリックスの城に強盗だ
     公開型ホストはグリッドから普通に侵入できる。RPGの城ってのは住民はタダで侵入できるようになってるもんだろう、オマエ?
     ホストの中に入るにはホストの許可(マーク)が必要で、何とかしてマークを発行してもらっていることを前提としている。マークの発行システムによるが、自分のSINを晒して、カネを払うなり、特別許可をもらうなりするんだ。ソーシャルハックで許可をもらうのも手だが、まだるっこしいと思うなら強引に突破する方法もある。
     通行証をもらうということはお手付きになるってことだ。これが嫌な場合は強制介入なり即興ハッキングなりでマークをつけ、強引に侵入しよう。アタックした場合は最初から警報がなってるだろうし、スリーズした場合は一発でも失敗すればヤバいことになるが、人生ってのは大体そんなもんだぜ。
     だまくらかす方法も思いつかないし、ホストの壁が硬すぎて殴ったら手を怪我しそうだ? いい点を教えてやろう。ホストにはその実、穴が開きまくりだ。物理的にホストがWANを形成している場所に行って、ホストが守ってる監視カメラなりマグロックなりにDNIを直結するのさ。こうすればマスターの防御はかいくぐれる。延長ケーブルは持って行った方がいいだろうし、管理用ケーブル口が別の物理鍵やマグロックで封鎖されてることもあるだろうが、ここが脆弱点だ。マグロックや監視カメラ本体の防御はたかが知れてる。ここからホストを逆ハックすることができる。ただ、その間オマエは新しいオモチャに夢中だろうから、前後は誰かに守ってもらえよ。
     ホストに入ってまずやるべきことは宝物庫を探すことだ。あるいは、コントロールしたい機器を探すことか。マトリックス検索すればどちらも見つかるだろうが、権限がないことも多い。この場合やることは単純、機器をだまくらかすか、ブチのめして権限を強奪するんだ。機器に対して強制介入か即興ハッキングを仕掛けてマークを獲得しよう。ただし、ここで失敗しても知らないぜ。もう後には引けない。ランは始まってるんだ。
     データを盗む場合はデータにプロテクトがかかっていることもある。コピー前にプロテクトを破壊しておけ。正当なユーザーアカウントを盗み出すのは難しいが、不可能じゃない。この場合はユーザー偽装をしてプロテクトを突破できる(いいアカウントに唾つけとけよ)。突破したら後はコピーして、シャットダウン、おさらばだ。
     たまにデータがそこにないように見えることがある。つまりは暗号化してアーカイブに入ってる場合だな。その場合は正当な権限を持っているユーザーに復号を依頼しよう。まぁつまり侵入者にはどうしようもないということさ。
     あんたの正体がバレてるなら…ああ、ホストからマークをもらってるなら、不正行動したらもうバレてる。ヤバいぜ。可及的速やかに脱出するんだ。とはいえここは電子世界、自分のデッキを再起動すればそれでOKだ。ただしVR利用中に再起動するとダンプショックを受けるから、覚悟しとけよ。モードを切り替える時間も惜しい時は(大体そうなんだが)、命には変えられないが。大抵、もう攻性プログラム(ICって奴だ)は動き出してる。一発殴られたら、そのまま脳がこんがりトーストだ。そうでなくても、パトロールICは常にあんたをチェックしてるぜ、チャマ。
     
    ・長居は無用
     マトリックスは常にGridOmanukeDantai通称GoDか(ルールブックにそう書いてあるんだから間違いじゃないぜ)DemiGoDに見張られてる。違法行為をするごとに、あるいは違法行為をして時間を経過させるごとにアクセス解析を進めて、位置を突き止め次第、極大レーザーをぶっ放してくる(比喩表現な)。大体これをされるとデッキが煙を吹いて鉄くずになった上に(まだ生きてたら)マトリクスから強制的にダンプアウト、更に当局に通報が行って、アクセスポイントにナイトエラントがやってくる。長居は無用だ、さっさとずらかろうぜ。


