• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「イージス・アショアは媚米購入」小林よしのりライジング Vol.319
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「イージス・アショアは媚米購入」小林よしのりライジング Vol.319

2019-06-18 17:35
  • 82
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第319号 2019.6.18発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…安倍政権は現在、北朝鮮の弾道ミサイルから日本を守るためとして、米国製の地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備を進めている最中だ。配備予定地は、秋田県秋田市の陸上自衛隊新屋演習場と、山口県萩市の陸上自衛隊むつみ演習場の2カ所とされているが、なぜ秋田と山口なのか?そもそもイージス・アショアをアメリカから購入し、配備する必要などあるのか?
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…国際政治学者の三浦瑠麗氏が、5月に出版した自伝『孤独の意味も、女であることの味わいも』で、14歳のときに受けた集団レイプの被害について告白し、この件についてBuzzFeedNewsが掲載したインタビュー記事「14歳の帰り道、車でさらわれた。あれが『魂の殺人』だと、今の私は思わない」が話題になっている。体験に対して気の毒に思う気持ちとはまた別に、そこから登場する何点かの言説については、違和感や不快感を持った。「レイプは魂の殺人だ」は洗脳なのだろうか?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!野田佳彦元首相の「消費税減税はポピュリズム」発言をどう思う?執着と愛着の違いとは?自分の子供が「芸能人になりたい」「漫画家になりたい」と言ったら反対する?陸上のサニブラウン選手は日本人?「男系継承のために側室制度を復活させるべき」と言う父をどう説得すれば良い?「少年ジャンプ」ではギャグ漫画が連載しづらい?顔は人格の判断の目安になる?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第329回「イージス・アショアは媚米購入」
2. しゃべらせてクリ!・第276回「突進、突撃、総攻撃!茶魔が戦車でやって来た!の巻〈後編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第131回「三浦瑠麗『あれが魂の殺人だと、今の私は思わない』に思うこと」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




95651b710bc2627f7f7732c93880ea8cfea00cbb

第329回「イージス・アショアは媚米購入」

「アングロサクソンについていけば、日本は100年安泰」
 安倍晋三は師匠・岡崎久彦の遺訓を忠実に実行しているようだが、これを非難できる日本国民は、いったいどれだけいるだろうか?

 安倍政権は現在、北朝鮮の弾道ミサイルから日本を守るためとして、米国製の地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備を進めている最中だ。
 「アショア(Ashore)」とは「岸に、海岸に、陸に」という意味で、「Aegis Ashore(イージス・アショア)」は「陸地のイージス」という意味である。
 これまで日本の対北朝鮮ミサイル防衛は、海上自衛隊のイージス艦に搭載されたミサイル「SM3」が大気圏外で迎撃、撃ち漏らした場合は地上配備型の「PAC3」が高度十数キロで迎撃するという構想だったが、新たにイージス・アショアを導入することにしたのである。

 イージス・アショアの配備予定地は、秋田県秋田市の陸上自衛隊新屋演習場と、山口県萩市の陸上自衛隊むつみ演習場の2カ所とされている。
 しかし、なぜ秋田と山口なのか? 
 防衛省は5月27日、青森、秋田、山形3県の国有地計19カ所を調査した結果、秋田の新屋演習場が東日本で唯一の適地だとする報告書を公表した。
 だがこの報告書に対して、「『新屋ありき』で数値を改竄した」との疑念が噴出。
 報告書では19カ所のうち9カ所を、弾道ミサイルを追尾するレーダーを遮ってしまう山が周囲にあるという理由で「不適」としたが、その根拠である山頂を見上げた「仰角」が、いずれも実際より大きく記されており、仰角15度としていたところが、実際には4度しかなかった箇所まであったのだ。
 6月8日に秋田市で行われた住民説明会では、このような重大事態が発覚した後だというのに、出席していた東北防衛局の職員が居眠りをして、怒号の飛び交う大紛糾となった。
 このため、もうひとつの配備地である山口県萩市でも、「結論ありき」で進められているのではないかという不信感が広がっている。

 そして実際に、これはあまりにも呆れた理由による「結論ありき」だったことが明らかになった。
 6月13日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」の「そもそも総研」で、玉川徹氏が軍事ジャーナリストの田岡俊次氏と共同通信社編集局編集委員の石井暁氏に取材したところ、両者の見解は全く一致していた。
 北朝鮮からハワイに向けての弾道ミサイルを撃ったら、秋田がちょうどその軌道の真下。グアムに向けて撃てば、山口がその真下になる。
 ミサイルは真正面から来た方が迎撃しやすいため、イージス・アショアは予想される軌道の真下にあることが望ましい。
 つまりイージス・アショアは日本を守るためではなく、ハワイとグアムを守るために配備されるのだ!

