ゲームプレイ日記@変愚蛮怒(ふつうクター鏡使い2代目-5)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゲームプレイ日記@変愚蛮怒(ふつうクター鏡使い2代目-5)

2019-11-30 00:44

    前回古い城を攻略して★ヌメノールの宝冠を得た@。とはいえ耐性面ではかなり充実したもののステータスもレベルもまだまだ、何より*破壊*の杖がないので深層探索はまだまだ不安……というわけで今回は足踏み回。

     まず最初に幽霊屋敷クエへ。
     鏡使いは消費MP1でテレパシーが付与できるのでテレパシーアミュは必要ないのだけど、内部のアイテムはちょっと気になるので、アイテム感知を持って覗くだけ……
     と思っていたのだけど、気づいたら普通に制圧していた。まあシャドーデーモンとかドリードマスターあたりは集団を倒すとドロップあアイテムも多いし、幽体ティラノも結構経験値もらえるし……大したもの拾えなかったけど。

     次は破滅2をクリアするためにモリバントへ。マイクロンソフトの興亡をとっとと破棄して早速クエスト受注……と思ったら謎の瘴気がまだだった。
     この謎の瘴気、戦士とかでやる時はスルーしちゃうことも多いのだけど、次元の扉が使えるけど啓蒙ができない鏡使いならVault漁りのためにアイテム感知手段として全感知ロッド持っとくのはありかなーということでさっさとクリア。

     そのマイクロンソフトはいつ通りさっさと破棄して破滅2に挑戦。
     破滅2は報酬が体力回復の杖で、特に最終戦で体力回復物資の消耗の激しい職だと非常に大事なクエスト。アイアンリッチが4体も出るのでそれなりの戦力が必要なんだけど、鏡使いの場合はユニークさえ出てこなきゃ大した問題じゃない。まあそもそもメイジ系職のJ戦は体力回復の杖なんかなくてもなんとでもなることも多いからこのクエやる必要もないんだけど……なんもかんもアリーナが悪い(責任転嫁)。

     まあ中に関してはひたすら幻惑の光とスーパーレイで各個撃破していくだけなので特筆することはない。そして相変わらず出ない*破壊*の杖……


    中で敵が体力回復の杖をドロップした図。職によっては手を叩いて喜ぶレベルなんだけど、今は*破壊*の杖……

     結局*破壊*の杖が出そうなレベル帯のクエストをやってみても入手することはできず、さらに言うと耐性面こそ充実しているものの、ちょっとレベルに対してステータスに不安がある感じになってきた。というか知能・耐久のどっちかが微妙とかなら分かるのだけど、どっちもイマイチなのは一体……



     とはいえ嘆いていても仕方ない。もうプレイ時間もかなり経っているし、どうせ探索・レベル上げに時間をかけるなら次元の扉を活かしたVault漁りがしたいので深層へ進みたいということで鉄獄をすすめることに。もうレベル的には十分50FRQも勝てるはず……



     お、50FRQは『黄衣の王』。
     こいつはクトゥルフ系のユニークだけどその手のモンスターとしては弱い部類。そして何より閃光が弱点ということでスターライト砲が効く。

     そういえばまだこの日記でスターライト砲に関しての解説はしてなかったかもしれない。
     スターライトの杖は使用すると「自身の周囲8方向にランダムに(6+レベル/8)d10の弱光属性のビームを5d3回放つ」という効果がある。
     弱光属性って何? と思われるかもしれないけど、ようは光の杖とか光の魔法棒で放つ光のことで、辺りを照らすことはできても通常の敵にはダメージを与えられない属性のこと。敵の思い出文章で「それは明るい光でダメージを与えられる。」と書かれている閃光弱点の敵にのみダメージを与えられる。
     普通に使うとビームの出る方向がランダムなので全く使いものにならないのだけど、スターライトの杖のビームは@が壁に隣接しているとその方向には射出されないという特性があるので、壁を掘って一方向だけ残して他が全部壁に囲まれた袋小路を作るとビームの射出方向を固定できる。これで一方向にビームを連射する戦術のことを通称スターライト砲という。
     通常の敵に全く効果がないけど効く敵にはとにかく絶大な威力を誇る。たとえばレベル39時点の@のスターライト砲のTD期待値は(10d10)*(5d3)でなんと550点。レベルカンストカオス領域の魔力の嵐が一発500点と考えればその威力の絶大さが分かるだろう。
     鉄獄のRQボス候補のうち38~56辺りのユニークには結構このスターライト砲が刺さる相手もいるし、貴重品ってわけでもないので1本確保しておいて中盤持ち歩くのは割と鉄板な戦術だ。

