ゲームプレイ日記@変愚蛮怒(ふつうクター鏡使い2代目-6)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゲームプレイ日記@変愚蛮怒(ふつうクター鏡使い2代目-6)

2019-12-02 15:48

     さてそろそろ攻略的にも佳境に入っていきたい鏡使いの日記6回目。現在@のレベルは43。今までの日記のことを考えると記事6個目でレベル43って随分早いな。まあこんな誰が読んでくれてるかも分からない日記も早いもので50回以上書いてるので、基本的な解説は前の方で済まして、後の方になればなるほど簡素に……っていうのは当初の予定通りではあるけれど。


     そんな@なのだけれどまだ佳境に入っていくには全然ステータスが足りないので今回も地道に龍窟でレベル上げ。ただレベルが43に到達したことでついに鏡魔法最強の火力を誇る封魔結界を習得した。

     この封魔結界、非常に変わった魔法らしく、文面だけ見てもイマイチどんな魔法か分かりにくい。

    ●封魔結界

    • レベル43, コスト55, 難度70
    • 視界内で距離180フィート以内の2つの鏡(ランダムに選ばれる)とプレイヤーを頂点とする三角形の領域に, ダメージ (レベル*11+5) の魔力を発生させる. 選ばれた2つの鏡で三角形が作れないと失敗する.攻撃後,1/7の確率で一方の鏡が壊れる.
    (Hengband Spoilerより抜粋)


     まあ要は@の視界内180ft(18マス)以内に鏡が2個以上設置されていて、なおかつその2個と@が完全に同一直線上にない(@と選ばれた鏡2つを頂点とした三角形が作れる)時、その面の中に魔力属性のダメージを発生させる、というもの。ちなみに似たような名前の魔法として呪術領域の反魔法結界というのがあるけど、あっちは完全にこれとは別物の性能。こっちは一応純然たる攻撃魔法だ。

     これまでもシーカーレイスーパーレイで鏡を活用した攻撃はしてきたわけだけど、これまでが単なる反射、つまり一次元的なの攻撃だったのに対し、この封魔結界ではいよいよでの攻撃を考える必要があるというわけだ。

     勿論こういう魔法だっていうこと自体はこれまでもSpoilerやら、あとニコ動でこれでJ戦を戦う動画なんかもあるのでそこで見てきたわけだけど、それだけじゃ分からない疑問なんかも山程あるのでまずは実際に試してみることに。
     


     見ての通り画像ではアイスワイアームが@と鏡2個で出来る三角形の中に入っているのでダメージを受けている。威力が(レベル*11+5)なので現状でも478点。魔力属性なのも加味すると火力だけみれば抜群だ。

     ただ魔法の特性上、単にこうして相手を囲むだけなら難度を下げて威力を若干上げた代わりに超面倒になった魔力の嵐でしかない。なにかもっと工夫する手段があるはずだということで色々試してみる。


    画面中央下の白Dは氷竜『ブラムド』。レベル60の善良ユニークだ。

     画像では@の右と左下にそれぞれ2つずつ、視界内に鏡を設置してみた。ちなみに鏡使いの設置する鏡は@の視界内にあって更に光源内にあると、@の視界内で光源外であれば、視界内にない場合はと色が変わる。封魔結界を使う上ではこと重要な情報なので覚えておきたい。
     この配置で重要なのは@から見て三角形が出来る鏡は確保できている=封魔結界の発動ができることと、(おそらく)Dがこの三角形内にいること、そしてDが@を視認できていないこと、つまりLoSを満たしていることだ。つまりこの封魔結界を上手く使えばLoS攻撃ができるのではないかという実験だ。これができるなら多少の手間をかけてでも使い出があるというものだ。

     というわけで早速チャレンジ!



     うむ……? 発動できない。ちなみに通常の詠唱失敗の場合は別のテキストが出るのでそういう問題ではない。つまりこれで分かるのは詠唱時に視界内に封魔結界の対象になる鏡が3つ以上ある場合はそこからランダムに2個選んで、それで三角形が作れなければ問答無用で失敗。あらためて三角形が作れる鏡を選び直してくれるというようなことはないらしい。

     うーん、この時点でなんとなく暗雲が立ち込めてきた気がするぞ
     というのも、上の封魔結界の説明にしれっと書いてあるけど、封魔結界は『攻撃後,1/7の確率で一方の鏡が壊れる』。「一方の」と明記されているのでそれぞれ1/7という判定ではないだろうけど、いざ使ってみるとやはりそれなりの頻度で鏡が壊れてしまう。
     それを防ごうと思ってこういう風にそれぞれの方向に『予備』の鏡を置いてみたわけだが、そうするとそもそも発動すらできない可能性もある、と。当然MPも持っていかれるし、かといって別方向に置いたらそもそも三角形の範囲が変わってしまって元も子もない。これは中々融通が効かないぞ……

