• このエントリーをはてなブックマークに追加
「表現の自由と権力の介入」小林よしのりライジング Vol.229
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「表現の自由と権力の介入」小林よしのりライジング Vol.229

2017-06-27 19:05
  • 226
6c4ccd4127223c9d7da5504e726e8f315644727a
第229号 2017.6.27発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが見舞われたヘンテコな経験を疑似体験!?小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…豪華2本立て!◆埼玉県警が、ある漫画家に対してエロ表現を規制するよう「申し入れ」をしていたという、信じられないような話が報道され、波紋を呼んでいる。表現の自由とは?“公序良俗に反する表現”に対してはどう考えるべきか?悪い影響を与えるようなものは一切ダメなのか?自主規制と権力の介入をどう捉えるべきか?…「表現の自由」の範囲を大きく保つためには何が必要か徹底考察!◆「不祥事一覧」連載再開!安倍自民党、ある意味「人材の宝庫」だ。こうも想像をはるかに超えて来るような人材、集めようとして集まるようなものじゃない。前回ようやく安保法制成立までのデタラメな動きをまとめたが、今回はその間に並行して行われていた不祥事の数々を記録する!
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…お友達の加計学園のために規制“強化”しておきながら「獣医師会からの強い要望で一校だけに限定して特区を認めた!地域に関係なく二校でも三校でも新設を認めてやるー!」と言い出した逆ギレ安倍晋三。幼児並みの安倍でもわかるよう「獣医学部全国展開が不要なワケ」を解説しよう!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!韓国の文在寅大統領は評価できる?給食は無理してでも完食すべき?若い世代に消極的ながら自民党を支持する人が多い理由は?アイドルという文化が日本だけなのは何故?ハーフの日本人が皇室の方と婚姻を結ぶのは歓迎できる?クラウドファンディングをどう思う?ニュース番組にはどういう人選が必要?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第232回「表現の自由と権力の介入」
2. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第38回「安倍でもわかる獣医学部全国展開が不要なワケ」
3. しゃべらせてクリ!・第187回「だるだる、ぐだぐだ、やる気が起きましぇ~ん!の巻〈前編〉」
4. ゴーマニズム宣言・第233回「第2次・3次安倍政権&自民党不祥事一覧(その6)」
5. Q&Aコーナー
6. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
7. 読者から寄せられた感想・ご要望など
8. 編集後記




95678f3c24af652b7f674b5892cef976ccfcc724

第232回「表現の自由と権力の介入」

 埼玉県警が、ある漫画家にエロ表現を規制するよう「申し入れ」をしていたという、信じられないような話が報道され、波紋を呼んでいる。

 事の発端は、埼玉県草加市在住の35歳の無職男性が、女子中学生にわいせつ行為をして逮捕された事件である。
 男は「放射能の調査をする」などと言って住居へ侵入しており、その手口について「インターネットで知った漫画作品を模倣した」と供述した。
 そこで県警は、その作者であるロリコンエロ漫画家を訪問し、作品内容が模倣されないようにと要請、漫画家も「少女が性的被害に遭うような漫画は今後描かない」と了承したというのだ。
 ただし漫画家本人の弁では報道とはややニュアンスが違い、警察は菓子折りを持ってきて終始低姿勢で、ゆるい雰囲気の中で会話が行われたという。
 そして漫画家は、問題の作品を描いたのは約4年前で、今は描きたいものの興味も変わっているし、犯人がその作品を見て真似たと供述していると聞いては、今後同じようなものを描く気にはならないだろうと答えたそうで、「『表現の自由が脅かされた』とか『警察の圧力に屈した』とか『前例ができた』といった類の話だとは思ってほしくない」とコメントしている。