     今回の冒険では要所要所でこのスターライトの杖を持ち歩いているのだけど、結構刺さる場面が多くて助けられている。HP3200ある『黄衣の王』もスターライト砲なら6発で撃破だ。報酬はイマイチだったけどこれだけあっさりだと中々気持ちがいい。



     50FRQがあっさり終わったことに気を良くし、これなら難敵揃いの56FRQもなんとかなるのでは……という気持ちが芽生えた@。何より今回結構龍窟を探索しているのだけど、その過程で全然『ブランド』を見かけていない。彼は56FRQのボス候補なので、もしそうなら確定で出会うチャンスだ。暗黒の嵐だけが怖い相手だけど、今回は耐性も加速もばっちり。何よりレベルも40になって水鏡の盾に魔法防御上昇効果が追加され、鏡の超強力魔法こと鏡分身も覚えた。
     この鏡分身、短いターンだけど自身に分身を貼り、敵の攻撃を2分の1の確率で無効化するという鏡使いの防御性能を支える強力魔法だ。残念ながら光の剣をもっている敵に使うと光の剣の使用率を上げてしまうらしいので『ブランド』相手には使わないけど、そもそも召喚を持たず加速も10しかないブランド程度ならLosを徹底すればr暗抜けでもない限り怖くはない。



     というわけでいざゆかん56FRQ!







    注意せよ!この階は混沌の覇者『はぶ』によって守られている!






    @「あっ、お邪魔しました(即帰還)」




     ……このプレイ日記を書き始めて一番最初に*勝利*したホビット青魔、その56FRQで『八岐大蛇』が出た際にこんなことを書いたのだが、覚えている人はいるだろうか。




    56FRQ候補にはこれよりやばいのがいる。






     ギリギリ50階台のユニークでありながら深層ユニークに引けをとらない加速+20HP7326、上位ワイアームやラスボスに匹敵するAC175耐性があっても被ダメ期待値384点、最大450点のカオスブレス最後の最後まで威力減衰せず期待値300点超えの魔力の嵐無敵化・分身を貫通する光の剣明らかにスペックが中層のそれではない
     感知域が狭い、空が飛べない、テレポ耐性が無いなど戦わないなら対処する手段は色々あるのだけど、真正面から戦うとなると50~60階台を探索するレベルの@などほとんど常に即死の危険性がある。
     単純な火力で言えばブレス使用率が高い『八岐大蛇』に軍配が上がるかもしれないが、こっちは召喚やテレポートでの逃走まで備えており、なによりそもそもこの階層だとスピ指が拾えてないこともザラなので一時加速込みでも速度負けしている可能性も高い。テレポ持ちかつテレポ耐性がないのでテレポ追尾があり、危険だと思って逃げたらついてきた上に加速の暴力で一撃かましてくるという可能性も十分ある。

     この性能でドロップは上質、『八岐大蛇』のように固有ドロップがあるわけでもないので本当に倒す旨味がない。というか現状の@だとHPが450以下なのでカオスブレス吐かれたらワンチャン即死である。どうしても倒そうと思うと反撃召喚に目を瞑って鏡の反射を活かしたLoS攻撃の徹底だろうけど、*破壊*の杖もない今そんな危険を冒す必要は皆無だ。というかカオスブレスの威力が減衰し始めるのがHP3600からなので体力6~7割削ってようやくワンパン即死回避できるわけだけど、たとえ残り体力*1個まで削ってもちょっと向こうの機嫌が悪くて魔力の嵐+光の剣なんかが飛んできたらやっぱり死ぬ。



     というわけで56FRQは秒で破棄。シカタナイネ。ていうかこの日記始めてから56FRQボスが『八岐大蛇』『八岐大蛇』『はぶ』なんだけどおかしくない……?



