• このエントリーをはてなブックマークに追加
「山口敬之の慰安婦ねつ造記事」小林よしのりライジング号外
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「山口敬之の慰安婦ねつ造記事」小林よしのりライジング号外

2020-01-28 19:00
  • 73
951eefacb240eee9a3879f2c4a292a0c4e5f6771
号外 2020.1.28発行

【目次】
1. ゴーマニズム宣言・第358回「山口敬之の慰安婦ねつ造記事」
2. 泉美木蘭の「トンデモ見聞録」・第153回「検察審査会というブラックボックス」




95651b710bc2627f7f7732c93880ea8cfea00cbb

第358回「山口敬之の慰安婦ねつ造記事」

 最新刊『慰安婦』が明後日・30日、幻冬舎から発売される。
 これは、わしが24年前に参戦したいわゆる「従軍慰安婦論争」の集大成であり、特に当時のことを知らない人に読んでほしいという思いを込めて作った本である。

 21caa9852a73da44704d15b420acfb3a947781a7

 あの当時は自虐史観全盛で、慰安婦といえば問答無用の被害者であり、日本は謝罪するのが当然、それに異を唱えるような奴は極悪人という全体主義的な空気が完全に出来上がっており、わしは出版界から干されることまで覚悟して戦いに挑んだ。
 その戦いは熾烈を極めたが、幸いにして奇跡的な勝利を収めることができ、自虐史観の空気は薄められ、少なくとも国内においては慰安婦の実相というものがかなり知られるようになった。
 その経緯はライジング読者の方ならご存じだろうとは思うが、しかし、それも20年前のことである。時代は一瞬たりとも止まってはいない。下からどんどん当時を知らない世代が育ってくる。それをいいことに左翼は、とっくに論破された詭弁をそっくりそのまま繰り返し始め、若い世代を洗脳しようとしている最中だ。
 そうなるとこちらも対抗する手段を取らなければならない。『慰安婦』はそのための本である。

 そしてさらに問題なのが、保守側の連中である。
 わし自身の使命は、自虐史観全体主義の時代に風穴を開けたところで終わったものだと思っていた。わしには他にも描きたいものが山ほどあって、いつまでも慰安婦問題ばかりやっているわけにもいかないし、保守論壇には他にも人がいっぱいいるのだから、後は誰かが引き継いでやってくれるものだと思っていたのだ。
 ところが実際には、日本の保守論壇にいたのは自称保守・エセ保守ばかりで、本物の保守は全然いなかった。その劣化の度合いはすさまじく、左翼の企みに対して全く対抗できないばかりか、自ら事態を最悪の方向に追いやってしまうオウンゴールを連発して、慰安婦は「性奴隷」だったという認識を海外に定着させてしまった。
 そして安倍首相は日米首脳会談で、ブッシュ米大統領(当時)に対して慰安婦問題について謝罪し、共同記者会見で慰安婦とは「20世紀の女性の人権侵害」だったと認める発言をしてしまった。
 しかし自称保守の連中は、その失点に気づいてもいないという呆れ果てた有様なのである。
 そうなると結局は、わしが戦うしかないということになる。これも、『慰安婦』を出版することになった理由の一つである。

 今回はそんな『慰安婦』の出版を記念して(?)、慰安婦問題における自称保守の劣化の極みと言うべき事例を紹介しておこう。
 週刊文春2015年4月2日号に「歴史的スクープ 韓国軍にベトナム人慰安婦がいた! 米機密公文書が暴く朴槿恵の“急所”」と題する記事が載った。
 記事の筆者は、「あの」山口敬之! 伊藤詩織さんをレイプした犯人であると東京地裁に認定された、総理ベッタリ記者の山口敬之である。
 その内容は、「ベトナム戦争当時、韓国軍が南ベトナム各地で慰安所を経営していた」というもので、山口が全米各地を取材して「韓国兵専用の慰安所がある」と米軍当局が断定している公文書を発見、さらに証言者のインタビューで裏付けを得た…というものだった。
 だが、この記事は完全に捏造だったことを週刊新潮が暴いたのである。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他63件のコメントを表示

