• このエントリーをはてなブックマークに追加
「いるいる詐欺を殲滅せよ」小林よしのりライジング Vol.416
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「いるいる詐欺を殲滅せよ」小林よしのりライジング Vol.416

2021-11-16 18:25
  • 152
062be5005624c14055e9e46c6ce137d0dfe9fb95
第416号 2021.11.16発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…わしが出演したYouTube松田政策研究所チャンネルの動画「特番『男系維持はできないのか?皇位継承問題を小林よしのり氏に問う』」が5日に配信され、4万1千回以上再生されている。動画の前半は小室眞子さん・圭さんバッシングの批判で、17分30秒あたりから25分ほど皇位継承問題を話しているが、わしはここで徹底して「リアリティ」にこだわっている。この動画に対して寄せられたコメントを抜粋して、ひとこと付け加えていこう。さて男系派から「リアリティ」ある反論は来るだろうか?
※特別寄稿・笹幸恵…小室眞子さん、圭さんが結婚された後、週刊誌はもうこのネタで書くことがないだろうと思っていたけれど、さにあらず。圭さんはニューヨーク州の司法試験不合格、また11月4日には紀子さまの父・川嶋辰彦氏が亡くなり、引き続き小室夫妻の動向にメディアの注目が集まった。11月18日号の「週刊新潮」「週刊文春」は、いずれも大きな見出しで小室夫妻について取り上げている。それぞれ細かく見ていこう。
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…新薬を簡単に信じてしまう日本人は、製薬会社はクリーンで、知的で、信用第一の企業だという性善説的なイメージを抱いているか、「世界的な大企業様のおクスリなのだから」と権威主義的に盲信している人が多いのかもしれない。だが、実態は、かなりえげつない。話題の製薬会社について、深掘りをしてみたい。ファイザーの臨床試験下請け会社の実態、そして2000年に起こしたとんでもない薬事犯罪とは!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第443回「いるいる詐欺を殲滅せよ」
2. 特別寄稿・笹幸恵「〈週刊新潮・文春比較〉眞子さんの「結婚騒動」が明らかにしたものとは何か?」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第237回「製薬会社と論文とカネの話~ファイザー、“史上最大”の薬事犯罪」
4. しゃべらせてクリ!・第372回「おじいちゃま・おばあちゃまと久々の対面ぶぁ~い!の巻【後編】」
5. Q&Aコーナー
6. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
7. 編集後記




093e7c0006e8268647e76b5951df9aed8643ef9c

第443回「いるいる詐欺を殲滅せよ」

 わしが出演したYouTube松田政策研究所チャンネルの動画「特番『男系維持はできないのか?皇位継承問題を小林よしのり氏に問う』」が5日に配信され、4万1千回以上再生されている。

 もともと松田政策研究所代表・松田学氏の持論は「男系維持」であり、動画の説明欄でも
「男系継承を守っていくためには、女系天皇容認論者の主張をよく把握した上で、十分な理論武装をしておく必要があると考えられます。今回、女系天皇容認論者として知られる小林よしのり氏との対談番組を配信するのは、そのような趣旨も踏まえてのものであり、当チャンネルとして女系天皇論を推進することを意味するものではありません」
と断り書きをしている。支持者が男系論者ばかりだから、わしを出すにはあらかじめそう釈明しておかなければいけないのだろう。
 だがそれでも、議論のためには反対意見もよく聞かなければならないと、反発も承知でわしを呼び、あえて自分の主張はせずに聞き役に徹した松田氏の姿勢を評価しておこう。

 動画の前半は小室眞子さん・圭さんバッシングの批判で、17分30秒あたりから25分ほど皇位継承問題を話しているが、わしはここで徹底して「リアリティ」にこだわっている。
 今の皇室には、次世代の皇位継承資格者は悠仁さまだけで、このまま女性皇族が結婚して民間人になっていけば、将来の皇室は悠仁さまたったおひとりになってしまう。
 悠仁さまが結婚され、男の子が何人も出来るという「神風」が吹かない限り皇室は存続できないが、「神風頼み」など絶対にできない!大東亜戦争も最後は「神風頼み」で負けたのだから。
 そもそも、男子が産まれなかったがために適応障害になってしまわれた雅子さまのケースを知りながら、それでも自分が男子を産まなければ皇室が消滅するというとんでもない重圧を負うことを覚悟して、悠仁さまと結婚する女性が現れるだろうか?

