モバマス村 対面人狼
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

モバマス村 対面人狼

2016-09-01 01:13

    皆さまこんにちは

    動画の方はわかめて鯖で行われている村のリプレイを投稿していますが
    こちらのブロマガの方では、対面人狼のレポート(雑記ともいう)を
    投稿していきたいと思います。

    投稿する理由としては、モバマス村はわかめて鯖だけでなく
    対面人狼もやっていますよ、というのを知ってもらいたいのと
    対面人狼は動画化しにくいので、こちらで投稿をさせて頂きます
    尚、これを見ている人は全員人狼を知っているという前提で話が進みますのでご了承下さい。


    8月某日

    この日は朝から雨がちょこちょこ降っていましたが
    モバマス村対面人狼部の方々8名に集まって頂きました。

    お借りした場所はこちら
    https://spacemarket.com/spaces/so3VVjMYuIftTqAJ/rooms/9HDX9WkN6gNFbPPY


    場所に着いたのち、軽く対面の説明をして、その後ゲーム開始という流れに

    ・ 対面では狼会話ができないので、ホワイトボードに予め軽く作戦を書いておいて
      1日目の夜に仲間狼をお互いに確認した時に作戦も軽く決めてもらう
    ・ 夜が来たら参加者は頭を伏せてもらい、その後GMが夜に役職に呼びかけをして
      占い先、霊結果、護衛先、噛み先等を決めてもらう
      この時に該当役職がいなくても、GMは茶番(一人芝居)を行う
    ・ 朝が来たら必ず無残がだれかを発表するので(蘇生役職がいる場合は無残発表→蘇生発表)
      その関係で、2死体が出たとしても、占いが2人いる場合は
      どちらが真かはわからない状況もある(貼りつけ速度というものは存在しないので)
    ・ 発言を洗い直すといったことはできないが(気になる発言をメモるくらいはできますが)
      その代わり、表情から相手の真意を読み取ることができる

    大まかな違いはこの辺ですかね
    それからゲームの流れを載せておきます

    【ゲームの流れ】


      配役発表後(初日犠牲者を1枚GMがランダムで選ぶ)
     
              ↓
      
      ホワイトボードに必要な情報を書き込む
       
              ↓

      1日目夜が開始、1日目夜の呼びかけ(主に占い師と人狼)
      人狼の人にはここでホワイトボードを使って軽くどういう風に動くか相談してもらう
      基本的に夜は参加者は全員頭を伏せてもらう形にしてBGMをかける
     
              ↓

      2日目朝が来る、参加者の人に頭を上げてもらい
      その後、犠牲になった人(初日犠牲者)を発表する
      (狐が配役にいる場合は無残になった人はいませんという)

              ↓

      2日目昼『議論スタート』で開始昼は5分で はい、よーいスタート

              ↓

      2日目昼投票段階になったら議論強制ストップ
      投票は一斉のーで、で指さしで吊りたい人を決める
      同数になったら最大2回まで投票処理行う
     
              ↓

      投票結果やCO状況をホワイトボードにまとめ
      処刑された人は席を外してもらう
      その後2日目の夜が来る

              ↓

      2日目の夜になったら1日目の夜と同じく
      各役職へ呼びかける、占い師と人狼だけでなく
      配役に霊能者や狩人等が含まれる場合はそちらも呼びかける

              ↓

      3日目の朝参加者の人に頭を上げてもらい、その後
      『今日無残になった人は~~さんです(複数いれば複数発表)』
      『今日無残になった方はいません』どちらかを必ず発表
      無残になった人は席を外してもらう

              ↓

      2日目昼『議論スタート』で開始、昼は5分

              ↓

      以降は延々と終わるまで繰り返していく、なにか問題点があれば
      その都度修正を行う感じでやる。


    では早速ですが、軽く村のリプレイに移りたいと思います
    (思い出しながらなので、各ゲームごっちゃになってるところがあったらごめんなさい)

    まずは最初の一発目は桃栗の8Fをやってみることに
    細かいシステム等も桃栗基準でします。

    配役は 占い師 霊能者 狂人 狩人3 狼2 という編成

    狩人が3人もいるので、一見村側が有利に見えるかもしれませんが
    3日目にして即PPになる可能性が大なので、村有利とはいえない配役です。

    2日目 占いCOが2人、片方が●の結果、もう片方が○の結果で
    占い先の被りは無しという展開

    占い師のどちらかが人外なので、グレーを伏せさせたまま占い師をランして吊るすことに
    話し合いの結果、●を出した占い師の方を狂人、または狼と読んで
    その占い師に皆さん投票し、●を出した占い師が吊られることに

