• このエントリーをはてなブックマークに追加
「特報!〈mRNAは数日で分解される〉はウソだった」小林よしのりライジング Vol.426
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「特報!〈mRNAは数日で分解される〉はウソだった」小林よしのりライジング Vol.426

2022-02-15 19:25
  • 161
062be5005624c14055e9e46c6ce137d0dfe9fb95
第426号 2022.2.15発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしのひとたち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」…mRNAワクチン接種推進派は、「体内に入ったmRNAは数日で分解される」として、「だから心配ありません、みなさん接種しましょう」と言い続けてきた。ところが、全世界で103億回、42.3億人に2回以上の接種が行われた今、続々と「新しい結果」が発表されている。今年1月24日、米国スタンフォード大学病理学教室などの研究者によって、ヒトの体内に接種されたスパイク抗原とmRNAは、ワクチン接種後数週間、リンパ節の胚中心に残存しているということがわかった。デマを言っていたのはワクチン接種推進派だったのだ!!
※「ゴーマニズム宣言」…今回も続けてスペシャル本を振り返ることにする。1998年に出版した『戦争論』は翌年にかけて大ヒットとなり、引き続いて『戦争論2』の描き下ろしをスタートさせた。一方、小学館「SAPIO」誌で連載していた『新ゴーマニズム宣言』では台湾を取材してみないかという提案があった。ちょうどその頃は台湾で初の直接選挙による政権交代が達成され、民進党の陳水扁政権が誕生したばかりだった。「焚書」「入境禁止処分」にまでなった『台湾論』とは何だったのか、振り返ってみよう。
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!良い子すぎる最近の若者にどんな感想を持っている?関西地区と東海地区では「めざまし8」の視聴率が「モーニングショー」より上なのは何故?文科省は教育分科会メンバーにファイザー社員を入れ、東京都は教育委員にファイザー役員を起用!?先生には隠遁志向はある?うまい棒の値上げについてどう思う?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第247回「〈mRNAは数日で分解される〉はウソだった」
2. ゴーマニズム宣言・第453回「30周年記念・『台湾論』で入国禁止」
3. しゃべらせてクリ!・第382回「真冬の怪談!雪女が世界を凍らせましゅ!の巻【前編】」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




1f2cdce3762a211576affb50bee5f344f72d9036

第247回「〈mRNAは数日で分解される〉はウソだった」

 mRNAワクチン接種推進派は、「体内に入ったmRNAは数日で分解される」として、「だから心配ありません、みなさん接種しましょう」と言い続けてきた。
 ところが、全世界で103億回、42.3億人に2回以上の接種が行われた今、続々と「新しい結果」が発表されている。
 今年1月24日、米国スタンフォード大学病理学教室などの研究者によって、科学誌『Cell』に発表された論文によると(Cell Press)、ヒトの体内に接種されたスパイク抗原とmRNAは、ワクチン接種後数週間、リンパ節の胚中心に残存しているという。
「胚中心」とは、免疫反応が起きる際に、脾臓やリンパ節などの免疫組織につくられる微小な構造のことで、抗体づくりを担当するB細胞が、増殖したり成長したりする場所だ。
 この研究は、感染者とワクチン接種者のリンパ節を分析し、抗体などがどうなっているのかを血清学的に調査したものである。
 一連の調査報告のなかに、「mRNAワクチン接種後のリンパ節胚中心における、ワクチンmRNAの検出と、リンパ節胚中心および血液中のスパイク抗原の検出の長期化について」という項目がある。専門用語を省略し、かみ砕いて内容を要約する。

 ワクチン接種後のmRNAやスパイク抗原、SARS-CoV-2感染後のウイルス抗原の生体内分布、量、持続性は不完全に理解されているが、免疫反応の主要な決定要因であると考えられる。
 2回目のワクチン接種から7~60日後に採取した、接種と同じ側の腋のリンパ節の生体検査で、mRNAの検出を行った。
 ワクチン接種後7、16、37日目のリンパ節の胚中心に集まったワクチンmRNAは、60日目にも、低いがまだ評価できる特異シグナルを検出した(下図)。胚中心の外には、ごくまれにワクチンmRNAの病巣が見られる程度だった。