 15f8c8e8542ad882827da7e8080860aa1b0b90b2

 イージス・アショアの射程は2500kmもあるから、1基あれば、どこに置こうが日本全体をカバーできる。できるだけ真正面から迎撃した方がいいということを考えれば、理想的な配備地は、東京を守るためなら能登半島、大阪を守るためなら隠岐諸島あたりである。
 ところがわざわざ、秋田と山口に1基ずつ置くのだから、これはハワイとグアムの防衛が目的としか考えようがないのだ!

 しかも何より危険なのは、イージス・アショアが敵の攻撃対象になるということである。
 北朝鮮からすれば、イージス・レーダーがある限り、ミサイルをいくら飛ばしても迎撃されるわけだから、まず先にこれを破壊しなければならない。
 移動式のイージス艦と違い、イージス・アショアは地上配備型であり、一定の地域に固定されているから、当然その場所が攻撃される。
 戦争のセオリーとしては、「誤爆」として基地周辺の街を破壊するのが効果的とされているともいうから、地域住民がその巻き添えで殺されることも十分ありうる。地域住民が怒るのは、あまりにも当然なのである。

 また、住民にとっては、レーダーの電磁波による健康被害も不安要素である。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他72件のコメントを表示
×
また、この方は、伊藤詩織氏の著書に推薦文を書いていますから、事実上、一連の主張は彼女を揶揄した形になるかと思います。つまるところ、「今の私のように悟っている」状態が望ましく、あなたはまだそのステージまで上がってきていない、というマウントとも取れるのですね。悟らないのが悟りというと、小林先生になってしまいますが、多分、私が三浦氏に感じる違和感は、「悟っちゃいけないことを悟っている人に感じる恐怖」からくるものだと思います。この方のように、頭がいいといろいろ考えてしまうけれども、辛いことは辛いでいいんじゃないかな、と思います。論理的な救いなんて何にもならないですよ。人を傷つけるのが人ならば、癒すのもまた人で、そういうのはきっと、誰でも分かっていることですから。無論、三浦氏にもです。

フロイトに「悲哀の仕事」という概念があります。人が何かを失った辛さから立ち直るには段階がある。精神医学者であった小此木圭吾氏の「対象喪失」という著書ではその当たりが詳しく書かれています。曰く、現代人は悲しんだり苦しんだりする能力を失っていると。「自分に心的な苦痛や不快を与える身近な人の苦しみや悲しみに関わることには辛くて耐えられないと言えば、それは現代人のやさしさのように受け取られるが、このやさしさは、汚れ、醜さ、不快、悲しみを感じさせるものは、できるだけ眼前から排除し遠ざけておきたい冷たさと一つである」
4ヶ月前
×
三浦氏を見ると、自他の努力にて対象喪失を克服した人が、まだそれを克服していない人に向かって上から冷たい目線で説諭しているように見えて、不愉快なのかもしれません。

しかし、当の伊藤氏は「レイプされる前に戻りたいという気持ちは一切ない」とまで書ける強者です。魂が永久に癒えないとも言っていない。無論、彼女が真実を追求するのがルサンチマンだなんて言えっこありません。そして一連の文章からは洗脳も脅迫も感じ取れません。

となると、三浦氏の言は、(レイプされた挙句それをもみ消されるというような)拘るべきことに対し、それに拘らずさっさと忘れろ、それが克服することだ、になりかねないので、賛同できない主張となりますね。それは弱者の処世術で、氏の言う辛さの克服や愛の継承からは、かえって遠ざかる道ではないか。

