ドラゴンクエストⅢとかいう不朽の名作@ゲームプレイ日記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドラゴンクエストⅢとかいう不朽の名作@ゲームプレイ日記

2020-01-09 22:59
  • 8









 そうだ、DQⅢやろう。


















 完全にノリがJ●東海。
 いや、いつもこのプレイ日記で変愚の記事上げてるわけだけど、普段から変愚だけってわけじゃなくて、千年戦争アイギスとか御城プロジェクトとか花騎士とか別ゲーも普通に遊んではいる(全部DMMゲーだけど)。
 遊んではいるんだけどこのうちアイギスと城プロはそこそこしっかりしたタワーディフェンスなのでがっつり遊ぶにはちょっと腰を落ち着けてやる必要はあるし、変愚は変愚でなんかちょっとプレイ時間と日記の方が気になってダラダラ遊びにくい(あとベッドでゴロゴロしながらプレイできない)のでこれもちょっと気楽にプレイしづらい。
 加えてちょっと変愚以外のモチベが落ち込み気味でなんかベッドに引きこもりながら遊べるゲームがなくなってしまったので、だったらちょっと前からやってみたいと思ってたゲームに手を出そうかなと。



 なんていうか、お手軽にゲームのプレイ動画とかが見られる(特にニコニコ的にはRTAの普及とかで色んなゲームのプレイ見ることが増えたと思う)環境の中でひしひしと感じるのが、往年の名作の中でも更に一歩抜きん出た「ゲーマーとしての一般教養タイトル」的な存在。まあ持って回った言い方をしたけど、要はかつて皆が遊んだタイトルのことだ。特にSFC時代の名作RPGとか、なんかちょっとコアなはずの攻略やデータも当然のように周知されている、あるいはその手のサブカル界隈では周知されていることが前提として扱われるようなレベルの作品っていうのがある。
 勿論それらを遊んでないとゲーマーじゃないというような気持ちは全くないけど、ギリギリその手の作品の世代にかかるかかからないかという年齢の割には、案外そこら辺の名作で手つかずのタイトルがかなりあって、いつかはちょっと触っておきたいなーという気持ちは前々からあった。

 以前弟と久しぶりに会った時にそういう話題になって(その時話題になったのはメガテン・ロマサガとか、古いタイトルだけじゃなくてUNDERTAILなんかも)、機会があったら渋ってないでまず手を出そうと思っていたところになんとなくゲームキャパの隙間が出来たというわけだ。これは今しかないなと。そうだ、なんかやろう。その中で真っ先に思い浮かんだのがドラクエⅢだったというわけだ。

 このドラクエⅢ、社会現象にもなったビッグタイトルというのは知っていたけど、実際にしっかりとしたプレイに触れたのは某氏のRTAが初めてだった。当然RTAだからストーリーも飛ばし飛ばしな上に高度に効率化されたプレイになるわけだけど、そういった様々要素を極端に削ぎ落としたプレイからも溢れ出るほどのゲーム性の高さが見て取れた。
 まあぶっちゃけて言えば面白そうだったというそれに尽きる。結局はこれが大事。もうこれは自分でやるしかないなと。

 ただ、こんなこと言っておきながら現在据え置き・携帯を問わずコンシューマー機が手元にないので遊べるのはPC版がスマホ移植があるタイトル……ということで選んだのがスマホ版ドラクエⅢ。これはほぼガラケーで配信されていたガラケー版のベタ移植らしいということだったのでちょっとゲーム性的にどうかなと思ったのだけど、結論から言えば流石に操作性でコントローラーが使えるコンシューマー版には劣るけど、ゲームバランス的には全く問題ない作品だと思う。





 さて、能書きが長くなってしまったけどここから実際に遊んだ感想。
 
 結論から言うと

 超クッソ激烈に面白かった。

 もうね、ヤバいわ。DQⅢってそろそろ生誕32周年になるんだけど今やってもすげー面白い。戦闘も探索もこんなに丁寧に作れるんだなーって
 DQⅢの売りのひとつに多分探索の自由度の高さがあると思うんだけど、単に自由度が高いだけじゃなくてひとつひとつのサブクエストにもきちんと町人の会話なんかに導線があって自由にMAPを移動しつつも行き先が分からず完全に詰むことは少ない。というか普段変愚とかいう導線もへったくれもないゲーム(これはこれで褒め言葉です)ばっかりやってるから、この丁寧に誘導される感じはなんというか感動すら覚える。中盤以降何がどこにあるか分からないということは何度かあった(というかそれを探すゲーム)のだけど、困ったらきちんとしらみつぶしに町人と会話をすればどこかに必ずちゃんとヒントがある。特に船が開放されるまではそれさえ徹底しておけば進行で詰むことはまずないと思う。というかむしろダンジョンよりも町中をしっかり探索するのが重要なゲームと言っても過言ではない。ストーリーに関わる重要アイテムがこんなに色んな町の隅とか城の中に落ちてるゲーム他にないんじゃなかろうか

