第3回創掘祭の感想&自分語り
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第3回創掘祭の感想&自分語り

2020-10-23 15:00


    悠里です。

    前のブログはVG関係が多かったため、結構前に削除しました。
    今は深夜テンションでこの記事を書いてます。
    色々と意見相違があるでしょうが、
    ここで私の第三回創掘祭への感想を書いていきたいと思います。

    ・動画にしないのか?
    A:取れ高が少なかった。
     全体的な見返した結果として、当日の生放送のスケジュールやゲストなどの事を
     考えていた結果、仕事も重なり開始ぎりぎり鯖ログインからの生放送準備に追われ
     交流が少なかった…。
     結局、売店にもいけずじまいでした。マルチイベント初参加の弊害ですね…。

    ・なんで今頃?(イベントから一か月経過)
    A:今後も動画にできないと判断した。今回の件を語る場所がなかったから。
     ここは私の主観を書かせていただく。異論は認めない。
     しかし私は獣ではないので、意見は聞きます。DMでもコメント欄でも
     お好きにご意見を書いてください。(荒れたら消す)
     私だって言いたいことがある。
    でも私は意外にも忙しくてですね…

     (脱獄動画隔週水曜日更新中!次は10/28更新だよ!!
     見てね!!(ダイマ)
    まだ編集進捗0%(始めてない( ˘ω˘ )


    とっても長いのでご容赦を。

    ①開会式
    少しTwitterにもあげましたね。
    セリフを考えたのは前日です。ただちょっと長くなりすぎました。
    まさかセリフを途中で切られるとは・・・
    (最後まで気づいてセリフつけてくれた動画主さん達ありがとうございます)

    @応援枠のそせせをさんの動画が私が一番望んだ自己紹介をいち早くあげてくれたので
     ぜひ見てください!




    それはそうと私の録画には上様達飛んだの映ってないんだが??



    ②第一競技 アイスボートレース
    一番最初の競技、かつ一番練習した競技でした。
    初回の私はまず第一コーナーを曲がることができず壁にはまって動けなかったんですよ
    その後一人練習とか、月組の面々、特によつばさんが沢山面倒を見てくれて、
    最初2000tickを切れなかった私が1195tick。本番の結果は2位。
    4位になって足を引っ張ってしまう可能性があったからこそ、2位で
    本当によかった。競技としては本当に楽しくて、もっと時間があったら・・・と
    考えてしまうこともあります。
    ★iVaさん動画から抜粋
    これ本当に嬉しかったんやで・・・(´;ω;`)





    ③第二競技 パネルクロスパズル
    頭の悪い私がもっとも苦手とする競技でした。
    事前によつばさんうづきはらさんが攻略法を教えてくださったんですけど
    正直今でもよく理解できてない分野でした…
    とんだお馬鹿で大変ご迷惑をおかけしました・・・w
    順番は最初だったので結果2位。いやーやっぱり皆さん早かったw



    うづきはらさんの推し、白桜みこの(はくらみこの)ちゃんです。
    本番中に挨拶したらじりじり来てくれて気づいたら壁に追いやられてましたww
    出会いは突然でした(チャンネル登録ぽちーーっ)
    (ちなみに第五競技直前も遊んでくれましたが止められちゃいましたw)
    【はくらみこのちゃんねる】



    ④第三競技 フラットマイニング
    練習中から黒曜石まわりに鉱石がある。
    そしてダイヤの近くにマグマがある。
    マグマを回避する方法は下を掘ってマグマを逃がす。
    一番最初の練習でマグマに触れないようにしてたのにラグで触れてしまった為、
    【絶対にマグマの真横を通らない】
    を考えながら掘ってました。

    途中でなぜかiVaさんと道が入れ替わってしまい、左ばっかり掘りすぎたなーという反省。
    なんで半ブロックあるんだ?
    なんで紙魚出てくるんだ?
    なんでTNTがあるんだ?