  • 広告
  • ニェブラのデータ

    2019-01-03 13:29

    sm34419727
    こちらできりたんが作ったキャラクターのデータです。

    シニョーレ・ニェブラ 14歳 ヒューマン 女性

    アイコン:顔にモザイクのような霧が掛かって見えない、喪服を着た女性。
    【強】3 【筋】2(3) 【敏2】(3) 【反】3
    【意】5 【論】6   【直】5   【魅】4 【Edg】5 【Ess】4
    対人ストレス(幸せな昔の環境) アレルギー(大麻) 弱い免疫系
    分析的頭脳 筋肉増強1 筋肉調律1 免疫強化2 骨密度強化1
    データジャック スキルワイアR4 スキルジャックR4
    技能:<電子戦><ハッキング><コンピュータ><ソフトウェア>:5
     ≪機器整備SG≫:2 <知覚>:2 <忍び足>:2
    知識/言語:
     <サイバー戦闘><ハードウェア>:4
     <母国語:スペイン語><英語>:5<シティスピーク>:2
     <マトリクスセキュリティ>:4<文学>:3<スプロールの生活>:2
     <金融工学>:4<サイバー医療>:2
    スキルソフト:<体術>:3<ピストル>:3<エチケット>:4<交渉>:4
    特殊:ヘルメス・チャリオット(5/4/3/2) トランシス・アヴァロン(6/6)
    [ストリート・ドク:2/2] [テックモンガー:2/2]

    (装備詳細は割愛)

    「苦しくて辛い方がいいわ。幸せだと、夢じゃないかって不安になるもの。」

    マチェットを携えた黒髪の少女。アズトランの貧民窟に生まれるが、ハッキングの才があった。

    アズテクノロジーの奨学金プログラムを受けるが、代償は大きかった。
    両親はアズテクの「実験」の毒牙にかかり、人としての尊厳を奪われた。
    そして、そのことは彼女自身が興味本位から暴くまで、知らされなかった。
    恐怖から彼女は夜の闇に紛れ、逃げた。世界全てが彼女を敵視しているようだった。
    密航先で彼女は顔と姿を変えるためにハッキングを駆使した。そして、何人もの命を奪った。
    心無い所業は彼女の心を黒く染め上げていった。
    彼女は両親たちの弔いのためにも生きなければならないと思っている。
    しかし、自分の罪深い所業に苦しめられている。
    呪わしい運命を憎む時、彼女は幸せそのものを憎んでいるかのように見える。
    ハッキングを愛し、ハッキング以外の全ての技を軽視している。
    荒野の風に打ちのめされた彼女は、今はまだ、真実の美しさ、空の青さに気づかない。
    それはもう、すぐ真上にあるというのに…。


    過去/両親を鮮血魔術の実験台にされ、アズトランから逃げ出した。生き残るため人々を犠牲にした。
    現在/自らの能力を鍛えて生き残る。
    未来/きっと世界は美しいと知る日が来る。


  • Thaumcraft6 その2

    2018-07-23 21:54
    すごい色々進捗あったので更新。thaumcraftすげぇなぁ。
    観察を進めるとオーラ術を発見。最も高い場所と低い場所に到達するとイベント進行。


    Thaumcraft6では杖の代わりに籠手を使うとのこと。しかし、この籠手はどう使うのかしっくりきません。オーラ術を進めると火の玉が打てたりするみたいなのそこかな?




    世界に漂う元素の"相"を発見したなら、それを操り操作したいと思うのが人情。ここでは"注入"という操作を習得するが、実際に注入ができるようになるまでは実は様々なハードルがあって、Thaumcraft流の錬金術をある程度修める必要がある。






    エッセンシア云々はこの時点では意味不明だった。(後でわかります)。




    これは研究テーブル。理論研究をするための道具だが、ランダムカードの選択式で既定のポイントまでポイントをためるミニゲームをやることになる。ゲームの途中でアイテムを色々要求されるので、ある程度設備が整ってからやるとよい。少なくとも天体観測、vis結晶確保、エッセンシア抽出まではできるようにする方がよい。

    さてここからは怖いお話。
    何も知らずにガンガン錬金をしていると…




    なにこれ



    猛烈な勢いでダメージを受ける。なにこの触手…



    和訳されていない。flux riftだから汚染の裂け目とでも訳すか。
    最初は放置しとこうかと思ったけど…




    大量の汚染が噴出。これはとんでもないことになったぞ、と、一時自宅を放棄して逃げました。
    ネザーゲートを利用して3km先に逃げ、ProjectEの練金術を使ってかなり物資を稼ぎ、不測の自体に対応できるようにしています。



    消えてる…