 戦闘もとても楽しい。というかドラクエ自体は子供の頃にもⅤを遊んだりしたけど、大人になって他人のプレイなんかを見た後に自分で遊ぶとドラクエの戦闘ってこんなに工夫できるものなんだなあとしみじみ思う。子供の頃は戦闘中に使用できるアイテムなんか全然使わなかったけど、たとえば魔法使いにほしふるうでわを装備させた上でまふうじのつえを持たせることでエンカした敵に応じて先行マホトーンしたり、脳筋の敵と戦う時にはスクルトで被ダメを減らしたり、いかずちのつえが手に入ったら僧侶に持たせることでMP消費なく攻撃にも参加できるようにしたりと装備品や職業によって戦略幅が大きく広がる。
 自分の場合勇戦僧魔(のちに魔→賢、終盤に僧→賢)という鉄板編成で遊んだけど、SFCリメイク版以降ブーメランが装備できるようになって逐一装備を切り替えることで器用に立ち回れる勇者、素の攻撃力・HPの高さと装備できるアイテムの多さで堅実な強さの戦士、回復の要でありいかずちの杖が手に入ると活躍の幅が広がる僧侶、実は攻撃面だけじゃなくてスクルトやバイキルトといった強力なバフが使える魔法使いとそれぞれの個性を感じられる。加えて雑魚戦での経験値が先に進んでいくとちゃんと相応に増えていくので成長に停滞感がないのも嬉しいところ。

 オリジナル版とは戦闘バランスが違うところも多々あるとは思う(そもそもブーメランとか初出がⅤなのでオリジナルのFC版には当然ない)けど、それはそれで遊びやすさがある。ガラケー版だし中途半端なバランスになってたりしないかとか、ゲーム内のフォントがRPGツクールみたいで情緒がなさそうとかしょうもない猜疑心を持っていた俺を許してくれ。ちなみにこれで定価1200円。さらに購入当時は運良く年末年始のセール中で30%オフの860円。マジかよ。





 ただまあ手放しに褒められることばかりだったかというと、そうでないところもあるにはあった。その中でもちょっと辛かったのが「にげる」の仕様
 というのも雑魚戦も何度もやってると流石に面倒になってくるので逃げミスしても大丈夫な敵からは逃げてみようと思って何度か試してみるも何故か全然逃げられない。流石にちょっと気になって調べてみたところ、DQⅢは逃げの成功率が回数に応じて25・50・75・100と1回目の成功率が非常に低い。これのおかげで逃げに関しては1回目はまず失敗すると思っていいし、個人的には2逃げ成功もかなり少なかった気がする。逃げるならまず3逃げは覚悟しなきゃいけない。
 一応Ⅲは敵とのレベル差があれば確定逃げができるのだが、その必要なレベル差が大きく通常の探索だとまず恩恵に与れない。また逃げに失敗した際に全ての敵に確定に殴られるわけではなく、動くのは1体~全員のランダムというシステムもあるので運がよければそうダメージが嵩まないで済むのだけど、敵が動かない確率は(特にリメイク版では)そう高くないし、なにより中盤以降割と全体攻撃のブレス持ちや即死魔法持ちも少なくなくて逃げミスのリスクが高い

 まあでもこれだけなら対処が安定のゲーム(しっかり敵に対処していけば全狩りでもダンジョンを越えられるバランスにはなっている)ということで分からなくもないのだけど、問題はいよいよ中盤になって船を手に入れてから。DQⅢは船を手に入れたら一気に行動範囲が広がり、世界中を自由に巡りながら情報や重要アイテムを集めていくのが作品の特徴とも言える。攻略順もある程度自由なので初見プレイだと個性が出るところだと思うけど、とにかくその性質上必然的に船で移動する期間が長い。当然そうなると海のモンスターにエンカウントするわけだけど、船入手直後ならいざしらず、少し探索が進んでレベルが上がると海の大半のエンカは戦力的には格下同然になるのにいつまで経っても逃げられないのだ
 これが思いの外辛かった。というのも、とりあえず先に進んでみるということができるダンジョンと違って、このゲームで船で移動している時というのは先へ進むための手がかりをもとめて情報を整理しつつあちこち彷徨っている状態なので、この暗中模索状態の時に逃げづらい雑魚エンカが延々続くとまあ結構なストレスになる。特に自分は「さいごのカギ」が中々見つからず海をあちらこちら探す羽目になったのなおさらだった。実際DQⅢを買ってからそれこそ睡眠時間が削れるくらい熱中して遊んでたのだけど、この海上探索の途中で一回だけちょっと投げたくなった
 実はDQⅢは昔我が家にもSFC版があったのだけど、仮に当時遊ぼうとしたとしても「ゲームは1日1時間」というリアルルールがあった我が家では色んな町村で話を聞いて海上をあちこち探し回っていたらそれだけで1日のプレイが終わってしまったに違いない。
 (余談だけどDQ3は平均的なゲームの1プレイを2~3時間を想定していて、それくらいで1イベント消化できるくらいのバランスを考慮しているらしい。初代DQのレベルデザインもそうだが、このプレイ感の質を高めるための意識の高さとセンスはやっぱり他と比べて一線を画していると思う。)