    そんなの決まっている。

    だってシグレさんが作ったんだぞ??(思考停止

    が、当時の私の気持ちでした。とりあえず生き残り、尚且つ鉱石集めねば!でした。
    月組二人がアクシデントでやられてしまい、絶対に生きねば!でした。
    ボード云々の件は、うん、他の人から沢山いわれてますから。
    私が言うことはありません。
    でもね、あえていうならね、
    誰か私がダイヤ取ってきたこと褒めて?
    (月組で唯一ダイヤ取った人)




    この時の私がなにを考えているかは、全部声に出ているのでなんなら
    YouTube版の生放送のアーカイブをご覧ください^^←
    創掘祭本番放送アーカイブ(YouTube版)

    このあと休憩に入りましたが、【売店】という存在はそもそも創掘祭本番まで知らなくて
    どこにあるか当日発表だったこともあり、
    休憩=待機でした。第四競技はすぐ隣にあるし。
    最初の広場まで戻るの超億劫でした。
    (リアルでも移動めんどい億劫勢ですからね。仕方ないね)

    休憩時はマイニングボードの考察してましたね、
    生放送の視聴者から「サイコパスだとダイヤのとこにオブザーバー置いてTNTだすで」
    っていわれて、「サイコパスやで!!だってあるもん!!」ってwwww

    ⑤第四競技 トロッコターゲッツ
    月組が事前練習でいっぱい練習したやつです。
    練習でまず1000を切る、900を切るっていうのを前提に頑張って練習しました。
    そう、月組はね、事前に4人で時間を調整して練習をしたんですよ!
    だからここで月組が1位を取ることは決まっていたのですよ!

    なんだこれは??スクショに入ってた 輪に入れなくていじけたみたいです(誰とはいいませんが)
    ちなみに応援枠のそせせをさんは積極的に月組の練習に付き合ってくれたお人です。
    ★動画は開会式のとこに貼ったから見てね!


    ⑥第五競技 ボンバーシュート
    この下から見上げた時の上の人たちの強キャラ感ぱない



    早々にお二人が倒れたため、生き残ることに必死でした(第三競技と同じ感想
    回復回復やヴぇヴぇやヴぇ回復回復!!回復をくださいぃ!
    ってやってました。詳しくは放送での私の言動をお確かめください。
    しかしながら月組攻撃側としてはまさかの生き残りが出てしまいました。
    メイさんすごい。さすが最強幼女です。可愛いです。
    第一回ゆかりんぴっくのyasureさんを彷彿とさせてくれました。懐かしい
    えっ、ゆかりんぴっくって2013年なの!?10年目記念イベントとかないかしら←


    このあと再度休憩。
    運営放送で作ったCMを流してくれてたみたいなんですが
    ここで同時配信の弊害を感じました。
    他の人の放送がね。見に行けないんですよ。
    作ったCMはYouTubeで公開してますので、よかったら見てみてくださいね。
    あかゆかVer

    あおマキVer



    ⑦第六競技 摩天楼攻城戦
    今回このブログを書いた発端ともいえる競技です。
    結果はすでに投稿されている動画でご存じかと思います。

    まず私が1回目の練習(体験?)に参加したときに思ったことは
    時間に余裕がない焦りやすい競技であること。
    その後の体験には時間の都合で参加できなかったのですが
    ここでもっと持ち帰れる経験があったのではないか、と悔やむばかりです。

    そして考えたのが「一人一人行う役割を決め、準備&攻城に挑む」というものです。
    初参加のiVaさんと私が率先となり、何をするか夜に通話で話しながら決めたり
    色々と相談するのも楽しかった。

    しかし結果は悲しいものでした。
    私からの角度では水は村人の顔についていないように見えました。
    多分動けなくなっている分、見えている位置よりも少し下にめり込む形になっていたのかもしれませんね。私は当日影MODを使っていなかったのですが
    みんな録画の為影MODを使用していたと思うので、かなり見えづらかったとは思います。


    ちなみにここでの私は砂利を積んで周りの状況を確認してました。
    雪組の建物に赤石が含まれてるのがわかったので、鉄ピッケル作らねば!と思っていた。
    このあとすぐ、村人からダメージ音が聞こえ、それをチャットで伝えようと
    してしまいました。それが間違いだった。
    そのまま飛び込んで水を止めにいけばもしかしたら間に合ったかもしれないのに。
    結果、月組は準備中に敗退という結果になってしまった。
    反省するべき点が自分にはある。そう思っています。今でも。
    終わってしまったとき、生放送を忘れて私は失態を犯しました。
    無言になってしまっていました。生主としてとても恥ずかしいことです。
    思い入れを入れてきた分、逆転できる可能性があった分、とても悔しかった。

