ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

同じモノをたくさん食べるより、色々なモノをつまみ食いするべき!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

同じモノをたくさん食べるより、色々なモノをつまみ食いするべき!

2015-07-11 13:09
    とある職場での会話。


    A子さん「新人のYさんって休みの日になると必ずキャバクラに行くらしいよ~?」

    B男さん「えぇ~!?ウソ~!?あの真面目なYさんがホント~!?」

    A子さん「そうそう!あとギャンブル癖もひどいらしくて....借金ばっかりって話も....

    B男さん「そうなんだぁ!?意外だなぁー。」

    B男さん(そうかぁ..Yさんにはあまり経理に関わる仕事は回さない方がいいかなぁ...なにか信用できないし)



    A子さんの噂はたちまち社内に広がり、Yさんにはそれとなく仕事が回ってこなくなりました。


    政治の世界ではA子さんが行った言動を

    ネガティブキャンペーン

    と呼び、主に選挙が行われた際、現与党の政策を貶め
    「あの人達は間違っているんだよ。でも僕たちはそれを正せるんだよ」
    と印象を与え自分たちに投票させる一つの手法で、決して汚いやり方ではありません。
    「間違った与党を正したい」という気持ちが野党のアイデンティティなわけでありますから。
    むしろそのネガティブキャンペーンの気持ちを強く持っていただきたい。

    正しい与党批判は国民の支持を得て、国民投票によって政治に反映される。
    このすばらしいシステムを今後とも続けていくべきだと感じます。



       

        しかし


    ネガティブキャンペーンが政治というフィールドで許される理由は
    国民投票というチェックがしっかり行き届いているから、
    正しくない批判は統計的にふるいに落とされていきます。

    極端な例で言いますと、

    △〇✖党「今の与党議員は全員裏金を通じて税金を横領しています!!(虚偽)」

    とある政党が街頭演説で与党のネガティブキャンペーンをするとします。
    根拠に乏しくそれを聞いた有権者は

    有権者「(決定的な証拠もないし....悪口を言いたいようにしか思えない.....
    .....次の選挙であの政党には票を入れないでおこう。)」

    といったように、言いたい放題にネガティブキャンペーンを言っている政党は
    有権者からの信頼をなくし、票がもらえなくなるチェック機能が働くのです。


    ではマスメディアによるネガティブキャンペーンどうでしょうか?


    メディアのチェック機能のお話の前に、日本国民はどこから政治に関する情報を手に入れるのか?

    昨年度総務省が「ICT基盤・サービスの高度化に伴う利用者意識の変化等に関する調査研究」と称して全国の国民にアンケートを行いました。 





    グラフ左側を見ていただくとわかるとおり
    国内、海外、地域別のニュース全般をテレビ、新聞から入手するという方の
    圧倒的な多さがわかるかと思います。国内のニュースに関して9割ですから。
    いくらインターネットやスマートフォンが普及しサービスが良くなろうとも
    未だに世論に対するテレビや新聞の影響力は大きいという事をご理解いただきたい。

    言い方を変えると

    主権者(国民)の情報の入口を統括をしている

    といっても過言ではないです。

    冒頭で紹介した例ででてきたB男さんは
    YさんとはあまりコミュニケーションがなくYさんに関する独自の情報がありません。
    その状況下でのA子さんが持ち出した借金の情報や、風俗好きという情報、
    これは情報の入口となり、B男さんにとって暫定的に一番信用する情報になります。


    国内与論に絶大な影響力を持つマスメディアが
    先ほど申し上げたネガティブキャンペーンを行えば国民9割の情報の入口となり、
    テレビや新聞を中心に情報を得ている有権者にとって暫定的に一番信用する情報となります。


    B男さんはA子さんの話だけで「信用できない人」とレッテルを張ってしまう


    メディアには政治と違いチェック機能がありません。
    チェック機能がないネガティブキャンペーンには
    充分に気をつけなければなりません。



    A子さんの話を鵜呑みにしたB男さん
    Yさんの事をもっと知ろうとしないがために.......


    結果A子さんが理想とする会社が生まれるのです!!


    B男さんが取るべき行動なんだったのか



    みなさんも考えてみてください。



    ---------------------------------------------------------------
    感想や文句何でも構いません!ぜひご意見ただけるとうれしいです♡
    Twitter⇁https://twitter.com/youkun0303
    ---------------------------------------------------------------



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。