 基本的に本作は適正レベルの敵と戦っていればしっかりレベルが上がっていく上に、かといって初対面のボス戦ではしっかり苦戦させてくれる神調整と言っていいのだけど、海エンカだけはいわゆる「マズいエンカ」なので、正直ここだけは辛かった……
 あと自分は上世界でひかりのたまの入手場所を見落としたままアレフガルドに行ってしまい、上世界にあるのは情報で得られるものの「何か下世界でフラグを立てるのだろうか」と勘違いした結果(実際はラーミア解放後即入手可能)、ひかりのたまがないままゾーマ手前まで行ってしまい魔王城を2回踏破することになってしまった。別にそれは自分のミスなのでいいのだけど、適正レベルの敵が潤沢に経験値をくれる&逃げにくいという仕様のせいで二回目の魔王城行脚でちょっとレベルが上がりすぎたのか、今なおゲーム界の魔王中の魔王たるゾーマがやたら簡単に倒せてしまってちょっと拍子抜けしてしまった。まあレベル30台後半あたりからゲームクリアを見据えてかどのキャラも(特に勇者)飛躍的に成長していた気がするので大差はなかったのかもしれないけど、もしにげるがもうちょっと使いやすかったらもう少し苦戦するレベルでたどり着けたのかと思わなくもない。





 まあちょっとケチ付ける方の文面が長くなってしまったけど、でも逆に言えばケチが付きそうなのは本当にこれくらいしかない。一応これ以外にも魔法使いにほしふるうでわを装備させて先行補助役にし、戦闘中に道具として使うと呪文が使えるアイテムをしっかり活躍させたら魔法使いの攻撃呪文の出番がほとんどなくなってしまったなんてこともあったけど、そこら辺は個人のプレイに左右される範疇だし、そもそも戦闘中に武器を道具として使えるのはその武器を装備できる職だけという仕様もあるので、そこもまたゲーム性の広がりの一端を担っているとも言える。というかそういうプレイがしてみたくて買ったわけだし。

 実は初代・ⅡはGB版で触ったことがある(Ⅱはクリアはしてない)のである程度は覚えているけど、それを思い出すとⅢの進化っぷりは凄い。色々チップの容量増加とかあるとはいえ元のハードが同じでここまで出来ちゃうんだなぁと。ついでに言うとⅣ、ⅤもDSリメイクでクリアしてはいるけど、正直なところ後の作品と比べてもゲーム性で劣るとは全く思わなかった。Ⅴの味方モンスターシステムは別格に好きな要素ではあるけどもね。




これが32年前。そら学校サボってでも欲しいわ

広告
×
賢者が二人……だと……?

「一般教養タイトル」っていうのは言い得て妙、
知らないとなんかこっちが申し訳ない気がしてくるね。
1ヶ月前
×
>>1
オッスオッス!
なんかリメイク版だと最終盤にさとりのしょ1冊追加されてるらしいっすよ(街中で簡単に入手可能)

まああんまり「〇〇やってないのはモグリ」的なのはロートルっぽくて嫌なんだけど、皆が「面白い」って言うタイトルにはちゃんと理由があると思うので、ちょっとでも自分の食指が動いたら躊躇わずにやってみる方がむしろためになるかなと。

というわけで自分でやってみて色々分かったし、俺、DQⅢのRTA動画漁ってくるから……
1ヶ月前
×
序盤遊び人にして2賢者にしてたわ。
ドラクエⅢほんと面白いよね…記事読んだらまたやりたくなった。
1ヶ月前
×
丁度この冬からPS4でドラクエ3始めてたのでタイムリーな記事でした。
恥ずかしながらFC版現役世代でして、並んで買った思い出などに浸りながら30年ぶり二度目の冒険をしております。
SFC版に準じた内容とのことで、追加要素などに新鮮な驚きを感じつつ楽しんでます。というか、30年経っても結構内容覚えてる自分にも驚いてますw 当時さんざん友人らと攻略情報をやりとりしまくったので基本進行で詰まるところがなく、主さんの完全初見ゆえの海に出られるようになってからの冗長さ、という感想が新鮮でした。
子供のころには気付かなかった楽しさや工夫を再発見できたのですが、それはこちらの記事で書かれていることと一致するものばかりで、こういう要素が当時の大ヒットに繋がったんだろうなーと、今になってしみじみ感じ入る次第です。

編成は勇者、盗賊、僧侶、遊び人。初代になかった要素・やらなかったプレイで冒険中。盗賊が楽しすぎる!
1ヶ月前
×
ぶとうかに「こ゛くう」とつけたのはいいおもひで。
1ヶ月前
×
雑魚戦が逃げられずにうざいと思ったらトヘロス(格下の敵のエンカを封じる呪文)や聖水を使えばええんやで(ただしダンジョン内は無効)
1ヶ月前
×
今は消えてしまったのだけど、RTAの駅伝(ロトシリーズ)大会が面白かった。
解説も良かったし。
3チーム同時画面の動画、持っている人はうpしてくれんやろか・・・
1ヶ月前
×
未だにファミコン版が好きなのだけどプレイできる環境が少なくて困りもの
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。