 もともと「男系継承」は「側室」とセットで、これが両翼となって維持されていた。側室が欠けて片翼になったら墜落するしかないのだ。
 男系が伝統というなら側室も伝統であり、大正天皇が事実上側室をやめ、昭和天皇が制度上も側室を廃止した時点で、男系の伝統も終わったのである。
 男系派は、旧宮家系の男系男子国民を皇族にするよう主張しているが、そうするには皇室典範改正が必要で、それには対象となる当事者が必要だ。
 いない人のために法律を変えることなどできないのだから、まずは新たに皇族となるべき旧宮家系の男系男子とはどういう人か、国民に紹介して典範改正を訴えなければならない。
 それをせずに、ただ「当事者はいる」と言うだけでは「いるいる詐欺」である。ネッシーやビッグフットや宇宙人が「いるいる」と言っているのと同じだ。

 しかも、男系男子は1人では足りない。確率的には4つの宮家が必要だというから、それなら4人必要となる。
 今までの国民としての身分、職業、家族、人間関係の全てを捨てて、皇族になる人が4人もいるだろうか?
 さすがにそんな人はいないとわかってくると、櫻井よしこらは旧宮家系の「子供」を宮家の養子にするという案を言い出した。
 だが、自分の子供を養子に差し出す親がいるわけがないし、子供も親から離れて自由も人権もない所に行きたくもなかろうし、もし強制などしたら完全な人権侵害で、憲法違反になる。
 しかも養子を受け入れる宮家もなくて、養子になる側、養子をとる側、両側からいないのだ。

 すると今度は、櫻井らは廃絶した宮家に「家族ごと」入ってもらうという案を言い出したが、これはかつて竹田恒泰が言っていた説である。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他142件のコメントを表示

こんばんは。遅ればせながら今号のプチ感想です。

〔ゴーマニズム宣言〕
男系男子原理主義者は、一体何を「保守」したいのかサッパリ分かりません。明治時代に時の政府の都合で制定された制度に固執する様は、何とも滑稽です。
男系男子原理主義者による「ツイデモ」も土曜の夜になると湧いて来ますが、あまりの無知さ加減と不敬さに脱力してしまいます。彼らは何か悪い物でも食べたのでしょうか?

〔特別寄稿〕
雑誌にも色々あって、テレビや新聞が報じない重要で有益な情報を載せているものもあれば、下世話なゴシップしか載せていないしょうもないものもあり、『週刊新潮』はもともと週刊文春と共に硬派な感じでしたが、雑誌が売れない時代になって「禁断の果実」に手を出してしまいましたね。南無…。
売れれば何でもいいって、これも「新自由主義」の弊害ですね。天皇制と新自由主義って、本当に相性が悪いですね。

〔トンデモ見聞録〕
製薬会社と言っても所詮「利潤追求」でしょうし、社会貢献など考えるだけ損というスタンスであろう事は容易に想像出来ますが、ここまで酷いとは…。
学生時代、経営学の教授が『企業の社会的責任』や『バランス感覚』という言葉を何度も念を押すように繰り返されていたのが懐かしいです。今の「新自由主義の嵐」の前ではこういった概念は風前の灯火となり、これらの概念を大切にしようとすると非常に生きづらくなってしまうのは何とも皮肉ではありますが。。。