    3日目 グレーが無残になり、○の結果を出していた占い師が
    狂人COをしそのままPPで人狼側の勝利

    桃栗8Fは(8Aや8Cも)3日目で即PPになる可能性が高いので
    2日目から狼や狂人が積極的に●を出すだろうという読みが
    逆に裏目になってしまった感じだったと思います。


    その後何回か8Fをやったのち次は8Cをやってみることに

    配役は 占い師 霊能者 狂人 狩人 魔術師 村人 狼2 という編成

    先ほどと同じく、3日目から即PPになる可能性はありますが
    今度は、蘇生ができる役職の魔術師が入っているので蘇生が成功した場合に
    いっきに盤面がひっくり返る可能性がありますし配役に村人が一人いるので
    村人が存在する=役欠けの可能性があるという(その村人が本物であった場合)
    情報の元で参加者は推理を行うことができるので
    こちらも一概に村有利とも人狼有利ともいえない絶妙な配役となっています。

    では早速8Cの軽いリプレイに移りたいと思います

    2日目 占いCOが1人、結果は黒判定で黒を出された人が狩人COし
    その狩人COに対して対抗狩人COで、狩人COが2人
    その後FOの形になり、霊COが2人、村人COが1人、魔術師COが1人

    その日の処刑先は確実に人外がいる占いか霊能のどちらかを吊ることとなり
    霊能をランで吊るすことに

    3日目 無残になっていたのは、対抗で出た狩人の方
    占い結果は魔術師COした人を占い、結果は白
    生き残った霊能の結果は吊られた対抗は白

    その日の処刑先は占い師から●を出されていた狩人を吊ることに

    4日目 占い師が無残になり、魔術師の蘇生が成功することに
    蘇生先は、無残になった狩人が生き返る、そして霊能の結果は当然A●

    ここで村人COをした人か、最初の霊能ランで残った方の霊能COした人
    どちらを吊るすかで、
    村勝利か狼勝利が決まるということに


    悩んだ末に村人CO者を吊るすことに
    しかし無常にも最初の霊ランで吊れていたのは真の霊能の方でした

    GM「あーこれは人狼の勝ちだねw」
    魔術師『ちょっと待って下さい!まだ魔術師蘇生が残ってますよね?
    GM「!?」

    魔術師の蘇生あ^~生き返るわぁ^~が成功すれば昼3人になり
    ゲーム続行と同時に狼側の詰みとなるので、最後の蘇生判定を行うことに
    (蘇生判定はダイスを振って行いました)

    結果は・・・


    残念ながら蘇生ならずで人狼側の勝ちとなりました!


    その後も何度か8Cを回して、占い真狼で占いがお互いに●の結果を
    ぶつけ合うという白熱した展開があったり、人狼側が初手でいきなり破綻してしまい
    速攻で駆逐されるという可哀想な展開があったりと
    見ている分にはとても面白い村がいくつかありました
    そして、気づけば退室時間ギリギリになっていたので急いで撤収することに。



    ↑はこんな感じでやりましたという写メです
    お菓子をつまみながら、飲み物を飲みながらのゆるーい感じでやりました

    【反省点】

    ①借りた場所が思ったよりも狭かったので、無残になった方は
     その場で黙秘するという形になり霊界トークのようなものができなかった

    →もう少し広めのスペースを借りることでこの問題は解決できる

    ②狼の作戦をもう少し具体的にホワイトボードに書いて、入念な打ち合わせを
     させてほしかった。具体的には、どちらが騙るかというのを決定したあとに
     どの役職を騙るか等の項目があればよかった

    →ホワイトボード、または大きめのノートを用意しておき
     そこに細かく書いておくことでこの問題は解決できる


    【次回】

    次回は10月の某日を目処に対面人狼のスケジュールを組む予定です
    今回は8人でしたが、次回は桃栗の10人配役でゲームを行いたいので
    10人↑を目標として声掛けしたいと思ってます。
    また、場所も少し高くなりますが、広めのフリースペースを借りられそうなので
    そこをお借りしてやろうと思っています。

    それでは、また次回のブロマガ、または動画でお会いしましょう。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。