     とはいえ鏡使いならレベルと知能を上げれば鏡抜けの失率0%にできるし、これでLoS攻撃ができるならまあそれくらいは目を瞑ってもいいか……



     と、思っていたのだが。詠唱に成功してもDに一向にダメージが入らない。というか(スクショ取るのが難しくて画像がないのだけど)封魔結界が成功するとブレス魔法のようなエフェクトが出るのだけど、どうにもDのいる位置にエフェクトが出ていない気が……なにせこちらからも敵のいる位置が視界外なので何が起きてるか分かりにくい。
     イマイチまだ何がどういう条件なのか分からないので、ちょっと地形をいじってみる。



     ちょっと壁を削ってみた図。まだギリギリDからは@は見えていない。しかしこれでもダメ……結局更に壁を削って@とDが互いに完全に視界内に入るまで封魔結界は当たらなかった

     うーん、どういうことなんだろうなぁ。まあそもそもこの封魔結界自体あんまり便利な魔法とか使い方とか各所で見ないしそういうことなんだろうか……
     
     とはいえまだ諦めるには早い。本当はちょっとこの後のプレイ内容と前後するのだけど、もうちょっと仕様を詳しく理解したいのでもう少し実験を続けてみることにする。



     今度はこういう形でKを囲んでみた。さっきのDの時は鏡と鏡の間が完全に壁で断絶していたけど、これなら鏡と鏡の間は完全に動線が確保されている
     まだ詳しい理屈は分からないけど、これならどうだ!



     ……ダメだ。やはりKにダメージが入らない
     どうにもエフェクトの動きを見る限り上の壁に当たると攻撃がそこで止まってしまっている気がする。となるとやはり途中に壁があるとダメなのかもしれない。



     ということで今度はガッツリ上の壁を削ってみた。最早上の鏡とKの間に完全に障害物がない状態だ。流石にこれなら……!

     と思いきや、やっぱりダメ。何度連打してみてもKには1ダメージも入りゃしない。
     どういうことなんだ……と思って魔法発動時に出るエフェクトを凝視していたのだが、どうにも攻撃エフェクトがKの上にある暗い穴(#←これ)あたりで止まっているような気がする

     ……まさか封魔結界の攻撃は穴の上を飛び越せない……?

     いやしかし、そんなことあるか? と半信半疑になるものの、試しもせずに否定もできないので、今度は@の位置を変えてみることに。



    見ての通り、さっき上の鏡があった辺りに@を移動し、逆に元いた場所に鏡を置いた。ここからならエフェクトがよく見えるはずだ。



     んで実際に使ってみると当たり前のようにKが死んだ。攻撃時に出るエフェクトも@が右にいたところより遥かに広範囲に広がっている気がする。どういうことだ。頂点の位置が同じ(厳密には見ての通り上の頂点が1マス下にずれているけど)でも@の位置で攻撃判定が違うということか

     とはいえここまで来ると最早ほぼ答えは見えたも同然だ。さっきのDの時といい、このKの時といい、敵を攻撃に巻き込める時と巻き込めない時の最大の違いは敵を@の視界内に入れているかどうかだ

     結局この後も少し色々試してみたが、結論から言うと、封魔結界の発動条件は「鏡2個と@で三角形が作れること」だが、攻撃判定の発生には更に条件がもうひとつあって

    その鏡と@で出来た三角形の内でかつ@の視界内

    にのみ攻撃が発生する、ということが分かった。



     少し雑な感じで申し訳ないのだが、上の画像は先程までの鏡の配置()に加え、分かりやすいようにギリギリ@の視界内である位置)に追加で鏡を置いてみたものだ。この状態で封魔結界を使い、先程と同じ用にIで封魔結界が発動する場合、攻撃判定は@の視界内であるⅠⅡⅢⅣの2つの三角形に分割される形で発生するのとなりにあるⅢ'は視界外であるため、その場所には攻撃判定は発生しない。

     この仮説についてもう少し確かめるためにさらにもうひとつパターンを用意してみた。



     見ての通り、鏡2つと敵に視線が通った「だけ」とも言える状態だ。



     今度はダメージを与えることに成功した。エフェクトが出ている所をスクショするのが非常に難しいので画像では伝わりにくくて申し訳ないのだが、2つの鏡とDに向かってビームのようにエフェクトも出ている。どうやら確定か。



