ゆっくりラジオ日記さん のコメント

userPhoto
ゆっくりラジオ日記
>>1 ひよこさん、教えて頂き本当にありがとうございます!
後でブロマガに追記させて頂きます。本当に助かりました!

No.2
66ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
【アップデートにより解決します】  作者様のアップデートにより「 たむぶん版 Continuous Save 」の最新版を ダウンロードして使用することで解決するようになりました!   以下の本文は古い昔の情報なので、 読まずに最新版のダウンロードをお願いします!  コメントで教えて頂き、ありがとうございました! 【本編】(読む必要はありません)  この前書いた「 【nicotalk・ゆっくりMovieMaker】簡単に出来るマーク・アクセサリー の追加方法【小道具】 」で使用している「 たむぶん版ContinuousSave 」という 「 各レイヤーを画像として一括出力するGIMPのスクリプト 」についての記事です。  【たむぶん版ContinuousSave】の使い方は、上記の記事をご覧下さい。  今回は【 たむぶん版ContinuousSave 】で透明部分が出力されず、 画像部分だけが出力されて位置がズレる原因を解説します。  ちなみに、GIMPだけで切り取りなどの作業をして、出力する分には問題ありません。  そのため、前回の記事に関しての追加・修正はないのでご安心下さい。  今回はPhotoshop・SAI・ComicStudio・CLIP STUDIOなどから保存したファイルを、 GIMPのスクリプトである【 たむぶん版ContinuousSave 】で各レイヤーを一括で 画像出力すると、何故か透明部分が出力されずに画像部分のみが出力される原因に ついて説明します。  切り取りだけならGIMPだけでも出来るのですが、実際キャラ素材を描く方は、 SAI・ComicStudio・CLIP STUDIOといった、他のペイントソフトを使う方が多いです。  そのため、各レイヤーの一括出力をするために「PSD形式」などのファイルを、 GIMPで読み込んでから出力する方も多いと思います。  普通の絵なら問題ないのですが「キャラ素材」を作る場合は、透明部分が出力されないと、 位置がズレてとても困ります。  nicotalk・ゆっくりMovieMakerに使われている「キャラ素材スクリプト」は、 各キャラ素材フォルダに入っているキャラ素材画像を重ねて出力するので「体」にある 画像素材に位置を合わせて「目」「口」「眉」「顔」といったパーツを作ります。  したがって、透明部分も出力されないと、それぞれのパーツがズレて表示されます。  原因は、Photoshop・SAI・ComicStudio・CLIP STUDIOなどから保存したファイルを、 GIMPに読み込むと、画像部分だけが選択されているということです。 (拡張子が原因だと勘違いしていましたが、選択範囲が原因でした)  このように、どのレイヤーも画像部分しか選択されていません。 (分かりにくいかもしれませんが、黄色の点線で選択されています) (画像をクリックして、拡大して見ると分かりやすいかもしれません) 「 レイヤー → レイヤーをキャンパスに合わせる 」をクリックすると、全体が選択されます。   また、レイヤーを左クリックして「 レイヤーをキャンパスサイズに合わせる 」 もしくは「I」を押しても画像全体が選択されます。 上の方法で、各レイヤーを左クリックして「I」を押す方が楽にレイヤー全部を、 キャンパスに合わせることが出来ると思います。 (もっと楽な方法でレイヤー全部をキャンパスに合わせる方法がありそうですが、 調べても出てきませんでした。ご存知の方を教えて下さい) 【より簡単に全レイヤーをキャンバスに合わせる方法】  ひよこさんに、ブロマガのコメントで教えて頂きました! ありがとうございます!   http://registry.gimp.org/node/25869 から全てのレイヤーを画像に合わせる スクリプトを、ダウンロードしてGIMPに導入します。 1,上のリンク先に行き「 v--AllLayersFitToImageSize.scm 」を左クリックして、 「 名前をつけてリンク先を保存 」をクリックします。 2,ファイル名をそのままで「 C:\Users\ユーザー名\.gimp-2.8\scripts 」に 保存して下さい。 3,GIMPを再起動して下さい。(ファイルは上書き保存等して下さい) 4,全レイヤーをキャンバスに合わせたいファイルを開いて下さい。 5、「 フィルター → Vanca → AllLayersFitToImageSize 」をクリックします。 6、それから「 OK 」を押して下さい。 (出てこない場合は、メインウィンドウの裏に隠れているので最小化等をして下さい) 7、全てのレイヤーがキャンバスに合いました。(全範囲が選択されました)  これで、楽々簡単に全てのレイヤーをキャンバスに合わせることが出来ます。  キャラ素材はそれぞれのパーツ量が多く、レイヤー数もかなり多くなるので、 このスクリプトはとても助かります。  ちなみにGIMPで作った画像レイヤーは、そのままレイヤー全体が選択されています。  だから、GIMPで切り取り作業してから出力しても、透明部分も出力され、 ズレずに一括で画像出力が行えたというわけです。  こちらのゆっくり解説動画でも、透明部分がきちんと出力されていたので、 どこがおかしいんだろうと疑問に思っていました。    ちなみに、 レイヤー別にファイルを書き出す方法 (Photoshop CC) があるので、 「Photoshop CC」なら各レイヤーを画像出力できるようです。 (「Photoshop Elements」には、この機能がありません)  有料ソフトで出来ること(有料ソフトによっては出来ないこと)を、フリーソフトの GIMPで出来るということは、とてもスゴイことですね。  スクリプト製作者の方々、GIMP製作者の方々には、本当に感謝しています。 【関連記事】 ・ 【素材要望】作ってもらえると、とても嬉しくて助かる素材画像について【ゆっくり用】 ・ 【ニコニ・コモンズ】ゆっくり素材(キャラ素材)紹介【nicotalk】【YMM】 ・ 【ゆっくり用の素材紹介】アクセサリー・マークの素材紹介【ニコニ・コモンズ】 ・ 【YMM】キャラ素材(ゆっくり素材)のアクセサリー・マークの違い・使い方の紹介【nicotalk】 ・【nicotalk・ゆっくりMovieMaker】簡単に出来るマーク・アクセサリーの追加方法 【小道具】 ・ ゆっくりラジオ日記のブロマガ目次ページ【ゆっくり生放送・ゆっくり動画編集など】 ・ ブロマガのマイリスト(記事の概要) 【連絡先】  何かアドバイスやご指摘等ありましたら「 感想や連絡のある方は、こちらから どうぞ【匿名で送れます】 」のお題箱に誰でも匿名でメッセージを送れます。  ブロマガのコメントの場合、通知が遅れることもあります。  匿名希望の方やお急ぎのご連絡がある方は、上記のリンク先からもお願いします。 【最後に】 キャラ素材スクリプト製作者のズーズさん、 GIMPとスクリプト作成者の方々、各キャラ素材・ ゆっくり動画作成講座の製作者の方々、情報提供者の方々 本当にありがとうございました!
ゆっくりラジオ日記
「紹介用マイリストまとめ目次 http://ch.nicovideo.jp/yu-kuri-radio/blomaga/ar911565」で動画紹介・発掘をしています。

ツイッター→https://twitter.com/yukuriradio