1122690fea0f222a19d1c573d62d4d6cc097c0fe

 ebbb3aa9ad510eb47079935ab9800e0d80c0508c
※画像中の太字は泉美が補足

 ワクチン未接種者とCOVID-19感染患者については、この検出検査の結果は、陰性であった。
 mRNAワクチン接種者のリンパ節の検査では、スパイク抗原の反応には個人差があったが、2回目接種後16日目に胚中心に豊富なスパイクタンパクを示し、2回目接種後60日目でもスパイク抗原が存在した。スパイク抗原は、胚中心細胞の周囲に網目状に局在していた。
 COVID-19感染患者のリンパ節は、スパイク抗原の量は少なかったが、まれに胚中心が陽性反応を示した。(泉美要約)

「mRNAは数日で分解される」という推進派の定説は大ウソで、少なくとも2回目接種後の7、16、37日目まで、脇下のリンパ節でしっかり検出されており、さらに60日目でも、低レベルだが検出されているのだ。
 気持ちが悪いのは、自然にコロナに感染した患者については、このような現象がほとんど起きないということである。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く
他139件のコメントを表示

>>164
詳細な文字起こしありがとうございます。私も見ていましたが、誤魔化しのオンパレードでしたね。明日も視聴できるので報告頑張ります。

No.167 4ヶ月前


>>160

No 123 は己に当てられたのは分かっています。

>他人の短い文章すら読んで考えてみようともしない

>きっと奇をてらって目立ちたいだけ

は無いですよ。

無頭脳の読解力、無頭脳の文章力の無さを舐めちゃならんですよ。

視点が抜けているのは恐ろしい事で本当に分かりませんでした。読んで考えもしました。

そうでなければ
>>137

>己の目の開いていない点について御教授を願います。

とは書きませんでした。己の足らないものが有ると見越していたのは真実です。

しかし、己に悪意の有るように思われている事から、上記も単なるアリバイを作ったと思われるでしょう。しかし、それは全く無いと自己弁護しておきます。

そして己の文章力は、お見せしているものでしか無いです。ここに虚偽は有りません。こちらの読者を舐めている分けでは無いです。すぐ見透かされます。誤解を受けたのは、己が、それだけ無頭脳だからです。工作していると決め付けられたのは無念です。ただ、ふざけた言い回しは有るのは確かです。ここに不快を感じておられる方に お詫びします。

ともあれ、無頭脳は巷に流行っているように大罪もので、カレーせんべいさんと愛子さまを皇位に望む方々には大変失礼な事をしました、まことに申し訳なく謝罪を申し上げます。この理を教えてくださった ただしさんには感謝を申し上げます。

また
>件のブログの投稿者の方と同じ考えのようでもありますし。

について。

己は、悪意有る『考え』の持ち主と決め付けられるのは甚だ心外です。そのような決意は微塵も無いと断言しておきます。お腹立ちの点は無頭脳の純粋な罪の結果です。

件の投稿者の内心は分からないですけど、愛子さまのブログに載った文章は、そのブログを管理する他の方々の目を通されていないのですか。カレーせんべいさんの方には別の人が断りを入れてあるようにお見受けしました。複数の人が査読してから、愛子さまのブログに載ったのであれば、悪意が有ったのは考えづらいです。皇室を大事に思われる方々が、複数で、そんな企みをするとは思えないからです。しかし、この点は不明なので保留します。

単に思考回路が教訓を得る方に固まってしまっていたのかも知れません。その思考の殻に嵌っていたのでしょう。己もそうです。人の行いは、ひとつに通ずと基本的に刷り込みがあります。そこで、観念的な考えに偏ります。この欠点を認めます。

