限定カードを揃えられなかった敗北者による郵送カードトレードのすゝめ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

限定カードを揃えられなかった敗北者による郵送カードトレードのすゝめ

2020-04-13 11:52
    【前書き】
    みなさんパックをカートン買いしてますか!!

    おはこんばんにちは、とくに欲しいカードがなくてもパックを剥いてるだけで楽しい幽輝です。

    先日ネット超会議の「インパクト・ミー!」バーチャルくじを回しまして、案の定限定カードはコンプリートできなかった民なので後日郵送トレを募集しようと思い、同じようなことを考えている方向けに記事を書くことにしました。
    需要があるかは、知らん!!(迫真)

    私はTCGをちょこちょこかじっており、そこでの経験やネット上で見た記事を元に内容を構成しています。
    既に郵送トレ玄人の方には耳タコ内容であること、また個人的な意見が多分に含まれますのでその点はご了承ください。


    【目次】

    郵送トレ―ドのメリットデメリット
    募集のやり方
    梱包のやり方(グッズなどの郵送トレに慣れている方はここだけ読めばOK)
    発送のやり方
    終わりに

    【ここから本題】

    郵送トレードのメリットデメリット

    郵送カードトレ―ドのノウハウをお伝えする上で、まず郵送トレ―ドそのものの特徴についてきちんと知っていただきたいのでそこから書きます。
    既にグッズなどのトレ―ド経験がある方には不要な内容ですので飛ばしてください。

    カードを他人と交換する場合、郵送以外に手渡しで交換するという方法もありますね。
    私としては、容易に手渡しでのトレードが成立する状況なら手渡しで交換する方がベターだと考えています。
    なぜなら、

    ・状態をその場で確認できる。
    ・詐欺にあう心配がない
    ・送料がかからない
    ・個人情報が不要

    などの利点が非常に大きいからです。
    因みに、初対面の相手と手渡しでの交換をする時は、駅の構内を取引場所に選ぶのがオススメです。

    逆に、郵送トレードを使う必要があるケースを考えてみると、

    ・相手と直接会うことが難しい。

    これくらいしか思いつきません。
    少し細かく言うならば、トレード条件的に成立が難しく遠方の相手と取引せざるを得ない、現状の外出自粛など特殊な事情により会いに行けない、などがあります。
    つまり郵送トレ―ドのメリットは、

    ・状況、相手を選ばず取引が可能

    なことです。
    手軽に取引できる郵送トレードですが、さきほど描いた手渡しでのメリット部分が郵送においては全てリスクとして降りかかってきます。
    詐欺にあったら?カードの状態が悪かったら?個人情報を相手に教えても大丈夫?
    と考えると、少し怖くもなりますよね。
    じゃあ、どうすればいいのか。
    先ほど相手を選ばずと書きましたが、これは不正確な表現でした。
    相手は選ばないとダメです。
    信用できる相手を探しましょう。
    信用できないと思ったら勇気を出して丁重にお断りしましょう。

    それに加えて大事なことは、自分も相手に信用されるようにふるまうことです。
    具体的にどうすればいいのかは各々の感覚にお任せしますが、私の主観を述べるなら「最初にきちんとあいさつをする」「敬語を正しく使う」「返事は遅くても1日以内に返す」あたりを守っていただける方だと安心できます。
    稀によくあることかと思いますが、うっかりを含め返事が遅くなってしまった場合にそのままフェードアウトするのは絶対にやめましょう。
    きちんと謝罪をすればそこまで印象は悪くならないはずです。
    また、郵送トレ―ドをする際になんとなく不安を感じるのは別段おかしなことではないので、「確認のため別角度の写真をいただいてもいいですか?」などの要望を受けた際は、気を悪くせず無理のない範囲で応えてあげましょう。

    ……というような心掛けは大事ですが、もし誠心誠意心配りをしてやり取りしていたのに断られた場合、あまり落ち込む必要はないと思います。
    世の中には特別神経質な方もいるので、切り替えて他の取引相手を探しましょう。


    募集のやり方

    ここではTwitter上で募集する場合を想定しますので、他でやりたい方はうまいこと応用してください。

    まずツイートに載せるべき情報は
    【必須】
    ・トレ―ドする品目
    ・郵送希望であること
    ・何を出せるのか
    ・何を欲しいのか

    【可能なら】
    ・発送方法
    ・発送タイミング
    ・トレ―ドに出すものの写真
    ・連絡方法

    とりあえずこの辺をきちんと書いておけば大丈夫だと思います。
    有志がトレ―ド用のハッシュタグを作成してくれている場合は、それを使うのもいいですね。
    以上をふまえてツイート例を書いてみます。
    我々だインパクト・ミー!バーチャルくじカード交換募集

