• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

丑三 やギさん のコメント


畜生家畜の言うのも何でしゅの。

ちくしょう!!!

よしりん先生が、立憲的改憲論から手を引くとは残念です。先月末に、先生はブログを一日、御書きになりませんでした。何か有ったかと推察しています。

立憲的改憲から撤退を、やすやすとよしりん先生が口になさるはずの有りません。この心内に、悔しい思いの無いはずも有りません。御察して、一緒に悔しい!と申し上げます。

だからと言って、よしりん先生が立憲的改憲から撤退をしても構わない思いは有りません。よしりん先生がいなくても大丈夫と言う人は、どうして、そう断言出来るか解りません。

先生は漫画家であり、漫画業の中に本席があります。従って、先生が立憲的改憲を主導して行く義務は無しです。立憲的改憲を主導しろとは決して言えません。私は道場のお役に立てていないので尚更です。

社会的仕組みとして、すでに議員内閣制が有ります。真に立憲的改憲を為すのは国会議員の者達です。この者らが真の当事者です。けれども、この者らが数人を除いて用になりません。市井の者にも用になる者が見当たりません。

そこで、このまま安倍晋三の言う加憲案が通ってしまって、米国の侵略戦争に日本が加担し、不名誉を末代まで被りながら、自衛官が大量に死んでも、それは先生の責任では絶対に有りません。

これで、日本が侵略国の汚名を言い逃れ不可能に被っても、国内にテロが頻発しても、自衛官が大量死して、定員割れしている自衛隊志願者が集まらず、米国の言いなり徴兵制になっても、不遇の国民が特典に誘われて不本意に戦場で死んでも、これらは皆、日本国民の無頭脳ゆえで有り、よしりん先生の知った事では有りません。先生は、これまで無私の必死な努力をされて来たのです。感謝しか有りません。

しかし、こうした予想される未来は、日本国の絶対危機です。この危機を回避するには、よしりん先生しかおられないと断言します。私は、駄弁の文字を打つしか能が有りません。ですから、恥を忍んで申します。何卒、立憲的改憲の興隆から撤退しないで頂きたく思います。

これまで幾多の歴史の分岐点で、必ず重要人物が善きにしろ悪きにしろ介在されてきました。よしりん先生は、現在の歴史を変える重要人物だと思います。よしりん先生無くして、立憲的改憲は成就するとは思えません。提灯を持つつもりは無く申しています。

議論は、道場参加者がするものと言う認識は持っていません。議論を聞いての勉強会になるのは仕方なしと思います。それに、どうして先生の存在が立憲的改憲論の邪魔になるのか見当がつきません。二十年前に大左傾化していた日本をひと踏みで、右へと大変革を成し遂げて、これにまつわる毀誉褒貶の間違いが流布し、よしりん先生と同類に見られたく無い意気地無しが泣き言を言ってるようにしか感じません。

自分は、大右傾化した日本を真の中道に戻す力を持つのは、小林よしのりしかいないと考えます。

私は文字を打つしか能が有りません。他所でも同じです。この浅薄の能無しが、恥を忍んで、陛下にすがるように御願いします。何卒、立憲的改憲論から身を引くのを考え直してください。このままでは日本は今の屈辱の上に恥を晒し、多くの命が無駄になります。その未来の嘆き悲しみの どん底での悲痛な叫びが聞こえてきます。

やれとは申せません。何卒、やってくださるように御願いします。文字を打つだけなら、私は出来ます。情けない申し出で恥をかきます。文字を打つものなら御申し付けください。電子機械を借りている身分です。コメント機能だけを使用するものになると思うので、どれだけ可能か判りません。しかし、これは逃げの言葉では有りません。腹蔵無く、恥を忍んで書いています。銭の無く、社会性にも問題の有る己の精一杯の申し出です。

