• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

憲法学者に告ぐ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

憲法学者に告ぐ

2017-12-06 16:00
     

    憲法は権力者が作るものと決まっているわけではない。
    ましてや憲法学者が作るものでもない。
    明治時代には全国各地で40以上の私擬憲法が作られた。
    民間人が作ってもいいのだ。 

    だが、明治時代にも結局は、それらの私擬憲法が無視されて、伊藤博文らが欧州風の一神教を参考にした帝国憲法を作り、上から国民に与えてしまった。
    あの時点では一神教による平等感覚が必要だったので、やむを得なかったのだろう。

    第二次大戦以後は、GHQ24人の若い米軍人たちが、わずか6日間で作って、日本国民に与えてしまった。 

    現代では、確かに憲法は法律の専門的知識が必要で、国際法との兼ね合いもあり、そこいらの庶民で作れるようなものでもない。
    法律家や憲法学者の手助けも必要だろう。 

    だが、安倍自民党の改憲案は、民間人である日本会議の者のアイデアがきっかけである。
    とにかく一文字でも「お試し改憲」すればいいという志の低い安易な加憲案に過ぎない。

    山尾志桜里、倉持麟太郎は、学者ではないが法律家であり、彼らが制作中の改憲案は、基本的に「ゴー宣道場」の理念、自主防衛、自尊自立、主権回復、そして立憲主義の理念に合致している。
    そして山尾、倉持のリベラルな感覚を取り入れ、現憲法に一般国民が夢を見ている平和主義を、現実的に完成させる改憲案だとも言える。

    新憲法を「ゴー宣道場」に集う民間人と共に、勉強しながら、作りあげていこうという試みである。
    民間人が憲法の作成過程に参加できるのだ。 

    憲法学者はアドバイスしてあげてもいいのではないか?
    いや、むしろ我々に憲法学者の力を貸してほしい。
    憲法学者と一緒に作ってもいいのではないかと思っている。
    日本で始めて、一般国民も参加して、憲法を作り上げる壮大な試みだ。
    これからは憲法学者に声をかけていくつもりだ。

     

     

    RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/14628/
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    小林よしのりライジング
    更新頻度: 毎週火曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。