無論、誰もが強いわけではない。眼前から悲しみや辛さを排除し、遠ざけて、温もりに座すのも人の生き方としてありですが、伊藤氏はそうしないことを選んだ。茨の道ですが、こうした人がいないと、真の救いはないようにも思えます。三浦氏が、裸足で凍える隘路を往くような経験をした方ならば、どうかそれを理解して頂きたく存じます。

いずれにしろ、他人が勝手に決めつけることではないのですが、だったら三浦氏も、伊藤氏を揶揄するのはお止めなさい、ということですね。伊藤氏の佇まいは弱者のそれではありません。あれは戦う人のそれです。
4ヶ月前
userPhoto
M.O
×
今号の『ライジング』と直接関係はない内容なのですが、『ゴー宣』が描き続けてきたテーマと関連することをテレビで見かけたので投稿いたします。
『マツコ&有吉 かりそめ天国』という深夜番組で、実に興味深いトークが展開されていました。
この番組、ゴールデンタイムで多くの冠番組を持つマツコ・デラックスと有吉弘行が、そちらでは絶対に口にできない毒舌トークを、深夜枠ということでリミッターを解除して喋りまくるという痛快なトークが人気になっています。
さて、先日の放送で、マツコ・デラックスが「最近のテレビは注釈だらけ」と指摘してから、リスクヘッジだらけの社会についてのトークになりました。
以下、かいつまんで記します。

有吉「犬が船の上に乗ってたりして『※CM上の演出です』って、んなもん分かってるよ! っていう話」
マツコ「あれってクリエイターが考えてるわけだから、作品よねえ。それに『演出です 』って注釈入れるんだからねえ」
マツコ「そのうち、ニュース番組でも『※ウソかもしれません』って入るかもね」
マツコ「スポーツニュースでも「※勝ち負けは分かりません」とかね」
有吉「誰もケガすることなく、無事に終了しました! で終わり(笑)」
有吉「そもそも、勝ち負けを決すること自体、戦争に繋がるから良くないもんねえ(笑)」
マツコ「食べ物番組でも、『残ったお料理は猫ちゃんに食べてもらいました』って言って、映像流さないとね。ADとかに食べさせるのもダメなのよ」
有吉「で、こういうのが行き着くところまで行くと、ファンタジーになっちゃうんだよ。お花畑でみんなニコニコしてて、『魔法使いの匂いがする~』とか言っちゃって」
マツコ「誰も何も傷つけない。でも、みんな心の中ではすっげーイライラしてるっていう」

恐らく面白さの10分の1も伝わっていないと思うのですが、私は笑い転げていました。
これって、小林先生が闘い続けてきた表現規制とか潔癖社会を揶揄しているものだと思います。
まさかこんなテーマを、深夜枠とはいえ、地上波で取り上げるとは想像だにしませんでした。
しかも喋っているのがマツコと有吉。
ゴールデンで見せる姿は、あくまで上辺だけに過ぎないということがよく分かりました。
さすが、新宿二丁目で裏社会を見続けてきたマツコと、芸能界の地獄から這い上がった有吉だけあって、清濁呑み込むリアリズムというものを持ってますね。
それを見事なブラックユーモアに昇華させたトークは、芸人として見事。
有吉、すっかり守りに入ってつまらなくなったと思っていたけど、誤解だった、すまん。
それどころか、毒舌の切れ味はますます鋭くなってる。
臆することなく喋ったこの2人には、「個」がありますね。
吉本のサラリーマン芸人には、逆立ちしたって無理な芸当でしょう。
こういう「風刺精神」を忘れず、それを芸として実践する芸人がちゃんと存在したことを嬉しく感じました。
私は大阪人ですが、吉本には少し警戒心を抱きながら距離を置き、なるべく広く演芸界を見渡していきたいと思っております。
4ヶ月前
×
「イージス・アショアは媚米購入」拝見しました。
アングロサクソンについていってしまったことで、日本は「100年安泰」どころか、存亡の危機に立たされてしまっています。
憲法9条のせいで日本が自国で防衛できないから、米国に依存せざるを得ない。そのせいで本来日本国民の社会保障のために使われるべき税金が、日本の防衛には何の役にも立たない米国を守るための莫大な額の武器に消えてしまう。イージス・アショアの場合はそれ自体が攻撃対象になってしまいますから、日本が攻撃される可能性をわざわざ金を出して買っていることになります。
憲法9条こそが、日本を破滅へ追いやる元凶になっています。日本国民はその現実と向き合わなければなりません。

