ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

単独インタビュー~悠一郎@中腰JAPAN~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

単独インタビュー~悠一郎@中腰JAPAN~

2014-04-25 14:31
  • 1

―――4月26、27日に幕張メッセで開催されるニコニコ超会議3(以下:超会議)、そしてニコニコ超パーティⅢ(以下:超パ)。
本日は超会議に昨年に引き続き参加、超パには初の出演となる悠一郎@中腰JAPANさんにインタビューさせていただくことになりました。悠一郎さん、お願いします。

悠一郎@中腰JAPAN(以下:悠):よろしくお願いします。

―――明日に超会議、そして明後日に超パを控えたわけですが、今の率直な気持ちをお聞かせ願います。

悠:しっちゃかめっちゃかです(笑)

―――その理由は聞いても?

悠:超会議は回りたい場所が多過ぎて、今から気が滅入ってますね。前々回のブロマガに書いたように、歌いたい、打ちたい、相撲とりたい・・・それに加えて他にもいろいろありますし。昨年までは、歌ってみたに常駐してればよかったかも知れませんけど・・・

―――なるほど。

悠:昨年と比べて、各ブースが充実したとも言えますし、自分自身の視野が広がった、とも言えますし。まあ、良くも悪くも成長してるってわけです、ニコ厨として(笑)

―――(笑)

悠:そもそも超パ絡みで、超会議でまともに動けるのは初日だけですし・・・超パに関しては・・・言えないことだらけなので、ここではちょっと控えさせていただきます。ただ一言だけ、碌なことになってない、と言っておきます(笑)

―――何か不穏な発言ですが・・・まあそれはさておき、超会議で「これは絶対にやりたい」ということはありますか?

悠:どんな形であれ『超歌ってみた』のステージに上がる、そして力士と相撲をとる。“絶対”というならばこの2つでしょうか。特に前者は、正月の時よりヲタ芸の技の数は増えてますし、先人の動画を見ながら動きを考えたりもしてましたし、期するものはあります。ただ、忘れてはならないのが、あくまでも自分たち踊り手、打ち手はあのステージにおいて脇役、若しくは装飾品であるという意識ですね。

―――今回の超会議のスローガンは『全 員 主 役』ですが・・・?

悠:それでも、です。あのステージにおける主役はあくまでも歌い手であって、打ち手や踊り手は、それを食っちゃいけないんです。まあ、何事にも例外は付き物ですが、原則としてそれくらいは、ね・・・自分のホームグラウンドであるニコファーレの歌合戦の方でも問題視されていて、かつ、ファーレ組から結構な人数がまるなげステージに行っちゃうわけですし、ここはオレが踏ん張らないと・・・っていう思いは持ってます(笑)

―――ズバリ、ステージ上での目標は?

悠:さっきも言ったように、踊り手として脇役に徹する、その上で魅せるヲタ芸、さらには手本になるようなヲタ芸の動きをしたいな、と思ってます。手本になるような、っていうのにはわけがあって、例えばオレを見てヲタ芸を始めた、ってyu君が言ってくれたんですが、同じように、オレ自身も赤Tさんの背中を見ながら覚えたんですよ。だから、ヲタ芸の上級者がやるような、とても真似出来ないようなグチャグチャな動きはしたくない。そもそも、出来ませんし(笑)

―――悠一郎さん自身もまっさらな状態から飛び込んだからこそ言えることですね。

悠:本当に最初はロマンスくらいしかわかりませんでしたからね・・・それでもステージ上で、目立たないように上手い人の後ろでラーニングを繰り返して、何とか正視に耐えられるものにしていったわけです。だからもし、何も分からずにステージに上がってきた人がいたとしたら、オレの後ろにいてください。苦しいときはオレの背中を見なさい・・・澤さんじゃないですけど(笑)ただ、どこぞの青い人みたいに、映りたい、目立ちたいだけで向上心も何もないままステージに上がり続けるのだけはやめてください。本当に迷惑なので。

―――最後にチラッと言いましたが、最近はそういう人が増えてますよね。

悠:そのせいでステージ上に人が増えすぎて、スペースがなくなっちゃうんですよね。そうなると歌い手も目立てませんし、踊れない。そして一人一人も目立てない。それは互いに不幸なことでしょ、と。

―――なるほど。話は変わりますが、相撲の方への意気込みを・・・

悠:勝ちに行きます。以上。

―――(笑)では、超パについて。

悠:今になってゴタゴタして来てはいますが、今まで練習してきた成果を出さなければならないことに、何ら変わりはありません。とにかくやるだけやってみて、あとは鬼と出るか蛇と出るか。それだけですね。

―――悠一郎さんは超ニコニコ合唱団の一員として参加するわけですが、この団体は依然としてベールに包まれていますよね?

悠:正直、言えないことが大半を占めるんです(笑)自分の場合、それに加えて何を言ってよくて何を言って悪い、っていうのが全く分からない(笑)結果、口をつぐんでしまうんです。

―――その結果、合唱団の出番は視聴者のトイレタイムになってしまうのではないか、という危惧があるわけですが・・・

悠:こればかりは、本当に視聴者の皆様、トイレに行ってる場合じゃないですよ、と。むしろ行ったら後悔しますよ、と。素晴らしいショーを展開して、いい意味で皆様の期待を裏切る気は満々なので。

―――これは期待出来ますね?

悠:あと、まだネットチケットを買っていない方がいたら、自分たちのステージを見るためだけでも是非買ってください。元は取れます!取って見せます!・・・あと、これは個人的になんですけど、合唱団以外の出演者・・・降臨してみたの皆様も含めて、オレは勝つ気で行きます。どうしたら勝ち負けが着くのかは自分でもわかってませんけど、そういう心構えで行きます。

―――では最後に、読者、視聴者へのメッセージをお願いします。

悠:超ニコニコ合唱団の悠一郎@中腰JAPANです。ニコニコ超会議3では個人で、ニコニコ超パーティーⅢでは合唱団員として、素晴らしいステージを皆様に提供することを誓います!そして、当日会場にいらっしゃる皆様!日本代表のユニフォーム姿を見かけたら、それはほぼ100%自分なので、声をかけてみてください(笑)オレと、オレたちと一緒にニコニコしようぜっっ!!

―――本日はありがとうございました。

悠:こちらこそ。もう少しPCいじったら、この後温泉行ってきます(笑)




広告
×
道後温泉に行きましょう
87ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。