【0.5号店】ネットラジオは誰でもできる?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【0.5号店】ネットラジオは誰でもできる?

2016-03-07 01:01
    今はニコ生も含め個人で簡単に映像配信する事ができるので
    「今時ネットラジオなんて」と思う人もいると思います。
    あながち間違いでもないと思いますし、音だけ流すのもなーと思われる方もいるのではないでしょうか?
    そんなことを切り出した時点で
    「貴方はなぜネットラジオやってるんですか?」
    と聞かれると。

    「自分のラジオ番組を持つのが夢だったから」


    しか言えないですねー。

    結論として、ネット配信というくくりで考えるならば「誰でもできる」のは間違いないと思います。


    配 信 す る な ら ね


    そんなこんなで自作コンテンツを配信するハードルは低い事は沢山のコンテンツと競争できる場が沢山あるので素晴らしい事ですよね。

    さて、そんなことを書きだした中で我々のネットラジオ番組【テレビゲームの中林】を聴いたことがある方はどんな番組なのかイメージしてみてください。


    2人で喋ってるだけです


    あくまでゲームを紹介する時間を少し取っているだけで何も小難しい事をしてない番組だと思われると思います。


    さてここからが本題のテレビゲームの中林の裏話


    最初そのスタイルの番組をするつもりではありませんでした。

    役者活動している2人で始めるわけだから最初はお芝居したいとか、数多くのゲームの思い出を語らうとか、ゲームから格言を作るなどなど、

    分刻みでみっちりコーナーを作って喋る番組を企画していました。
    それを相方と話を詰めて、今配信している団体に提出しました。
    個人活動ではないラジオ配信のアドバンテージだと思う事がここであったと思います。


    それは第三者を交えた企画会議を行えるのがインターネットラジオ局の強みだと思います。


    結果を簡単に言うと「ボツ」をくらったわけですね\(^o^)/


    結局何を話したいの?とバッサリでした。
    まずはプレイした事があるゲームについて深く2人で話してみよう。
    というシンプルな形になりました。

    今思えば、ラジオ番組として企画を考えるならば、音でしか配信しない事を踏まえると
    幕の内弁当みたいに色々な物がつまめるよりも、日の丸弁当の様にご飯と味付けに梅干し1個で誰でも作れる簡単で聞きやすい方が面白いんだろうと思えます。

    なんというかここから捻くれ者の考えというか、どうにも話題に笑えるネタが欲しくて


    どうせ取り上げるならリアルタイムでクリアまでやってから番組やろう

    という一つのルールが決まり、今のテレビゲームの中林が配信されてるわけですね。
    今でもよく続いてるなーと関心と共に楽しくできているので万々歳ですね♪

    当時のかじー「月2回の配信なら2週間で1つのタイトルをクリアするんだろ?イケルイケル」

    と内心思ってた約2年前の自分に


    考えなおせ!!マジでキツイぞ!!!


    と言いたい最近ですがこれは余談ということで。
    とまぁ書きたいことがまとまっていないので何を言いたかったのかというと

    誰にも真似できない事をやることだけが面白い物を作ることにはならないと個人的に思います。
    簡単にコンテンツが作れるならば勿論気軽に製作して配信するのも一つの手だとも思いますが、折角ならやってる自分も楽しいし、視聴者も楽しいコンテンツを作れるのが一番ですよね。

    そんな番組開始前の裏話と個人的なお話でした(*^^*)

    さて、この次は本格的に配信が開始されたテレビゲームの中林の収録裏話を踏まえて取り上げたゲームを少しづつ紐解いていければと思います!

    まずこのブロマガから読んでまだ【テレビゲームの中林】きいてねぇよ!というかた

    是非一度聴いてみてね☆

    かじー
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。