木蘭さん「トンデモ見聞録」拝見しました。
三浦瑠璃氏は過去にレイプ被害に遭いながら「レイプなんてたいしたことない」と思える自分は強い人間なんだと、自分で自分を洗脳し、さらにレイプ被害者に「レイプなんてたいしたことない」という観念を押しつけようとしている。
自分は弱くないことの証明として、強さを利用している。それが彼女の弱さなのだと思います。

SPA!の、「男系Y染色体を絶賛する女群」拝見しました。
名誉男性たちの醜さは、自分で自分のことを「醜い」と言っていたからでもあったことが分かりました。自分で自分のことを「醜い」と大音量で連呼していれば、内面の醜さが外面に露わになるのも無理はありません。
名誉男性たちはそんなに女の身体が嫌なら、女に生まれたかった人たちに自分の身体をくれてやればよいのです。
しがみついてるY染色体はどんどん短くなっているんですから、いずれ振り落とされるのがオチです。その前にみなぼんさんに蹴落とされましたね。
女は誰でもいいのなら、誰も上皇さまと上皇后さまのご結婚に反対しなかったでしょう。誰でもいいんですから。
男系・女系なんて、どうでもいいのです。天皇の子であるのなら、男女どちらでもよいのです。これが皇室の真の伝統です。
4ヶ月前
×
改憲しなければ媚米は続く…
玉川徹の矛盾も残念です。

木蘭さんのトンデモ見聞録「三浦瑠璃『あれが魂の殺人だと、今の私は思わない』に思うこと」
読みました。
三浦瑠璃氏のインタビュー記事を読んで、反発心みたいなものを抱きましたが、はっきり言葉にすることが出来なかったです。
木蘭さんの分析、解釈、感じたことを読んでよく分かりました。
被害に対しては同情しますし、家庭環境にもあまり恵まれていなかったのかなと思うと気の毒に思います。立派に立ち直られたことも凄いとは思いますが、加害者にとって都合のいい被害者になってしまっていると感じました。

警察に行かなかったこと、事件直後は無理でも、後からでも後悔することは無かったのでしょうか。
三浦氏の後にも同じ犯人達の被害にあった方がいるかもしれない。

伊藤詩織さんはご自身のことよりも、他の被害者やこれから被害にあう人達のことを考えて行動しています。
『魂の殺人』はレイプ被害を言い当てている言葉だと思います。
被害にあっていなくても分かります。
それは『あなたの魂はずっと殺されたままだ』という意味でないことも分かります。
残念ながら被害の記憶に耐えきれず死を選ぶ人もいます。その気持ちも分かります。
だけど伊藤詩織さんがそうだったように少しずつ癒されて欲しいし、周りの人もそうなるように助けて欲しいです。
4ヶ月前
×
>>525
さっさと仕事せえよ!
この穀潰しが!
4ヶ月前
×
ニュースで秋田県の佐竹知事が
岩屋防衛大臣を責めてる場面を
見たとき、茶番のようなものを
感じたのですが、今回のゴー宣を
読んで、これはもう何が何でも
イージス・アショア建設に邁進
するだろうなと思いました。
今回は対北朝鮮用として建設される
ようですが、いずれは対中国、
対ロシアの米国用防衛基地が
日本全国に作られる日も
そう遠くないように思います。

トンデモ見聞録で紹介された
三浦瑠璃氏の著作の内容を
読んで、三浦さんは同情されたく
ないような印象を感じました。
4ヶ月前
×
ツイッターでトランプ米大統領から、ホルムズ海峡を通る自国のタンカーは自分で守れと言われてるみたいね、日本。ちょっと笑ってしまいますわ。「通商交渉でも何でも俺達の言うことに従え!守って欲しいんだろう?守って欲しけりゃ、もっとカネ出せよ」ってことだな。。
4ヶ月前
×
それで米国に文句を言っても、安倍晋三に文句を言っても始まらない。

…とほざいた小林よしのりは絶望者だ!俺は好りんのファンだが許容できん!!
3ヶ月前
×
>>545
あと、日本脱出して亡命しろ小林よしのり!
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。