こんな簡単な事も分からないのかの点で、随分、お怒りのようです。しかし、思考の殻から抜け出せないのは、ただしさんにも有って経験済みでしょう。ご無礼を許してください。「〇〇さん、やめなさい」事件を思い出してください。己の無頭脳な罪と相殺しようとしているようで申し訳ないです。あの時、ただしさんは逃げなかったのは見習っています。

これも論理構成が間違っているかな。これでは己は信用を失うはずです。

無頭脳に愛を。こりゃ馬さんには、たけし社長の愛を感じました。

No.168 4ヶ月前

>>167
お疲れ様です。

やっぱり「反発がある」(笑)、月、金は玉川も表情も暗く、北村が出てくると、「北村さん♪北村さん♪」と嬉しそうで。

明日はコメンテーター陣で最大の「玉川教の信者浜田」が、蝋燭を頭に巻いて(イメージ)、騒ぐやもしれません。子分その1も。

なだらかな(これも無駄な検査が原因ですが)山の下りのうちに、ワクチン接種率上げなければ…と、かなり焦ってるようなんで、監視お願い致します。

No.169 4ヶ月前

多くの同年代と恐らく一緒で、私は日本がアジア諸国にひどい事ばかりをしたものと思い込んでいたので、『台湾論』で描かれた台湾の方々の姿は意外・新鮮でした。「親日の国」があるという事実は私の世界観を一変させてくれました。台湾に行きたい、日本統治時代を知る方々に日本についてお話を伺いたいと思い、台湾語も勉強しましたが、どうもそれは叶わなさそうです。ただ、台湾語は今でも勉強を続けています(因みに台湾語は北京語より「声調」という音の上がり下がりの法則が複雑ですが、その代わり漢字の発音は北京語より寧ろ日本語と似ています)。よしりん師範が本書でお書きになっていた日本語由来の台湾語もまだ使われている様ですよ。
左翼は自分達の政治的主張を通す為に台湾人のかつての日本への敬意や思慕を日本社会から隠そうとし続けてきた訳で、そういう感情を持ち続けてきてくれた当の台湾人に対しても罪深い事をしてくれたものだと思います。

No.170 4ヶ月前


>>150

>>151

再び
こりゃ馬さん

>>155 で
ふざけた言い回しで御礼しましたので、正式にやり直します。

私の為に御足労頂き、まことに有り難うございました。また、来てくださって本当に嬉しかったです。
それで Dancing やギ になってしまったのです。

論理構成について、よく分かりました。それに、ただしさんも来てくださったので、己の無礼さがよく分かりました。

件のブログに肯定的に読めるコメントも有ったので、それに願って自分の読解力の無さを過小評価していました。

しかし、腹を開けると不届きながら、論理構成が間違っていても(従来からの思考形式から抜け出せず)件の筆者の意図は当て擦りの非難では無いように傾いたままです。ここは頭蓋の中の再訓練が必要です。

こりゃ馬さんは、己と違いますので、前みたいに、もっと投稿されても、よろしいのではないですか。まぁ己のような狼藉者がいると不愉快な思いをされると思うので、出来るだけ遠くに控えています。他の方々にも、そうしないといけません。

>件の投稿者の“意図しない形での論理のすり替わり

まで配慮されているのを読むと、これからは、余りプンスカ怒れなくなってしまいました。
たけしさんの寅さん人情にも見習いたいです。

それに、自分の無頭脳と、その犯罪を認めたので、玉皮なんかを無頭脳、下賤とは言えなくなったかな。でも己は、岸田みたいに話を聞くだけでは無く、間違いと思ったら、すぐ認めます。下賤は畜生より上の位です。だから、どうかな?優柔不断で不愉快ですね。済みません。

