• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

リアリズムの力量について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

リアリズムの力量について

2017-06-12 14:30
  • 1
 

「ゴー宣道場」、2つのテーマをやるには時間が足らないのではないかと思ったが、驚くべきことに濃密に話を盛り込むことができた。大成功だった。

馬淵議員も山尾議員も、政治家としてリアリズムに基づいた話をしている。
言葉だけでなく、実践を伴う。
最近の政治家はリアリズム無視で「空論」を語る馬鹿が多い。
男系固執の政治家などは、「空論」のみで、「妄想」に達している馬鹿までいる。

現実に無理だということが分からない政治家って、政治家と言えるのか?

馬淵議員の「施行に向けて」の「向けて」3文字を入れることに3日かかったという話には感心した。
これが国会議員のリアリズムの力量なのだ。
民進党の議員には、法案を作成するための、リアリズムの力量があることを再認識した。

言論人は理想論を語ることができるし、原理原則を語ることができる。
それは道を踏み外さないために重要なことだが、言論人としても、「空論」や「妄想」はまったく論外だ。

政治家は理想に向けた、そして原理原則を射程に入れたリアリズムを実現しなければならない。
自民党にはその力量が失せてきているが、民進党の議員はそのリアリズムの力量を蓄積していることが分かってきた。

マスコミがそれを伝えられずに、安易な野党批判ばかりやっているなら、わしが真実を伝えてやろう。

 

 

RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/13269/
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
男系固執と同性婚推奨派はまさしく理想主義そのものだろう。
同性婚推奨派は歴史を使ってまでも同性婚を肯定するクズどもばかりで現実的にやると危ない事を分かっていない。
男系固執た同性婚推奨派は似たような思考を持つし、ゲイは女性を差別するから迫害した方が良い。
32ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。