ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

特定秘密保護法 反対派に聞ききたいその強い意志と勇気。part2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

特定秘密保護法 反対派に聞ききたいその強い意志と勇気。part2

2013-12-08 10:35
    ブロマガ呼んでくれてありがとう!!

    Part1ではこの法律の目的や、今必要なんだ!っていう思いをつづりました!

    part2はこの法の気をつけなきゃいけない所と反対意見について意見します。

    ・この法律が海外との連携で必要不可欠であるということ。

    ・緊急時の国のヒーロー的存在になるであろう国家安全保障会議が機能するために必要である法律だと言うこと。

    ・緊急時に国家安全保障会議という組織が有効であるということ。

    この3つをメリットとして次はデメリット。

    よく聞きますよね

    「国民の知る権利が脅かされる!!!!」

    って主にテレビとか新聞で!

    確かに、そうなんです。法の源である憲法には国民の知る権利が保障されなくてはならないのd..................................................













    え?





    知る権利が脅かされるから反対って



































    そんな躍起だってデモなんて起こしてるけど




















    何が知りたい?




    この法律が施工される事によって公式的に隠される情報できることに反対してる???

















    防衛、外交に関する機密情報ってデモ行って暴れまわるほどみんな今まで求めてたっけ??








    まぁいいや、知る権利を申し出る人達みな軍事や外交のスペシャリストで

    「国対国の安全保障会議は信用してないから僕に安全保障会議やらせてよ!!!!!」


    ってひとか


    「実害は少ないかもしれないけど憲法はとにかく守れよ!!!!」

    っていう憲法信者??ていう人達か


    「は?なんで国を守る=海外と連携なんだよ!!!!!日本は最強なんだ!!!他の国に配慮して法律を作るなんてナンセンスだ!!」

    っていう根本的に否定している人か。(他にもあれば意見下さい)




    あ、話し逸れましたがとりあえず僕の中では「知る権利がー」って反対してる人は総じて納得いきません。憲法は誰の為の者????憲法を守るために国民を守る機関が機能できないってほんっと本末転倒感やばいですよねwwww



    とは言え、確かに国民の権利との兼ね合いは国民主権の日本では避けては通れぬ道です。
    他国ではそのバランスがしっかり取れているから法律を施工できたのだ
    っとおっしゃる方もいます。僕もその通りだと思います。


    じゃあさ!!!

    国民が必要になる情報は隠しません!

    しかし素人が知ったってどうしようもない軍事、外交防衛、他国組織との秘密などは秘密にします!


    これで文句ないっしょ!?!?!?!?


    一般生活には絶対必要ない情報を無理やりかつ故意に探ろうとするものを罰する。

    ってことだよ!? 


    最低でも、ここまでの話で自分に関係ある人話だなって思った人いますか?
    この法律出来たら自分困るなぁ~って人います?

    スパイ以外いないっすよね。



    一般生活には絶対必要ない情報を無理やりかつ故意に探ろうとするものを罰する。


    で!!!!!!!!!!!!!


    問題なのはこの機密情報のボーダーラインなんですよね。

    ここ次第で劇薬にもなれば毒にもなる。

    ここが一番気をつけなきゃいけない所なんですよ!!!!!!

    そうデメリットはここ。

    この法律を政府がしっかり管理できるのかどうか?

    ここですよね???

    逆にここがしっかりできていればみんなも出来て嬉しいですよね??

    だって日本がより安全になるのだから!!!!!!!!



    だったら廃案ってどういうこと??www

    失くした方がいいってどういうこと??www




    follow me → https://twitter.com/youkun0303

    【つづく】
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。