以上、今号のプチ感想でした。

No.150 2ヶ月前

先日、某マスコミから「世論調査にご協力願えませんか?」と電話がかかって来て、自動音声ではなく、いかにも本物っぽかったので(?)応じました。
色々と質問されましたが、その一つに「新型コロナを2類から5類に落とそうとの意見がありますが、賛成ですか?反対ですか?」というものがあり、『賛成です!』とはっきりと答えておきました。
他の質問(地球温暖化とか貿易協定とか)にも真面目に答えておきました。
いつでもかかって来いや!(電話だけに・笑)

No.151 2ヶ月前

>>150
青ネギさん、おはようございます。

「週刊新潮」は、亡き父(樺太生まれ、満州で一旗揚げ、シベリア帰り、謎の半生)の愛読週刊誌でして、小学生低学年から、ずっと親の目を盗んで愛読しておりました。そのアイロニカルな誌面は、私の性格形成に多大なる影響を与えたと思います。大人のジョーク?(下ネタあり)が特に好きで、「気持ちの悪い子」との家族内での位置づけでした。
また、家の本棚には、母親の「ロシア文学全集」や「三島由紀夫全集」「千夜一夜物語」「瀬戸内晴美」等がずらっと並んではいましたが、子供心に「これは、読んではいけない……何がが壊れる」と、回避しましたが(笑)

そのわりに、親の寝室に隠して?あった「新鮮」やら「微笑」を見つけて読んでしまい、本当に「読んではいけない」ものに手を出してしまい、壊れてしまう……という「悲劇」を味わってしまいました(笑)
(女性陣の悲鳴が聞こえる……小学生ですからね……)

今の私を形作ってるのは、生来の性格もあるでしょうが、「新潮」と「新鮮」にあり!と。
(そんなもん告白してどーする……)

書物は、薬にも毒にもなるというお話です。

家にある「本」は結構、子供に強い影響を与えますね

(私は子供がいませんが)家にあった「ゴー宣」を読んで……という方の話を若い方から、道場でも耳にしたことがあります。

お子さんのいる家庭には、是非「コロナ論」を。

バトンですから。



No.152 2ヶ月前

☆『「女性天皇」の成立』の要点☆
★愛子さまブログ紹介★

みなさん、おはようございます。
「愛子さま 皇太子への道」ブログの紹介です。

本日、勤労感謝の日は、重要な宮中祭祀である新嘗祭に由来します。
どんな祭祀なのか調べてみて、皇室と国民との繋がりを感じてみてはいかがでしょうか。
高森明勅/自然の恵みに感謝する新嘗祭
https://www.youtube.com/watch?v=uNc3KYk1r_A

●高森明勅氏の『「女性天皇」の成立』を読んで感じたこと(リョービンさん)
・ポイント①今の政府は皇室の安定的な継承に関して真剣に検討せず、現状維持のまま先送りにしようとしている
・ポイント②歴史的に見て男系ではなく双系こそが日本の伝統である
・ポイント③政府のみならず国民全体の皇室の安定継承に関する危機感が欠如している
https://aiko-sama.com/archives/8376

愛子さま 皇太子への道
https://aiko-sama.com/

ブログ投稿のご案内
https://aiko-sama.com/blog-bosyu

No.153 2ヶ月前

うわぁ~!

た、玉川が「ハラリ」まで持ち出して、「自由」と「民主主義」を熱く語ってる!

グロテスク。

No.154 2ヶ月前

☆☆☆愛子さまサイト お祝いブログ・メッセージ大募集!!☆☆☆

おはようございます。
「愛子さま 皇太子への道」実行責任者のL.Kです。

12月1日、愛子さまの20歳のお誕生日が近づいてまいりましたね。
晴れて成年皇族となられる愛子さまがどんなご活躍をされるか、今からワクワクしてきますよね。

来週は他にも、11月30日に秋篠宮さまのお誕生日、12月5日に愛子さまの成年行事と、皇室のお祝い事が盛りだくさんです。

愛子さまサイトでは、それぞれの日に、皆さまからいただく【お祝いブログ】を募集いたします!
愛子さまのお誕生日はもちろんのこと、ご成年や、秋篠宮さまのお誕生日をお祝いするブログをぜひぜひお寄せください!

