• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

共謀罪ではテロは防げない!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

共謀罪ではテロは防げない!

2017-05-23 23:00
  • 1
 

イギリスでマリアナ・グランデのコンサートで自爆テロが行なわれたらしい。
案の定、極限の馬鹿・自民党やネトウヨどもは、「そりゃテロだ。やっぱり共謀罪が必要だ」と言い出してるらしい。
脳があるのだろうか?
アニサキスより頭が悪くて凶暴な虫どもだ。 

言っておくがイギリスには共謀罪がある。
それでもテロは防げなかったのだ! 

日本には共謀罪がないのに、テロが起こらない。
日本には、今まで共謀罪がなかったのだから、あちこちでテロリストがテロを「計画」し、「共謀」し、「準備」して、「実行」していなければならない。
でもまだ一件もテロが起こっていない。 

イギリスでも、フランスでも、アメリカでも、共謀罪でどんどん逮捕され、冤罪も発生しているのだが、それでもテロは防げない。
日本ではなぜホームグロウン・テロが起こらないのか?
それは、日本の国柄を知る「保守」ならば分かる。
アニサキス保守には分からない。 

ただし、テロリストは、外国からは入って来るかもしれない。
だが、そのためのテロ対策を与党はやる気がない。
民進党は代案を出している。 

共謀罪は、日本国民の「内心」を覗き見て、誰が犯罪を犯しそうな奴か、監視するだけだ。
テロ対策ではない。
もちろん「TOC条約」もテロ対策ではない。
日本は今のままの刑法で、条約に批准することができる。 

外国には共謀罪がある。
それでもテロは防げない!
共謀罪ではテロが防げないことの証明である!

 

 

RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/13153/
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
はっきり言えば欧米の言論の自由はデタラメであり、ドイツは難民問題をメディアが取り上げないお粗末さが露呈している。
ロシアやイランの方が欧米と違った視点で読める。
32ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。