アイドルアニメのライブ収入とそれに伴うグッズの色別展開は儲かる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アイドルアニメのライブ収入とそれに伴うグッズの色別展開は儲かる

2017-02-10 09:23
    ラブライブ、アイマス、ミルキィ、プリパラ、アイカツ…
    ばんどり、アイドル事変、等々

    アイドルではなくとも最近アニメ楽曲がやたらと多いのはなぜか。
    もはやアニメそれ自体に強い力はすでになく、ライブによって客を動員することで
    利益を上げなければ今の業界はやっていけないのだろう。


    あとキャラクターの多さとそれに伴うキャラクターグッズの内容もチェック。
    白いスニーカーに赤いラインが一本はいっただけでリーダーのグッズに。

    原価いくらかもわからないサイズフリーの無地パーカーに松の絵一個つけただけで
    4500円のパーカーに大変身。利益がとんでもない。そして六色展開。


    キャラクターにいろんな髪の毛の色を登場させる理由はキャラの色を明確化して
    区別をつけられると同時に、その色のついたもの≒キャラのモチーフとできるため。


    この傾向が特に強いのはラブライブ。
    穂乃果ちゃんはオレンジで海未ちゃんは青色。

    作品自体はすごく好きだけど、こういう商法はあまり好きではないな…。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。