愛子さまの「お誕生日お祝いブログ」と「ご成年お祝いブログ」の違いが分かりづらい・・・ですって?
あまり深く考える必要はありません!
せっかくお誕生日と成年行事の日が分かれたのだから、両方ともお祝いしよう、というだけのことです。
お誕生日のお祝いブログを書いた後に、もう1回お祝いしたくなったら、ぜひご成年お祝いブログをお寄せください(^^)

この1週間を、お祝いムードで包み込みましょう!

===ブログの書き方===
・タイトル・本文・文責で構成してください。
・文体は、原則としてです・ます調で書いてください。
・文責は、都道府県名とハンドルネームをご記入ください。
(例: 文責:静岡県 L.K)

いただいたブログは、こちらで確認し、必要に応じて修正したうえで掲載いたします。
尚、内容が過激すぎる、データに不備がある等、適切でないと判断したブログは、掲載をお断りさせていただくことがあります。予めご了承ください。

===ご送付先===
こちらの宛先までご投稿ください。
メール/ aiko.princess.toshi@gmail.com
Twitter/ https://twitter.com/princess__aiko
facebook/ https://www.facebook.com/princess.aiko.sama/

===期限===
それぞれの2日前までとさせていただきます。
・秋篠宮さまお誕生日お祝い⇒11月28日
・愛子さまお誕生日お祝い⇒11月29日
・愛子さまご成年お祝い⇒12月3日

また、数が多い場合は、先着順で翌日以降に振り分けさせていただく場合があります。
予めご了承ください。

No.155 2ヶ月前

また、今回はもう1つ、お祝いメッセージも募集いたします!

【愛子さまお誕生日 祝福の声】
愛子さま成人のお誕生日にボイスメッセージを集め、
サイトでお祝いしようという企画です。

皆さまのボイスメッセージを大募集いたします。
是非参加をお願いいたします!

参加方法
愛子さまサイトメッセージ
aiko.princess.toshi@gmail.com
こちらまで
スマホのボイスメモなどで
1 分間程度
①住んでる場所(地方)
②ハンドルネーム
③「愛子さまお誕生日おめでとうございます」の言葉を含む一言添えて
送っていただけたら幸いです。
(音声ファイルの名前はハンドルネームで記載をお願いいたします。)
サンプル動画を作りました
イメージとしてはこのような感じです。
https://youtu.be/5jyfSn622kY
※募集期間は、11月28 日(日)23 時とさせていただきます。

皆様で愛子さまの誕生日を
お祝いしましょう!
1 人ひとりの力で愛子さまを皇太子に
後押ししましょう!
多くの皆さまのご参加
よろしくお願いいたします^ - ^☆

No.156 2ヶ月前

こんばんは、ライジング配信ありがとうございますvv

ゴーマニズム宣言・第443回「いるいる詐欺を殲滅せよ」拝読しました。

旧宮家のご子孫が、眞子さんと圭さんへのバッシングを目の当たりにして、「皇族になりたい」と思ってくださるとは思えません。
旧宮家よりも男系で血筋で今上天皇と近い血筋の方々は、日本国民のみならず、世界各国にもいらっしゃいます。その全員を皇族にすることは不可能です。
男系固執派は「女系で明治・昭和天皇と近い」方々に限定しようとするでしょうが、それなら「女系を認めない」男系固執派の主張とは矛盾が生じます。
長らく男系継承を支え続けた側室が万が一復活したとして、側室が産んだ子も全員女子ということもあり得ます。側室は「男子が産まれる可能性を高める」ことはできても、100%確実に男子を産むことはできません。

男系固執派とは、外野から「男子を産め」とバッシングすることしかできない人々です。
自分達が代わりに産むわけではない。
皇籍取得を望む男系男子を今すぐ連れてこない時点で、男系限定継承を続けることは不可能です。
「いるいる詐欺」に付き合っている暇はもうありません。

