ゲームプレイ日記@変愚蛮怒(ふつうクター鏡使い2代目-1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゲームプレイ日記@変愚蛮怒(ふつうクター鏡使い2代目-1)

2019-11-20 18:32
    前回箱トラップによって >突然の死!< を遂げた初代……
     尋常ならざる引きの良さだったため残念な気持ちはあるけれど、これも変愚と割り切るしかない。というわけで日記2代目の始まりだ。

     いつも通り辺境の街でのクエストを一通り終わらせた後、今回はちょっと前回まで失念していたガラスの城での稼ぎをしてみることに。

     ガラスの城はダンジョン内の床・壁・ドアが全てガラス製という変わったマップ。普段はあんまり行くことがなくて、どっちかっていうと★斬鉄剣狙いの昇降スカムでお世話になるようなところだ。
     反攻と同じレベル40のダンジョンだけど、壁やドアがガラス製なのでお互いに壁越しに視線が通る都合上召喚持ちの敵の脅威度が高くて非常に面倒くさい。
     ただガラス製である以上光っている敵は遠くからでも視認でき、さらにガラスの壁、ドアは閃光属性のビームを遮らないという特性がある(ブレスは不明、ボルトはダメ)。そのためレベル10から光のしずくをビーム化できる鏡使いなら、壁越しから敵にビームを撃つことで稼ぎが成立する。まだ床もガラス製であり、破片属性の鏡砕きを使うと床を穴にできる。そのためそれで自分の周囲を囲めば召喚対策も容易。
     とはいえレベル40以上のダンジョンということで危険度は高く、感知を怠ると事故死も多い。特に透明かつ壁抜け、何より麻痺打撃持ちの盲目のものあたりは序盤だと要注意モンスターだ。また壁越しに敵を倒せるものの、アイテム回収で歩き回るのはかなり危険なため物資回収には向かないだろう。

     レベル40相当なため古代D辺りの強敵も出てくるけど、どうせアイテム回収は難しいので稼ぎは万色ハウンド辺りがおすすめ。1体1体の経験値が比較的高い上にHPが低いためダメージを与えた時の経験値効率がよく、更に集団生成なのでビームで複数巻き込めばより経験値が稼げる。低レベルの光のしずくでも十分倒しきれるため、倒しきれれば一気にレベルアップも可能。



    こんな風に壁越しに敵を巻き込んで経験値を稼ぐ。古代Dなんかも頑張れば狩れるけど、HPが高くて1回のビームで得られる経験値は低くなりがち。


    こんな感じでモリモリレベルが上がる。なおこのログは今回の@ではない模様。事故死要因もたくさんあるので定期的なモンスター感知や地形感知はしっかりと。

     とまあミドルリスク・ハイリターンな感じの稼ぎが序盤からできるので、今回は辺境の街での最序盤のクエを終わらせた後に魔法の地図を買い込んでガラスの城スカムでレベルを25まで一気に上昇。鏡砕きどころかシーカー・レイ、一時テレパシーまで手に入れて序盤のクエを一気に進めていく。

     その後は鉄獄6・12FRQ、闘技場で岩石溶解・アウェイ棒入手、オーククエ、破滅1、ログルス使い、ミミッククエ、テングとデスソード……という個人的ないつもの流れ。当然ここまでレベルを上げれば苦戦する要素もなく、あれよあれよという間に序盤のクエストを一通りクリアしてしまった。
     更に反攻スカムでレベル上げを続けて無事レベル30へ。静水を覚えて序盤のガス欠状態からはおさらばだ。

     というわけで現状のDump
     別にそこまで引きが悪いわけではない……のだけど前回の@があまりに恵まれていたのでどうしても貧相に見えて仕方ない。特に知能周りが全く違うのでスーパー・レイがガンガン失敗するのが中々に辛い。いずれにしてもクローンなどを考えるとまだまだレベル上げが必要なので龍窟には行きたいんだけど、とてもじゃないけど普通にワイアームを倒すのは無理そう……
     いちいち森に行くのは本当はあんまり好きじゃないので古代D狩ったり24・38FRQあたりでしばらくはお茶を濁そうかな?



     ちなみに今付けている☆武器。なんていうかギリギリ使ってもいいかな、感が凄い。発動は序盤だと強いんだけどね。





     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。