    そのあと、励ましの言葉に似せた酷な発言が運営側の一部からありました。
    ネタにすることができるのならば、どれだけよかったでしょう。
    できないからこうして一か月たってもしこりが残るのでしょうね。
    実際の当事者でない私が、悔しさや悲しみがこんなに根強いのに
    iVaさんの気持ちを考えたら、本当に黙ってほしかった。
    下手な励ましは余計に人を傷つけます。
    一方的な切り捨ても人を傷つけます。難しいところですね。
    でも実際、私達は傷つきました。


    【準備期間で終わる最終決戦】
    正直終わると思っていませんでした。恩情はあってもいいじゃないか。と。
    運営内で協議した結果、(このまま競技を)継続します。
    こう言われたら少し変わったのかな。
    私の「恩情を頂けないか」というチャットは最後まで無視され続けました。
    反応もなく。無視です。3分間昼間の時間は残っていました。
    私はここでしょうがないか・・・と思っていた部分と
    私が声をあげても運営側には聞いてもらえないと判断しました。

    密約の話は知っていました。しかしルールブックにもしてはいけないとは書いていない。
    それをしたから自業自得という結果だというなら、そんな悲しい結末ってありますか?
    運営側が意図しないことをしたら、たとえ最終競技、一番の見せ場の競技だとしても
    こんなつまらない結果で終わらせてしまう。
    月組だけに肩入れするわけにいかない。そういう理由はわかります。
    肩入れも何も必要以上に厳しく当たられているように感じました。

    私がずっと憧れていたイベントはこういうものだったのか。
    そう思うと本当に切なかった。悲しかった。悔しかった。

    ただ一つ。言いたいことがあります。ここからは完全に私個人の主観発言です。
    結果を理解して受け止める。納得をしている。
    しかしそのあとのケアを運営側はなにかしてくれましたか?
    答えはNOです。これは私に対して、ではない。iVaさんに対してもです。
    初参加の私達は本当にイベントが楽しみでした。楽しみたい一心でした。
    これで私達がマイクラがトラウマになったら?
    作品を作る上で爪痕を残してしまったら?
    目標にしていたイベントがなくなりこれから先、投稿できなくなったら?
    運営側はそれすらも「無視」をしますか?
    私はともかくiVaさんは才能の塊ですよ?埋もれさせるのが勿体ないくらいの逸材ですよ?
    それは人を呼んで時間を使う上で、あってはならないことだと私は思います。
    しっかりとした回答が得られないまま、創掘祭は閉会式へと移動しました。

    ⑧閉会式
    失意のままの参加でした。捻くれても仕方ないとは思っていました。



    はい。結果ですね。
    ゲストの囚人さん達がいってくれた「でも頑張った」って言葉が本当に救われた。
    そう、頑張った。悔いはあるけど頑張った。

    月組の記念撮影。



    後ろの背景変えてもらえたのは嬉しかった。ここ本音。

    これにて私の創掘祭は終了です。
    写真撮ったあとは、囚人さんらと夜のアイスボートレースにいったりしてました。

    まぁ、安定に負けましたけども。最初から最後までいいとこないなぁ・・・。




    YouTube版ではここで終了。
    ニコ生では脱獄動画の当時最新話をみんなでみて、次もよろしくーで終了しました。

    これで本当に創掘祭については最後です。
    全体を通しての感想でいうなら楽しかった。
    でもどうしても悔しさや悲しみが残りました。
    あと不信と疑問もね。
    私の中でこの創掘祭の問題は片付いているとは思っていません。
    自分の企画を心から大切にしよう。そう再認識致しました。

    もしまたイベントに参加できるのであれば、今回のように
    取れ高がない。動画の制作意欲がわかない。悔しさが残る。
    こんなことがないようにしていきたいです(自分への戒め)

    創掘祭運営の方に私はブロックされたようなので創掘祭には無理でしょうね。
    返答のないままこういう結果になり非常に残念です。
    Twitterで少し書きましたが、言いたいことがあるのならDMでもなんでも
    送ってきてから判断してください。

    最後に

    月組の皆さん、本当に一緒に遊んでくれてありがとう。
    私も皆さんが大好きです!
    時間調整をして、全員が集まって練習したのは月組だけなんじゃないだろうか。
    それだけ思い入れがあった分、この結果が辛いんだと思う。
    でもめいっぱい楽しんだ私達は心の中では優勝ものだと確信しております。



    本当に本当にありがとう。
    これからもよろしくお願いしまーーす!!


    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。