分からない事は率直に自分の思いを書いて、コミニュケーションの中で明らかにすればよいと思っていましたが、これも改める必要が有ります。人様をおこらせると、これが成り立ちません。代わりには質問形式にして馬鹿を晒すしかないです。しかし、頻繁にとは行かないです。愛護に寄りかかっては、自分に甘く人に厳しいと言われます

今回の事で、自分の分際を再認識しましたので、しばらくは控えた文章を書いて謹慎します 。激情で書く時も有るので抑えなければとも思います。これは、ただしさんにこじつけで言っているわけでは無いです。己にも同じ領分が有りますから認めないといけませんし、小さくまとまって欲しくは有りません。

また、無駄に長くなりました。御容赦ください。
ここで何でも謝ればよいと思っている訳ではありません。
信用が無いので、一応申し添えます。

No.171 4ヶ月前

「mRNAは数日で分解される」が事実無根と分かったのは、世界中で人体実験を行ったから
分かったことなんですよね。工業製品も初期生産分で不具合が発生することが多々ありますので、
どんな分野でも人間の作った新しいものは後々のデメリットを考慮して慎重に扱う事を肝に銘ずる必要があると
痛感します。

「台湾論」で一番の衝撃は国民党の一党独裁体制だった台湾を民主主義国家に生まれ変わらせた
李登輝氏という偉大な政治家の存在を知ったことでした。
政治家に対してはいつも冷ややかな目で見ていただけに、こんな凄い人がいたのかと目から鱗でした。
そんな李登輝氏に対して、日本が台湾にコロナワクチンを送ったことに、申し訳ない気持ちで一杯でした。
日本はいつ台湾を国と認めてまともに付き合うのか・・・。

No.173 4ヶ月前

 トンデモ見聞録「〈mRNAは数日で分解される〉はウソだった」を読みました。

 体の中が、こんなんなっているかと思うと、気持ち悪いは恐ろしいはで…、改めて製薬会社っていうのは、同胞の人間のことなんて何にも考えていないんだなと怒りに震えます。

 そして、こびナビも忽那も厚労省も、罪の重さを骨身にしみるほど思い知らせてやりたいです! デマで何人殺すつもりなのか、自覚があるのか。

No.175 3ヶ月前

玉川徹のウクライナ降伏すべきとの発言について、予想通りと言えば予想通り。さらに、為政者の責任とかいうなら、コロナ対応と矛盾するに気づけないのも予想通り。自分は安全な場所から発言していると思っているらしいが、日本にもウクライナ人はいるし、テレビで発言するということは、その人々を目の前に発言しているのと同じ、ある意味勇気があるとも言える。ただのヘタレだが、怖いもの知らず。そこらへんの矛盾にも気が付いていない気がする。

No.176 3ヶ月前

つづき。
怖いのは、結局玉川はなんだかんだ言って、強ければルールを無視してもいいと言っているだけで、弱きものに対する配慮すらないことにも気づけていないトンデモない人だということ。弱きものとは自分のことで、自分以外の弱い立場の人のことは眼中にないのだろう。

No.177 3ヶ月前

 ゴー宣「30周年記念・『台湾論』で入国禁止」を、ようやく読ませて頂きました。
「台湾論」を描くまでの経緯を初めて知り、とても興味深い内容でした。

「台湾論」を読むまでは、台湾という国に対して全く無知でした。
「戦争論」を読むまで中国のことは全く知らなかったのと同じですね。
 よく考えたら、日本という国に対しても全くの無知でした。

「台湾論」を買って読むまで、少し時間を要しましたが、読み始めると、とても面白く、あっという間に読み終えました。傑作だと思いました。

 私が読んだの時期は、既に発売から何年か経っていて、また当時の台湾での騒動はリアルタイムで全く知らなかったのですが、そこまでになることは充分に納得出来る内容でした。

 最後のゴーマン『歴史は一瞬も留まっていることはないのだ。』は、目が覚めました。

No.178 3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。