大御心を尊ぶ心を以って、大東亜論を描かれた動機を辿ってください。どうか御願いします。安倍晋三に対抗して頂きたいと切に願います。

ただ、水面下での事情は知らないので、どうしてもやむなきに到るにおいての撤退なら仕方が有りません。よしりん先生の判断を支持します。

その時は、門下生皆様の独自の開催でも、他の有志でも、ゴー宣道場を開催するしか方法は無いと思います。私は、立憲的改憲論の場をゴー宣道場とします。

私は、ゴー宣道場と志を一にする議論は、複数あっても矛盾無く存在出来ると思っています。しかし、何分にも小聞、小見の輩なので、こう思うだけです。御容赦ください。

No.204
19ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第260号 2018.2.27発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…フジサンケイグループは昭和60年(1985)から毎年「正論大賞」という言論人表彰をやっている。言うまでもなく産経論壇村お手盛りの賞で、ここ数年は毎年、安倍首相が贈呈式にビデオメッセージで登場、受賞者を賛美、祝福している。今年の贈呈式には約500人が出席したが、ここに「社交」があり「つきあい」があるから人が集まってくるのだ。「社交」によって言論が「なあなあ」になる危険性にまったく無自覚な人間に、言論人の資格はない!! ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…日本人は、個人と個人を強固につなぐ人間関係の環に縛られている。そして、その狭くて小さい環のなかで安住しようとする性質がある。この狭くて小さい環が、「世間」だ。世間に安住するためには、「掟」を守らなければならない。しかも、「世間の掟」は、排他的で差別的で、普遍性のない場合が多い。あらゆる場面で襲い掛かってくる「世間」と、あなたはどう戦いますか? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!政府から圧力を受けたことはある?人外生物との恋愛はあり?平昌オリンピックに注目していた?先生の持続するパワーの根源は何?“くさくないパパ”にするにはどうすればよいの?コロコロコミックの「チンギス・ハンに落書き問題」をどう思う?政治家や企業などからワイロを渡された経験は?漫画家・石ノ森章太郎の凄さとは?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第266回「社交の罠、言論は武器である」 2. しゃべらせてクリ!・第218回「答えてクリ! 貧ぼっちゃまに質問攻めぶぁい!の巻〈後編〉」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第70回「世間との戦い」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第266回「社交の罠、言論は武器である」  フジサンケイグループは昭和60年(1985)から毎年「正論大賞」という言論人表彰をやっている。  第1回の受賞者は渡部昇一、他に主な受賞者は、曽野綾子、岡崎久彦、田久保忠衛、石原慎太郎、小堀桂一郎、中西輝政、森本敏、櫻井よしこ……  もう言うまでもなく、産経論壇村お手盛りの賞で、日本国には害にしかならない「害毒大賞」みたいなものだ。  そしてこれには「新人賞」に相当する「正論新風賞」というのが設けられているのだが、今年選ばれたのが、なんと、小川榮太郎と三浦瑠麗だ。  よりによって、安倍首相の提灯持ちライターで、フェイク本で商売している小川榮太郎と、デマ発言を公言して居直る三浦瑠麗の二人を選んで、顕彰しているのだから、呆れ果てる。  贈呈式では安倍首相がビデオメッセージで受賞者を賛美、祝福した。   そもそも言論の賞に権力者が祝辞を寄せることを異常だとも思わず、むしろ喜んでいるという感覚が完全に狂っている。  権力は暴力装置を一手に握って、税務署もマスコミも掌握して、言論を牛耳ることができる恐るべき存在である。国民の側からすればその恐るべき権力と戦うには「言論」という武器しかないのだ。言論人とはそういう役割を引き受けねばならない。  なのに、権力のお墨付きを得た、権力御用達の「正論」など、何になろうか?そもそも、そんな「正論」などあるはずもなく、言論人はあくまでも「公」のために「正論」を吐かなければならない。  フェイク言論に賞が授与され、祝福に駆けつける東浩紀や津田大介という連中は何がしたいんだ、一体?  社交のみか?付き合いのみか?  安倍は「正論新風賞」を受賞した三浦瑠麗をこう賛美した。 「既存メディアの論調などに決して流されることなく、持ち前の冷静な分析力とわかりやすい語り口で、評論活動を通じておられる三浦さんには、正論新風賞として初の女性受賞者としても今後、さらなるご活躍を大いに期待しております」  笑わせるなという評価だ。三浦は「既存メディアの論調」に流されないどころか、ウィキペディアから引用禁止を通告された「デイリー・メール」や、ネットのデマに流されまくっているのだから話にならない。  贈呈式が行われたのは三浦が「スリーパー・セル」発言をした「ワイドナショー」の放映翌日で、まさに炎上の真っ最中だったのだが、三浦は首相のお墨付きに気を良くしたのか、完全に開き直って 「(北朝鮮危機の)Xデーについても、専門家はそれに伴うリスクやコストもしっかり情報発信していくべきだ」 と発言して、 「今後もタブーなく発言していく決意を示した」 という。  デマを飛ばしてはならないというのは「タブー」ではない。「ルール」だ。  ホテルニューオータニで開催された贈呈式には、約500人が出席した。ここに 「社交」 があり、 「つきあい」 があるから人が集まってくるわけだ。   彼らは「社交」によって言論が「なあなあ」になる危険性にまったく無自覚なんだろう。  言論をやっている以上は、誰が相手だろうと、男女を問わず厳しく批判しなければならないことがある。  ましてや、人に害を及ぼすような発言をしていれば、特に厳しく接しなければならなくなる。  ところがその相手と会って仲良くしていたら、なんだ、実は全部なあなあで、本気で批判していないんじゃないかというように、外からは見えてしまう。  そんな馴れ合いの関係を、果たして「社交」というのだろうかという疑問が湧く。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!