     つまり封魔結界について分かった限りのことをまとめると……

    • 発動時に視界内にある全ての鏡のうちから2つ選択。もしその2つの鏡と@で三角形が作れない、あるいはそもそも視界内に2つ鏡がない場合は不発。MPもターンも消費してしまう。ちなみにこの時@の足元の鏡は視界内の鏡として扱われない(静水用に足元に鏡を置いていても大丈夫)

    • 発動条件を満たした場合、その三角形の中でかつ@の視界内魔力属性の攻撃判定。(視界内でさえあれば見えている壁にも攻撃判定が発生する? 壁の表面部分にいるティンダロスの猟犬にもダメージが入ったことを確認)。

    • 発動に成功した後1/7の確率で発動に用いられた鏡のどちらかが壊れる。ちなみに鏡は破片轟音属性の攻撃、あるいは鏡使いのクラスパワーである鏡割り割れ、割れた場合はその周囲に破片属性のボール攻撃が発生するのだが、封魔結界の場合は割れるのではなく壊れる破片のボールも発生しない。



     こんなところか。




















     あれ……もしかしてこれクソ魔法では?












     いや、攻撃性能自体は決して悪くはない。何せ攻撃魔法としては威力・難度・習得レベルの全てであの最終攻撃魔法の優等生ことカオス領域の魔力の嵐に勝っているのだ。
     ただまず発動の準備が非常に手間なのと、あと何より攻撃判定の問題で相手を視認していなければならないのでLoSが出来ないというのはメイジ系としては弱点になる。後半の敵は非常に強力な召喚を持っていることもあるので安易なLoSは逆に自分の首を締めかねないとはいえ、それでも強力な攻撃手段であることには変わりない。
     そして最後に鏡2個を視界内に収める都合上自分の周囲のマスを壁で埋めた状態で使用しづらい。つまり召喚で敵に囲まれる可能性が高くなる。これも鏡抜けが使える鏡使いなら*破壊*で対処できるとはいえ、破壊地形では壁堀りでも持っている敵で無い限り敵の進行ルートを予想しづらく、次の結界用の鏡配置先が分かりにくくなる可能性もある。
     


     上画像では@からアイスDが見えている。というか射線が通っていると考える方がいいか。もし@とDの位置が逆ならDはブレスを吐いてくる可能性のある位置関係だ。
     ついでに距離的には右側にある鏡も見えているはずなのだが、鏡の色を見て分かる通り@からは見えない判定らしい。この斜めの壁で視界が遮られる状況はLoSトリックの基本的な状態とも言えるが、どうやらこういった形でのLoSもできないらしい……


    ボール魔法の鏡砕きで鏡のある位置を指定できる。変愚の魔法は指定したボルト(ビーム)系・ボール系魔法ともに指定した位置と@の間で直線的な動線が確保されないとその位置は指定できない。視線と射線は違うということらしい。


    上画像は見ての通り左側に並んだ2つの鏡は@の視界内にある……はずなのだが、封魔結界は発動できない


    この位置までずらすと発動できるようになるが、この位置ではいずれにせよDに当たらない……

     自分で思いつく限り色々試したみたのはいいものの、結局有効なLoSに活用できそうな鏡配置は見つからなかった。正直なところこれが全て正しいかと言われると自信はない。何か穴があって実際はもっと便利な使い方があるかもしれないが……
     実際鏡が壊れることに関しては1個くらい鏡が壊れても大丈夫な配置のやり方はあるし、先述の通り*破壊*があれば召喚には対応可能。しかも岩肌化・魔防上昇・分身に最終魔法として無敵化まであるし、そもそも一般的なLoSとしては200点あるスーパーレイがあるのである程度は代用が効く。

     まあ流石にクソ魔法は言い過ぎたとして、ただこんな一見複雑な条件がある攻撃魔法ということで、「何かしら工夫をすることで他の魔法にはないような独特な攻撃ができるのではないか」というような期待があっただけにこれはちょっと残念な結果に終わってしまった。「鏡魔法」という便利領域の攻撃魔法としては十分、っていう認識なのかな。
     一応活用の仕方に関しては色々考えてはいるけど、もし「こんな使い方ができるぞ」というのがあれば是非教えて欲しい。


    そういえば検証途中に倒したヴェノムDから★カンベレグが。後続の@のために情報を残す報酬と思ってありがたくいただいておこう。



     さて、じゃあここらで検証については置いておいて、レベル上げや装備集めに励むとしよう。
     封魔結界が手軽に使うというにはちょっと微妙な使い勝手というのも分かったし(そもそもまだ失率も30%近く残っている)、ステも貧弱な今は中の人と同等以上に@自体のレベルが必要な段階だ。一旦封魔結界のことは忘れてワイアームやら一部のユニーク狩りをしよう。


