ゲームプレイ日記(すばしっこいゾンビ修行僧で*勝利*@変愚蛮怒)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゲームプレイ日記(すばしっこいゾンビ修行僧で*勝利*@変愚蛮怒)

2019-12-27 02:37

    勝利Dump


     変愚プレイヤーに「最強の職は?」という質問をすると大抵「修行僧かアーチャー」と言われるわけだけど、いくらなんでもおかしすぎる性能してる上にアホみたいな引き強を発揮して初プレイ一発8時間切り。俺の戦士の1ヶ月なんだったの?

     ビルドはどうせ攻撃を魔法に頼る職じゃないということで、最悪一時耐性だけ使えればいいやと賢さは捨てて肉体系のステ補正の強烈なゾンビに器用+のすばしっこいを選択。魔法はひどいことになるけどrが自前+rは古い城報酬で埋まるので最終戦の耐性がほぼ気にならず、少しでも器用を高めることで早くから打撃回数を増やす方がいいだろうと考えた結果こうなった。実際腕力が相当低くなってしまったこと以外はかなりハマったと思う。まあ最大MP少なすぎる上に失率もたっかいのでところどころ魔法失敗してすぐガス欠っていうのはあったけど。森林生成失敗でアリーナ勝てなかったのは残念。
     火力は二刀流戦士に比べると流石に若干劣るのかなーと思ったがまずその時点でおかしい。さらに実際は打撃で朦朧付与とかいうとち狂った仕様のおかげで継戦能力が天と地ほど違う。そもそも武器を気にする必要がないし、挙げ句の果てに自然領域は4冊目がクエスト報酬で得られるので無限啓蒙手段が確定入手。射撃性能も射撃速度向上こそないものの命中はトップクラス、魔道具も得意と来たもんだ。

     当然弱点がないわけではなく、まず通常のデュアル職以上の重量制限がある。修行僧の装備制限というのは最大MPだけじゃなく打撃回数とかにも響いてくるのでかなり重要なペナルティの……はずなんだけど、まず装備数が少ないほどACが上がるとかいうWizライク(というか元はどちらもD&Dらしいが)な職特性のせいで序盤は下手な防具を着けるより装備なしの方が固い。というかワーグ~テングクエくらいの最序盤だと重量制限のために装備を抜いてるのに他の打撃職で割と装備が充実してる場合くらいのACがあったりしてでまったくもって制限が機能してない。その一方でちゃっかり職特性で加速まで付くし。何より殴り職の鎧として最高峰の★シヴァジャケが確定入手なので、一番重量が気になる部分が固定になってしまって以降は細々とした装備の調整があるだけだ。
     一応一般的な修行僧のプレイで有り得そうな難点と言えば、rが見込める★装備が大抵武器だったり、かなり重めの★鎧だったり★恐怖の仮面だったりなので装備の引き次第では殴り職なのにrが埋めにくくて苦労する可能性はある。ただそれも今回は早めから★ベルスロ入手→龍窟で『ブランド』見ないので狙って56FRQに行ったら当然のように追加rの★ブランドボウをドロップしたせいで苦にもならなかった。
     それ以外にも大抵の欲しい物が欲しいタイミングで手に入ったおかげでご覧のタイムである。初プレイなのに(勿論スコアサーバーにはこれより早い人はいくらでもいるが)。



     まあ流行りのガチャゲーとかじゃないんで強い職は強い職、弱い職は弱い職っていうのはそれはそれでバリエーションとしてありっていうのは分かる。
     ただずっと頑張ってた戦士が、隠密もダメ、魔道具もダメ(このゲーム、普通にプレイする分には魔道具スキルはほぼ一部の脳筋職の制限としてしか機能してない気がする)、罠探知ですらもなんでかメイジ以下(罠を探すのは目を凝らすとか肉体的な動作ではないのだろうか)、とどめに搦手が使えないから戦闘特化と思いきやタイマンのはずの闘技場もむしろ終盤はお祈りゲーという、「戦士とは名ばかりで実際は教養もなにもないならず者紛いの冒険家がとりあえずで名乗る職」とでもいうようなシビアなファンタジー世界の住人だとしたら、修行僧は完全に「僕の考えた最強の職」って感じでとてもじゃないけど同じ世界の存在とは思えない。それくらい強かった。

     なんていうか、別にそれに対して腹立ててみたり呆れてみたりしたところで何の意味もない(重ねて言うが、強い職弱い職があること自体はむしろ遊びの幅としていいことだ。選択は自由なわけだし)のだけど、それでも納得しきれない自分がいる。そんな理不尽なまでの強さの職だった。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。