慰安婦購入しました。
まだ全部読んでない中感想を書くことをお許しください。
近所のTSUTAYAで10冊平積みされていました。
章と章の間に、小林先生が当時の状況などの解説を入れてくださっているのでとてもわかりやすいです。
慰安婦論争のときはまだゴー宣読んでなかったのですが、当時の空気感は感覚で覚えています。本当にガラリと変わったと思いますし、また戻ってしまうのかという危機感もあります。本を出してくださってありがとうございます。
買ってきた日から、4歳の息子が「この赤ちゃんかわいい」と、表紙のよしりん少女像が気に入ったようで、カバーだけ持ち歩いて「よしりんしょーじょじょー」と話してじいばあに見せております。
近い将来本の中身を、きちんと息子と1歳の娘に伝えられるよう精進します。


No.78 27ヶ月前

ライジングのことではないのですが、
すみません。

今日のよしりん先生のブログにあった、
池上彰の、反日種族主義、昨夜、観ました。
誹謗中傷、社会的に潰されることも、覚悟の上の出版だったのでしょう。

韓国に、希望がみえ、本当に嬉しくなりました。

やっぱりよしりん先生の、韓国論が、必要だ!と思いました。
韓国にとっても、日本にとっても。

台湾論や沖縄論のように、
この一冊を読めばわかってしまう!
いつもそういう一冊になりますから!

台湾論読むまで、無知な私は、台湾っどういう国?全然知らなかったから。

(今でキャパを超える仕事量なのに。
私が漫画を描く才能があれば!
お手伝いしたいです!
水木しげるのアシスタントさんで、
ずっとひたすら、てんてんを打ち続けた人のように。)

李氏朝鮮時代、閔妃については、私も何も知らなかったので、
大東亜論や、ゴー宣で、「そうだったのか!」(あれ?)と初めて知りました。

反日種族主義、
この本については、ブログだったでしょうか、すでに紹介されていましたよね。
だから、テレビでもすぐわかりました。

余談ですが、
かつて、池上彰氏が、民放に出始めたばかりの頃、
昼の生放送だったと思うけど、

番組終了直前に、池上氏が、

「昭和天皇は、自分の身はどうなってもいい、といったのですよ!
わかりましたね、言ったのですよ!」

と、いうようなことを、番組終了直前に、繰り返していった記憶があるんだけど。
言わねばならない、という、決意を感じた気がしたんだけど。

私、たまたま、テレビつけて、たまたまそこだけ観て、

「あ、言った、‥テレビで、‥しかも、池上彰が、言った、‥」
と、しばし呆然としてしまった。

あれは、私の作った幻だったのか?
途中から観たから、勘違いしてるかもしれない。

よしりん先生のブログを読んで、急に思い出しました。
(まぼろしかもしれないけど)

でもそれから間もなく、他の番組?で、
それも途中から見たんだけど、

学徒兵の遺書をどうしても紹介したいと、
戦争の悲惨さを伝える文章を読んでいたので、

まとまらなかった。
天皇陛下の言葉と、学徒兵の苦しみ悲しみと、
別の番組だったし。
テーマも違っただろうし。

というか、ちゃんと全部観ないといけませんね。

池上氏は、あの戦争をどう思っているのだろう?と、思った。
テレビでは言えないだろうけど。

私もあの戦争を、自分のこととしてちゃんと考えないといけない。
自分は日本のために何ができるか、考えないといけない。

まとまりのない文で、表現も拙く、すみません。

No.87 27ヶ月前

>>77
私も釘付けで観てました。
第1回を観る限り、まさに、「こ、これは!?」でした。私も読みたい❗️と思いつつ、最近本棚がエライことに、、、。

No.88 27ヶ月前

こんにちは。

毎週火曜日の夜は、ライジングの記事が配信され新しい記事が読めるのを楽しみにしております。
時折、配信が水曜日にずれ込むとのお知らせがブログに載る事がありますが、ライジングの内容の濃さを思うと期待の方が大きくなり、ワクワクしながら床に就きます。読者に良いものを届けたいとの思いが、ひしひしと伝わって参ります。
ですので、遅配は全く気になりません。
みなぼんさま、お大事になさってください。

話は変わりますが、いつか、小林先生の韓国論が韓国にも広まって行って、日韓関係の新たな礎となる日が必ず来ると、願望も含めて感じております。
かつて、朝鮮通信使が日本から持ち帰った唐辛子が広まって、白菜だけのキムチに入れてみたら美味かった!みたいな感じで。
小林先生の韓国論は、超激辛かも知れませんが。。。