     結局『ブランド』に出会うことは出来ず、さらにこれ以降のRQも現状のステータスだと危険極まる。いっそ高隠密と鏡抜けを武器に深層まで一気に潜ってVault漁りもいいかと考えたのだけど、流石にステータス面が何をとっても貧弱な上になにより*破壊*手段がない。
     こうなるともう鉄獄中層で頑張るか龍窟入り口で頑張るかぐらいしかなく、それだったらドラゴンが狩れる龍窟の方が色々楽なので龍窟へ行くことに。幸い鉄獄探索中に毒針もドロップした。遠回りしたけど最終的にはやっぱりこうなるんだなぁ……まあ先述したけど鏡使いと毒針スカム自体の相性がいいので、ここまでやって来なかったこと自体がミスといえばミスなんだけどね……



     んで龍窟に戻っていつも通りに毒針チクチク。
     やってみるとやっぱり鏡の毒針スカムは非常にやりやすい。なにせ水鏡の盾でAC200超えしつつ分身で被ダメの期待値1/2。通常の職だと考えられないくらい目の前で粘りつつチクチクできる。別にスーパーレイで普通に倒すこともできるのだけど、下級とはいえワイアームクラスともなればHPは3000。今の期待値でスーパーレイ16~17発分であり一体倒すのに時間がかかりすぎる。ワイアームを探す手間とダメージ分の経験値を考えるとそっちの方が効率はいいかもしれないけど、やっぱりスカム行為は操作面や精神面的に楽というのもメリットになる。★斬鉄剣スカムで集中力切らして何度『五右衛門』見逃したことか。

     感知、移動は強いし、流石にやろうと思えば50レベル以下のDユニーク辺りはもう余裕で狩れるのでモリモリ上質ドロップ持ちも狩れる。となればドロップもそれなりに充実してくるもので★イシルドゥアやら

    ドラゴン・グローブ [4,+16] {r毒盲轟沌}

     こんなものもドロップ。rをどこで埋めるかって感じだったので中々ありがたい。アリーナで負けてなきゃAF生成もあったのに……
     また追い打ちをかけるようにBDSMことバランスドラゴン・スケイルメイルもドロップ。これも優秀なベースアイテムだけど、流石にAF生成なしで装備するかと言われると……

     とはいえ悪いことばかりではなく、スカム途中でスピ指(+7)をゲット。最終装備としては厳しいけどつなぎとしては+7は十分すぎる数字。現状常時加速が+16なので深層も戦闘を避けて探索するだけなら十分堪えるはず。

     あとは*破壊*の杖さえ出れば……という感じなのだけど、これに関してはワイアームなどの上質ドロップを幾ら狩っても手に入りようがないので、通常ドロップ持ちの古代Dクラスの敵も積極的に狩っていく。

     ここで重要なのがアイテムレベルアイテム生成レベルの判定で、たとえば*破壊*の杖のアイテムレベルは50なので生成レベルも50は欲しいということになる。このアイテム生成レベルというのが敵からのドロップアイテムの場合(現在の階層+ドロップしたモンスターのレベル)/2なので、レベル60相当の龍窟入り口の場合敵のレベルが40以上あれば*破壊*の杖が狙えることになる。

     龍窟である以上古代Dクラスの敵にはよく出会うわけだけど、古代Dクラスでもレベルが40を超えるのは古代レッドDデスDグレート・クリスタルD古代ゴールドD天上界DDとちょっと強めだったり耐性が面倒だったりする連中になる。
     一応生成レベルの判定は1/20で跳ねる可能性もあるけど、当然極端に効率は悪くなるので古代ホワイトやら古代ブルーなどの弱い連中ばかり倒していてもロクに手に入らないだろう。

     というわけでレベル40以上の連中を見つけたら多少面倒でも頑張って狩っていき無事*破壊*の杖ゲット。*破壊*の杖に関しては狙って欲しい場面も多いので探す時は生成レベルの意識は結構大事かもしれない。ちなみにみんな大好きバイアクヘー先生はレベル41。つくづくありがたい存在だ。



     そんなこんなで結局いつも通りなレベル上げをして現在レベル43。いよいよ鏡魔法最強の攻撃魔法たる封魔結界を習得した。この封魔結界、非常に癖のある魔法らしいのだけど、それに関してはまた次回色々試して行こうと思う。

     というわけで今回はここまで。Dumpを投げつつ次回へ続く!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。