笹さんの「〈週刊新潮・文春比較〉眞子さんの「結婚騒動」が明らかにしたものとは何か?」拝読しました。

自称保守と大衆が眞子さんと圭さんを引き離すために繰り返して来たバッシングは、自称保守と大衆の傲慢さをあらわにしました。
自分たちの気に入らないことをすれば、「公より私を優先した」「わがまま」と非難。
小室さんご夫妻がどれだけ丁寧に誠意をもって説明しても、「破談」が絡まなければ、聞く気も読む気もさらさらない。
とことん「私」の利益を優先し、わがまま放題の自称保守と大衆に、眞子さんは愛想を尽かされたのです。

小室家の借金問題は、金に困った小室さんの母親の元婚約者が、金をたかりに来たというもの。元婚約者は、ただの「金くれ男」だったのです。
週刊現代の記者を自分の代理人にして、情報提供の見返りに金銭を受け取り続け、解決金を受け取って尚この問題で金を稼ごうと、今度は週刊現代と同じ講談社のFRIDEYに被害者面して小室さんご家族に迷惑をかけ続けています。
早く罰が当たってほしいものです。

木蘭さんのトンデモ見聞録・第237回「製薬会社と論文とカネの話~ファイザー、“史上最大”の薬事犯罪」
ファイザーのぼろ儲けは、人件費も経費も、何もかもをけちっているから。
製薬会社と下請け会社、それを監視しなければならない機関も含めての共犯関係。
今回書かれているものを読んで、クリーンな製薬会社なんて、この世に存在しないのではないかと思いました。

ファイザーが過去に犯した罪で学んだことは、薬の効能が偽りであることがバレる前に大量に売りつけ、利益を得ること。
そのためなら人がどれだけ犠牲になろうが、知ったこっちゃないのです。

これは、製薬会社に限った話ではありません。どんな会社・団体でも起こりうることです。
賢い買い手となる為に、歴史に学びましょう。

No.157 2ヶ月前

>>152
サトルさん、こんにちは。

うちの本棚には『吉川英治全集』がずらっと並んでいたのですが、親がそれを読んでいるのを見た事はありません(笑)。

私も小学生だったある日、押入れの奥に雑誌があったので取り出してみたら「何じゃこりゃあ!」となりましたが、むしろ『家庭の医学』の方が色々勉強に(何の勉強だ?)なりました(^_^;)

私は『小学館の学習雑誌(小学〇年生)』を親に買い与えられていたのですが、あの雑誌は学習雑誌と言いつつ9割くらいが漫画のページで、非常に良心的でしたね。子供にとって(笑)。
頻繁に「原発安全アピール漫画」も載っておりましたが、それを読んで逆に「こんな危なっかしいもん大丈夫なのかな?」と子供心に思いました。

No.158 2ヶ月前

皇位継承問題は長く続いていましたが、未だに男系と特殊な継承に固執する人が多いことに呆れてしまいます。

旧宮家から養子になれる該当者に皇室に入る意思があるか確認⇒確認できたら皇室典範を改正

こんなの皇位継承問題だけでなく、日々の仕事でもよくあるあることなんですが、
どうしてイデオロギーに嵌まると途端に常識が抜けてしまうのか理解できません。

小室夫妻にしても、民間人になったというのに、日頃から念仏のように唱えている人権は
忘れたのかと言わんばかりのプライバシーの侵害に怒りが湧きます。
人権だの自由だの平等だの口にしても、結局は相手の事は毛ほども考えないのが人間の本質だと思います。

ファイザー社の数々の不正を見ると、製薬業ってそうでもしないと儲からない、ハイリスクハイリターンな
商売のように感じました。薬の研究開発に莫大な費用が掛かる以上、今後も不正はなくならないと思えてなりません。

No.159 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。