No.89 27ヶ月前

 遅れながら、「慰安婦」購入しました。
 一度は目に通したはずの内容ですが、改めて見直すと、印象が違ってきますね。特に15章「過去を裁く現代人の驕り」は、色々な意味で身につまされました。
 今見ても内容が新しく感じるのは、この本がよしりん先生の戦いの最前線を収録したものであり、また同時に日本の思想状況が、20年前から進歩していないからだと思います。日韓の歴史と、よしりん先生の戦いの遍歴を収めたこの一冊、是非とも若い世代に読んでほしいと思います。
 尚、この本を「古い」としか評しない人は、思想の変化がないサヨクか、自分自身の感覚が「古い」と認識するのが怖いサヨクか、よしりん先生を女性差別者として若者に媚びを売りたいサヨクのどれかだと判断します。というか全部サヨクじゃないか。

No.90 27ヶ月前

今回のゴー宣を読んで、2つのことを思い出しました。一つは初期ゴー宣で呉智英氏が
周りの連中は危ないことは全部よしりん先生に言わせようと思っていると発言したこと。
もう一つは、「わしズム」でよしりん先生が切り開いた道をただ眺めているだけだった人達が
我が物顔で歩いていることに憤っていたことです。

強姦者の山口敬之元記者が慰安婦問題で仕掛けたことはその中で最悪の部類に入ると思います。
碌に調べも勉強もせず、自分は安全地帯にいて誤った認識で印象操作と米国の圧力で慰安婦問題を
解消しようとしたことは仮にもジャーナリストを名乗るならあってはならないことだし、
作家生命を懸けて戦ったよしりん先生の戦いを無下にする恥ずかしい行いだと思います。
しかも、結果は失敗だったのに、その後も安倍首相と菅官房長官から手厚い待遇を受けていた
のだから、開いた口が塞がりません。
こんな人がかつてはTBSでワシントン支局長をやっていたなんて、日本のマスコミのレベルを
疑いたくなります。
今回発売された「慰安婦」は多くの若い世代に読んでもらって、正しい歴史観を身に着けて
ほしいと思います。

伊藤詩織さんの不服申立てで開かれた検察審査会はどう見ても権力の圧力があったとしか
思えません。正直、桜を見る会より、こちらを追求するのが政治家として真っ当ではないかと
思えてなりません。
憲法改正も含めて、これを追求しないなら野党も安倍政権と同じ穴のムジナだと思います。

No.91 27ヶ月前

あり、昨日ってライジング配信日じゃなかったっけ?

No.95 27ヶ月前

力なき者たちの力、観ました。
観て良かったです。
全回、最後まで観ます。

なんだか胸が苦しくなって、
涙ぐんでしまう始末。

何故なら、同調圧力に従って忖度する国民、
それは、私自身だから。

No.96 27ヶ月前

こんにちは 
小林先生ありがとうこざいます。
よし、僕は絶対風邪ひかないし、コロナごときにやられてたまるか、と決めました!決定です。
2.9は、この国の運命が、懸かっているのです。何があっても退くわけにはいきません。
やってやります。

No.97 27ヶ月前

今週も配信ありがとうございます。

ここのコメント欄に書き込みしまくってるアレ。
なのでコメント欄は見ないようにしました。
見ないので書くのもやめていましたが、

「師範方へのお礼のつもりで書いている」

とのご意見をいただき、投稿させていただきます。
まあコメント欄は今後も見ない方向ですが。

そのアンチをネタに1本あげるなんて驚きです。
「おお、この俺を取り上げているぞ!」
と喜ぶ姿が見えるようでなんとも複雑です。
アンチの気持ちはわかりませんが、
プロ野球で言うと一番は「アンチ巨人」
ですね。
三角トレードだの金をつぎ込むだの
まあ色々薄汚いことをやる球団が
「紳士の球団」
なんて名乗るものだから自分も「アンチ巨人」
なのですが、母方の親戚や自分の友人も
圧倒的な数の「巨人ファン」だらけでして、
その方々から言われたのが

「アンチって結局お前は巨人が好きなんだよ」

と言われてショックを受けたのを思い出しました。
本当に人気が無いとアンチなんて生まれないので
正にアンチは人気の証拠ですね。
アンチは反対意見とか突っ込みどころを探すだけで
とても喜々とするのでやめるのは難しいでしょう。

なので「ほっておくしかない」に乗らせていただきます。
アンチのブログもコメントも気持ち悪くなるので
見ないで無視させていいただきます。

No.98 27ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。