 だがこれは、今回「申し入れ」をした警察官の態度がどうだったかとか、それを受けた漫画家がどう思ったかとかいうことが問題なのではない。
 表現の内容に関して、警察権力が介入してきたこと自体が、大問題なのだ!
 共謀罪に反対した京都大学の高山佳奈子教授は「表現の自由に対する重大な脅威」「性表現は弾圧されやすいが、同じ理屈ならミステリー小説やホラーなども規制されるべきことになってしまう」と懸念を表明。
 また、甲南大学法科大学院の園田寿教授は「そもそも人は何から影響を受けるか分からないし、また行為を行った後で、なぜそのような行為を行ったのかの理由は、後付けでどんな理由でも考えることができる。いわゆる模倣犯がいるのは事実だが、それを防止するために事件報道や出版を控えたり、自粛を(警察が)求めることの方が、国の存立にとってはるかに危ういことである」とコメントしている。

 そもそも、何らかの犯罪を誘発するような作品は描いてはいけないなどと言われたら、わしは漫画を描けなくなってしまう。
 昭和54年(1979)1月、早稲田大学高等学院1年生の16歳少年が、東京都世田谷区砧の自宅で祖母を金鎚で殴った上で、キリや果物ナイフでメッタ刺しにして惨殺した後、飛び降り自殺した。
 少年は大学ノート40ページにぎっしり書かれた遺書を遺しており、そこには事件を起こした動機を「エリートをねたむ貧相で無教養で下品で無神経で低能な大衆・劣等生どもが憎いから。そしてこういう馬鹿を1人でも減らすため」とするなど、自らを「エリート」として、「大衆・劣等生ども」を憎悪する内容が綴られていた。
 衝撃的な事件だったため、その「背景」が色々と取りざたされたが、その中で、少年が筒井康隆の小説とわしの『東大一直線』を愛読していたことが報じられた。
 それで、わしの影響で少年が殺人をしたかのような言われ方をして、非常に迷惑な思いをしたものだ。

 ちなみにその2年後、わしは『東大一直線』の続編『東大快進撃』で、主人公が父親を金属バットでボコボコに殴りつけるシーンを描いている。これは当時話題となっていた、20歳の予備校生が両親を金属バットで撲殺した事件をモチーフにしているのだが、今だったら確実に「炎上」だ。
 祖母を金槌で殴り殺した少年に影響を与えた漫画で、こんなシーンを描くなんて不謹慎極まりない!と非難轟々になることは必至、いや、それ以前に、編集部が描かせてくれないだろう。
 表現の幅は、昔と比べて確実に狭まっている。

 01a9836b03d394e5b20320f71c1b5b7e2e7fc797

 さらに『戦争論』では、より直接的に影響を受け、犯罪に及んだ者がいる。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他216件のコメントを表示

石川県に在住の私にはどーでも良い都議会議員選挙でしたが、正直なんか嫌な大勝の仕方ですね都民Fは。
寧ろ日本会議ズブズブの小池百合子に勝たせてしまってる処が非常に残念でしたね、公明党と選挙協力だとかもハッキリ言って駄目ですね、
間違い無く小池百合子は維新の会や橋下徹以上に自民党の補完勢力に成りますね、だって根っこは安倍晋三と変わらないんですよね小池百合子とその取り巻きは。
離党届を受理とか言う茶番も気持ち悪いです、「この!禿げー!」議員と何ら変わらんやん、表面上でも除名にしなあかんやろ。
なんか広域暴力団の除籍処分とかに近いんですよね、だって直ぐ(自民党に)戻れちゃうわけで。
自民党にお灸を据えただなんて寝言を言ってる時点でアウトっすね、共産党に入れてる方々もね。
ハッキリ言って今後の地方選挙も国政選挙も投票は民進党一択で行かない限り何にも変わらないですよ、残念。

No.228 55ヶ月前

>>223 さくらさん
へぇ~。。。
「兵庫県豊岡市の播磨屋本店の華麗満月」ですか!
私は知らなかったです ^^

さくらさんが不適切だと思いながらも書き込まずにはいられなかったというそのカレーせんべい!
これは是非とも食べてみたいものです(^_-)-
・・・ところでその場合「共食い」になるのでしょうかね?(笑)