     で、早速見つけた『ブランド』。こいつはアンバーの王族の中では珍しく召喚を持たない。つまり簡単にLoSで倒せる。運良く見ての通り相手が出てこられない地形にハマっていたのでスーパーレイでちくちく。




     あっ。




     しかも追加rとは……実はこれを拾った時にピンポイントで抜けてたのでとてもありがたい。



     かなり加速に余裕もできたので、Aシンボルだけど実は人間の『エミリオ・ミハイロフ』を撃破。これまでAシンボルのユニークってだけで食わず嫌いしてたけど、こいつも召喚持ってないんだね……とはいえ高威力の閃光属性攻撃があるので耐性抜けは危険。



     んでまさかの★『クリムゾン』ゲット。★ブランドボウ拾う前なら小躍りして喜んだだろうけど……



     あとはちょっと試したいこともあって画像の位置で『アンカラゴン』と交戦。
     この『アンカラゴン』は58レベルのDユニークでブレス使いなのだけど、召喚も持っているためなかなか油断できない相手。上画像の位置関係だとこちらからスーパーレイを当てられるけど、向こうからはこっちが見えていない(……はず)なのでLoS反撃で召喚が飛んでくる。
     このLoS反撃の召喚について、今まではLoS攻撃すると必ず反撃で召喚がくるものだと思いこんでいたけど、どうもそうでないのではと思ったので実際にLoS主体でやってみた。

     結論から言うとLoSに対する反撃は間違いなく100%ではなかった。攻撃後ふらっと穴の前をうろうろすることもあれば、当然反撃召喚が飛んでくることもある。これに関しては相手の魔法使用率の問題なのかもしれない。LoS攻撃を食らった後の行動で魔法が選ばれればそれが100%召喚になるということなのか? 知っている人にとっては当たり前だろう、と思われることかもしれないが、所詮自分の知識などこの程度。今でも分からないことばかりである。

     ついでに言えば上画像では『アンカラゴン』が穴の前をうろうろ動いていた図なのだが、そもそも『アンカラゴン』は飛行フラグを持っているので深い穴を超えることができるはずだ。それなのにそうすることもなくこっちに寄って来ないからLoSが成立してる。
     これに関しても敵は飛行を持っていても@の視界外じゃ深い穴を超えられないとか色々ルールがあったはずだ。
     さらに言えばこうしてLoS攻撃で一方的に叩いていた途中、突然思い出したかのように穴の上に進んできたこともあった。敵の移動ひとつとっても実は@がダンジョン内を歩くと@の匂いが一定期間マップに記憶されるとか一見しただけじゃ分からない仕様がいっぱいある。ほんと知らないことばっかりだなぁ。



     いくつかのユニーク狩りを経て良装備も手に入ったので、そろそろ本格的に経験値稼ぎに重きをおくことに。

     ただいつまで経っても『ストームブリンガー』が見つからない。これさえあればヒーロー薬と聖唱歌でドーピングすればヴェノムワイアームあたりをクローン増殖して狩れるんだけど……

     まあないものは仕方ないのでちまちま毒針でワイアームを倒していくかなーと思っていた矢先に



     古代クイックシルバードラゴンを発見。こいつは古代Dシリーズとしては最高クラスのレベル(lv49)で加速と打撃力高め、HPも2000超えとそこそこの戦闘能力だけどブレスを一切吐かない。単純な打撃だけなら石肌と分身が併用できる鏡使いなら楽にいなせるので、こいつにクローン棒を振って増やしながらスーパーレイでまとめて処理していくことに。当然MPはすぐに切れるけど、幻惑の光と静水があればそれも大した問題にならない。

     これで数十万ほど経験値を稼いで現在レベル45。職によってはそろそろオベロン・J戦に向けて色々考えて行く頃だけど、今の@じゃとてもじゃないけどなぁ……

     もう少しレベル上げは続けるとして、いくらなんでもHPがしょっぱすぎるので最後に今回は宝物庫クエへ。これまでずっと★ハゲ槍が有用だったので放置してたけど今回の報酬はつらぬき丸。攻腕器耐+2の有能装備だ。


    r暗は追加耐性。普段はあんまりだけど埋まる分にはありがたい。昔は宝物庫の固定報酬だったらしい。

     とまあこんな感じで耐久重視で装備をあれこれした結果ようやくHPが600を突破。これで深層も多少なんとかなるかな? ただ一方でまだ知能が全然だったりで深層攻略はもうちょっと遠そう。今回画像ばっか多くてページ内容の割りに大分中身薄いんだけど、次回もちょっと進展少なめになっちゃうかなー……

     とりあえずdump投げて今回はここまで。耐性多少犠牲にしても耐久知能のステ意識した装備組んだ方が良さそう?

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。