• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

山口敬之のレイプ事件は重要だ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山口敬之のレイプ事件は重要だ

2017-05-12 12:30
     

    週刊新潮の山口敬之のレイプ報道は凄かった。
    山口が権力に媚びる怪しいやつだとは思っていたが、女性に睡眠薬を飲ませてホテルに連れ込みレイプする、そんな卑劣な獣だったとは。

    しかしこのレイプ魔は安倍政権が重宝していた物書きであり、安倍政権や安倍昭恵の弁明を買って出ていた提灯ライターでもある。
    だからこそ警察も逮捕状を取り消して、レイプ魔を守ったのだろう。

    権力というのはここまで恐ろしいことをするのだ!
    共謀罪が一般人には適用されない、一般人は監視されないと信用するには、警察を信用しなければならない。
    だが、レイプ魔の犯罪を見て見ぬ振りするような警察を信用できるのか?

    わしは警察には一定の敬意を払っている。
    多くの警官は日々、日本の秩序を守る使命を果たしていると思っている。
    だが、官邸に近いからと言って、レイプ魔を見逃し、被害女性をさらに傷つけるようでは、警察を全面的に信用するわけにはいかない。
    権力の手先になって、一般市民を守らない、傷つけることだってあるのだ!

    共謀罪は権力には適用されない。
    あくまでも市民に向かうのが共謀罪である。
    共謀罪で、安倍官邸と、財務省などの共謀犯罪を防ぐことはできないのだ。

    山口敬之は「SAPIO」にも生前退位の件で、民進党の陰謀論を書いて、安倍政権を守っていた。
    こんな卑劣なレイプ魔に記事を書かせていた雑誌も、本を出させていた出版社も、さんざん出演させていたテレビ局も、猛省するべきだ。
    被害を受けた女性が、山口レイプ魔のメディア露出を見ていて、どれほど苦痛だったことか!

    そして安倍昭恵はこのレイプ魔の「セカンドレイプ」的弁解に「いいね!」を出して応援していたのだから、常識というものが完全に欠落した人間だということがよく分かる。
    こんな女のために「公の奉仕者」たる者たちが、全力で動き回り、今も全力で守ろうとしている。
    この国の権力システムは狂っている! 

    森友学園問題、アッキード事件の闇は深い。
    これを大した問題ではない、「しょーもない問題だ」と葬ろうとする橋下徹や、花田紀凱の感性は恐ろしく劣化している。
    権力に靡いて、「王様は裸だ」と言えなくなったら、おしまいだ。
    「王様は裸だ」、これを何歳まで言い続けることができるかだな。

     

     

    RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/13067/
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    小林よしのりライジング
    更新頻度: 毎週火曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。