No.229 55ヶ月前

お邪魔します。

映画・「ハクソー・リッジ」観ました。
「プライベートライアン」超え?的な臨場感が凄かったです。しかも、実話とは驚きです。
日本兵の描き方に偏見あるかな?と思っていましたが、あまり気になりませんでした。監督のメル・ギブソン見直しました。
と言いますか、自分は、主人公とその仲間に感情移入し見ましたが、それと同時に日本兵強くて怖いくてやるね!と思いました。

戦後米国が、日本を再軍備出来ない様にしようと思ったのは、余程懲りたのではないか?と感じました。しかし、かつての強敵が、今は奴隷の羊である事を米国の退役軍人が知ったら、あの戦いは何だったのかと自問する人も居るのではとも想像しました。亡くなった戦友は羊ごときに殺されたのかと。

ところで今回、アンジェリーナ・ジョリーの「アンブロークン」も、映画館で観たかった事を思い出しました。日本では、反日的だとの反対運動で、小規模の上映だったかと。観てから反日映画か判断したかったです。

No.230 55ヶ月前

連投済みません。


「AERA dot.」によると、自民党・麻生氏の新派閥が結成されたそうですね。

また、都議選での敗因について自民党内では、「THIS is 敗因」と総括されているとの事。
森友・加計疑惑に加え、
T(豊田真由子)&H(萩生田光一)&I(稲田朋美)&S(下村博文)(THIS)各氏
の失態が敗因で、”爆死”したと。

また、最近麻生副総理と安倍晋三氏の間には、「すきま風が吹き始めた」とも言われるが、以前から確執も有ったと報道しています。

麻生氏は天皇退位法案に関し、安倍晋三氏とは意見の相違が有ったと。麻生氏は、女性宮家創設派だとか。
何故なら、姪の女王方から、女性宮家が生まれる可能性が有るからとの話です。

女性宮家創設を、内親王方から広げるべきかはどうかと思いますが、都議選後の自民党内の勢力図は変わりますかね。


〇「総裁派閥の没落、新麻生派「志公会」が発足、加計や女性宮家めぐって官邸と火種も」:AERA dot.
https://dot.asahi.com/wa/2017070300088.html

No.231 55ヶ月前

今回のゴー宣を読んで考えたことは、もし「表現の自由の侵害だ」とその漫画家さんが戦ったらどうなったか?と言う事です。

恐らく、今回のゴー宣のように表現の自由についての問題が語られる前に、世論的にその内容が問題視されるような気がします。

そうなると漫画家さんは下手をすれば漫画家生命を断たれる可能性すらあったかとも思います。

それがわかっていたからこそ、その漫画家さんは戦わなかったのではないでしょうか?

もちろんそうなるかどうかは書いている内容にもよるのでしょうが、特にエロや暴力のような一般的に非難されやすい表現については表現者が正当な理由で戦うことは難しいと思います。

これは結果的に表現の自由の萎縮、自粛であり、権力による権利の制限になるでしょう。

今回の事件は一見穏便に済んだようですが、実際はかなり恐ろしいことが起きていたと言うことがわかりました。

No.232 55ヶ月前

なるほど「THIS is 敗因」ではなく「THIS is A 敗因」ですね。
もくれんさんの分析鋭いです。
明日の生放送も楽しみです!

No.233 55ヶ月前

生放送
予約出来ないなぁ
ニコニコの具合かな?

タイムシフト~
正気を取り戻せ~

No.234 55ヶ月前

ネトウヨに因れば都ファは民進党の隠れ蓑らしいですよ(笑)

まあここまで頭の悪い見識なら逆に安心ですね(笑)

No.235 55ヶ月前

カレーせんべいさま。

返信ありがとうございます。
「共食い」になるか、ならないか、考え込んでしまいました(^-^;
どうか、お気になさらずに、失礼しましたm(__)m

No.236 55ヶ月前

尻毛屋さんの日本のアイドル文化に対しての質問への
先生の答えが、とても深かった。
アイドル論で、ゴー宣一本描けますね。
やっぱりアイドルには造詣が深いし、
日本論とも結びつけて語れるのは先生しかいないのでは。


かりんとうって・・・
誰かにもらったんでしゅか??

No.237 55ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。