progress№74~馬券の流儀~「win5 5本的中者の馬券予想」有馬記念
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

progress№74~馬券の流儀~「win5 5本的中者の馬券予想」有馬記念

2014-12-25 18:59
    こんばんは「+馬」です。

    とうとう秋のGⅠも最終戦!【~グランプリ~有馬記念】となりました。
    本日(木曜日)初めての馬番ドラフトで決定された16頭。
    当方も枠順決定次第、すぐさまプラズマ指数での予想結果を終えました。
    上位人気馬になるであろう3強が外枠に。
    (エピファネイア・ゴールドシップ・ジャスタウェイ)
    そしてラストランの1頭を飾る牝馬ジェンティルドンナが絶好枠の④番に。
    もちろん、プラズマ指数の数値には「枠順の有利不利」も含まれています。

    では!早速有馬記念のプラズマ指数(トリプルアタック予想)の結果です!!!

    見ての通り⑩フェノーメノ以外は、内枠と外枠にハッキリと分かれた予想になりました。

    ここで、数値から読み取れる感想ですが、
    ⑬エピファネイア⑭ゴールドシップの「指数の低さ」です。(84.9pt 83.8pt)
    本来プラズマ指数は100ptを頂点として、50pt程度の指数が順番に割り振られます。
    (つまり、出走馬で能力の高い順から低い順にポイントが換算されます。)
    その際、トリプルアタック予想で上位と判断された馬には、高い数値が付きます。
    今回の有馬記念。上位4頭くらいは「90ptを超える数値が付くもの」と思っていました。

    90pt級と言えば「レースの軸、それも1頭軸になる本命馬」なのですが、一番高い
    ⑬エピファネイアでも「84.9pt」という結果になりました。

    これが「枠の有利・不利」が出た形になっているのです。

    例えばですが、エピファネイアを内枠の偶数番に代入するとすれば、
    エピファネイアの指数は「89.7~90.5pt」に跳ね上がります。
    それだけ、中山の外枠は有利・不利があると、プラズマ指数は分析しています。

    しかし、内枠の馬の指数が極端に低く・・・。
    というよりも、エピファネイアとゴールドシップの指数が飛び抜けているのが
    分かって頂けると思うのです。

    各出走馬の実力を無視して「良い枠を引いたな」と思うのが、1頭ポツンと印を
    打たれている⑩フェノーメノだと思います。

    さて、本来ここから買い目に入るのですが、先に1頭だけ追加した馬がいます。
    プラズマ指数からトリプルアタック予想に移る際に「60pt未満の馬は消し」という
    スタンスを取っているのですが、
    ⑯オーシャンブルーが59.4ptと大外枠&近走の凡走を含めても、買い目に近い数値を
    持っている事で、この馬1頭だけ60pt未満ながら追加しました。

    では、買い目です。
    ⑬エピファネイアと⑭ゴールドシップは、数値上甲乙付けがたい僅差のポイント。

    そこでこの2頭を馬単軸とし、印の付いた馬に流します。
    馬単⑬⑭2頭軸からの流しです。
    ⑬⑭→③④⑤⑥⑩⑬⑭⑮⑯の計16点で勝負したいと思います。

    当方「+馬」も、ジャパンカップからプラズマ指数が使えず、有馬記念で有終の美を
    飾る事が出来るか?とても楽しみにしています。

    では、今年一年の総決算!!
    皆さんの今年一年の馬券ライフはいかがでしたでしょうか?
    最後は心に残る名勝負を期待しつつ・・・。

    「+馬」管理人 ゆうさん
    ※皆様、今年一年ありがとうございました。良いお年を。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。