progress№61~馬券の流儀~「win5 5本的中者の馬券予想」優駿牝馬(オークス)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

progress№61~馬券の流儀~「win5 5本的中者の馬券予想」優駿牝馬(オークス)

2014-05-23 14:32
    こんにちは「+馬」です。

    まずは先週の「ヴィクトリアマイル」回顧から。
    1年ぶりの勝利が、ヴィクトリアマイル初の連覇を成し遂げたヴィルシーナ。
    +馬でも、東京コース巧者+クラシック馬と言う点で、対抗に挙げていた馬でした。
    5着までのタイム差が0.1秒。ゴール前はどの馬が来てもおかしくないレースでしたね。

    1~7着馬、勝ち馬のタイムから0.2秒差にいる7頭の内、4角5番手以内にいた馬は4頭。
    7頭の中で、唯一末脚を伸ばして来た馬は3着のストレイトガールでしょうか。

    「東京コースの前が止まらない」というレース回顧を見かけますが、NHKマイルカップ
    と同じく、ヴィクトリアマイルは「前半の流れが緩やかだった」点が挙げられます。
    前半3ハロンが34.7。スタートの1ハロンが12.4。
    NHKマイルも同じような展開で流れていました(前半3H34.6スタート1H12.0)

    これは東京コース改修や、馬場の関係はそう無いように思えます。
    全体のタイムは1分32秒台ですし、1着馬の上がりタイムも34.3ですから、
    オープンクラスのタイムだと、そう数年前から変わっていないと思います。

    ヴィクトリアマイルは「どの馬でも勝機はあったが、最後のゴール板がヴィルシーナ」
    であったという結果でしょうか。

    では、今週はオークスの予想です。

    ⑩ハープスターの軸は、もう揺るぎません。
    過去のデータ20年分をさかのぼっても、
    1.連対率100% 阪神マイル2勝馬
    2.前々走がチューリップ賞
    3.上がりタイムが全て1位
    どこにも盲点がありません。2冠馬になるのは確実と見ています。

    今回、この1頭ずば抜けた馬の中で「どう買い目を見つけていくのか」を考えました。
    データを考慮していく中で、
    「桜花賞のレベルが高い年は、人気+実力勝負になる」セオリーを取ります。

    現在、前走桜花賞及びフローラS組が有利である事は間違いありません。
    また、その2レースの成績上位が来る事も間違いないと思います。

    そこで狙うは2頭しかいません。
    ⑧サングレアル(フローラS1着馬)
    ⑨ヌーヴォレコルト(桜花賞3着馬=オークス出走馬の中で、桜花賞先着2位)
    ここの2着軸は決定しました。

    こうなると上位人気馬のワンツー、それもハープスター1着固定ですから、
    3連単を狙うしかないと思います。

    買い目はこうなります。
    ⑩→⑧⑨→①③④⑥⑧⑨⑪⑭⑰の計16点で勝負したいと思います。

    この中で、つまりオークス3着馬の中で「もし穴馬が来る」とすれば・・・。
    ①ベッラレジーナかと思います。

    前走スイートピーS2着馬で権利を取った馬ですが、前々走は未勝利勝ちの馬です。
    まず、出走場が変則です。
    「阪神→小倉→阪神→東京」デビューが前年の12月ですから、少しローテー的には
    密になっている馬です。
    未勝利からオークスの権利を無理して取りに行った。この点に注目しています。
    余り血統的な背景は言いたくないのですが、父はダービー馬、母のベッラレイアも
    オークス1番人気の2着馬。府中コースは合うと思います。
    この複勝も1点だけ少額ですが買おうと思います。

    では、皆さんの馬券ライフが、
    良き週末になりますように。

    「+馬」管理人 ゆうさん



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。