    郵送希望

    譲)B賞(カード)tn

    求)B賞(カード)rb 又はut どちらか1点

    原則1対1、同時発送希望、クリックポストを使う予定です。
    検索からでもお声掛けください。

    (※7月12日修正、より検索で引っかかりやすそうな表記に変えました。)
    こんな感じですかね。
    出すもの欲しいものが複数あって文字数がオーバーする場合はツリーでぶらさげておけばいいんじゃないでしょうか。

    一応同時発送と先送りについて説明しておきますと、同時発送とは文字通り同じタイミング(個人的には同じ日に、くらいの感覚)で発送をすることで通常はこれを選んでおくのが無難です。
    「先送り可能」と書くと、こちらが先に発送し到着を確認したらそちらから発送でいいですよ、という意味になります。
    相手をより安心させる効果がありますが、当然自分の側にリスクが伴うやり方です。
    高額商品でかつ、自分の出す条件があまりよくない場合に使うことがあるかもしれません。
    逆に「先送り希望」は相手からの到着を待ってこちらから発送する方法ですが、よほど自分の側が不利になるトレード条件でないと成立しないと思うので、使わない方がいいでしょう。

    画像についてですが、普通にスマホのカメラで撮る際に自分のアカウント名(@~)の文字を付箋かなにかに書いて入れておくとより良いかと思います。
    悪用する人がいないとも限らないので念のため、ですね。



    梱包のやり方

    お待たせしました、ある意味ようやく本題という所でしょうか。
    ここでは発送品がカードであることを前提にした梱包についてご説明します。

    【用意するもの】
    ・スリーブ(場合によっては不要)
    ・ダンボール
    ・ラップ
    ・封筒
    ・テープ
    ・ハサミ
    ・ローダー(あればベター)

    スリーブは日常的にカードを扱う方ならご存知かと思いますが、カードにピッタリなサイズの透明なカバー的なものです。
    カードの汚れやキズを防いでくれるので、カードが開封済みの場合はスリーブに入れましょう。
    カードショップや通販サイトの他、ググったところダイソー・セリア・キャンドゥなどの百均でも買えるとの情報がありました。
    もしカードが密封された袋などに入っている場合、スリーブは不要です。

    もう一つ、ローダーについてはTCGプレイヤーでもナニソレ?という方もいるかもしれません。
    これは下敷きのような素材でできた、スリーブより硬いカードケースです。
    詳しく知りたい方はググれば画像が出ます。
    百均で買えますが、個人的にはローダーは必須ではないけどあれば安心というアイテム。
    あとトレ―ド用に使いまわせるので、相手から送られてきたものがローダーに入ってるとちょっとうれしいという効果もあります。

    で、ここからが梱包の手順の説明です。

    1.カードをスリーブに入れる。
    2.カードをローダーに入れる。(ローダーなしの場合はダンボールを二重にするなどの工夫を)
    3.ちょうどいい大きさに切ったダンボールではさみ、テープで止める。
    4.ラップでまく
    5.封筒に入れて封をする。

    1~3が、折れたりキズがついたりしないようにする対策、4は水濡れ対策です。
    カードはとても繊細なので、きちんと保護してあげましょう。

    因みに手書きのメッセージメモなどをそえる方もいますが、これは絶対やらないといけないわけではありません。
    入れたければれば入れてもいいし、なくても失礼にはあたらないし、送られた側もなかったからといて落ち込む必要はないでしょう。
    大事なのは、トレ―ド品であるカードの保護をしっかりやることです。


    発送のやり方


    カードの場合は1枚だけなら定型郵便で送ることもできると思いますが、とくに初めての方との取引の場合はクリックポストを使うと安心度があがるかもしれません。

    クリックポストは日本郵便が運営するサービスで、

    ・ポストから投函し、郵便受けに届く
    ・ネット上で決済ができる
    ・追跡サービスがある

    が主な特徴です。
    運賃も全国一律198円、流石に郵便事故の補償はついていませんが、追跡サービスがある発送方法の中では一番安価ではないかと思います。

    ネット決済しかできないのは人によってはデメリットになりますが、バーチャルくじがクレカ決済限定だったので、今回に関しては問題ないはずです。

    ポストに投函したら、相手に「本日午後投函しました、追跡番号は~です」と連絡してあげましょう。
    すると、相手がクリックポストのサイト上で今荷物がどこあるか確認できるようになります。
    カードが届いたら開封して状態を確認し、「本日到着を確認しました。ありがとうございます。また機会があればよろしくお願いします。」とあいさつをして取引終了です。
    追跡番号があるので送り主からも到着確認はできますが、相手から報告があると安心するので報告してあげる方がよいと思います。


    終わりに

    長々とお付き合いいただきありがとうございます。
    しつこいようですが、この記事の内容は全て個人の経験と主観に基づくものです。
    この記事が参考になるよ!という形でシェアしていただくのは大歓迎ですが、この記事を根拠にして他人を批判する材料にするのは絶対にやめてください。
    なにかご質問等あればわかる範囲で暇な時にお答えします。
    それでは皆様、よいカードゲーマーライフをお過ごしください!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。