探偵 由利麟太郎,動画/5話4話3話7月14日見逃し配信無料視聴ドラマ2020年7月14日
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

探偵 由利麟太郎,動画/5話4話3話7月14日見逃し配信無料視聴ドラマ2020年7月14日

2020-07-14 06:15
    探偵 由利麟太郎,動画/5話4話3話7月14日見逃し配信無料視聴ドラマ2020年7月14日


    2020年7月14日21時からフジテレビで『探偵・由利麟太郎【衝撃の!歌姫の亡霊!驚愕のトリックとは】 #05』が放送されます





    探偵・由利麟太郎/第5話動画番組内容

    オペラ歌手の原さくら(高岡早紀)が何者かに殺された。その場に居合わせた由利麟太郎(吉川晃司)もその遺体を確認するが、楽団員たちは、死んだはずのさくらの亡霊を見たと口をそろえる。その亡霊の謎が解けぬなか、今度は宿泊先のホテルでマネージャー助手の雨宮順平(水沢林太郎)が死亡。4階にあるさくらの夫・原聡一郎(大鶴義丹)の部屋の窓が開いていたことから転落死と思われたが、遺体を確認した由利は、残された痕跡から絞殺だと確信する。さくらに続く仲間の死に、さくらのマネージャー・土屋恭蔵(鈴木一真)、若手歌手の相良千恵子(吉谷彩子)ら楽団員たちが騒然とするなか、聡一郎の部屋を検証した由利は、次に三津木俊助(志尊淳)と、居合わせた小野竜彦(佐野岳)を連れて5階の衣裳部屋へ。そして再び部屋の中を調べた後、「雨宮くんはここから落とされた」と告げ、俊助を驚かせる。由利によると、嵐でホテルが停電しているさなか、雨宮は4階の部屋で殺害され、犯人によって5階まで運ばれて落とされたという。さらに、事件の一部始終を説明しようと由利が等々力警部(田辺誠一)を呼び出すと、傍らにいた小野が重い口を開き……。はたして、雨宮は誰によって何のために殺されたのか?いまだ捕まっていない、さくら殺害事件の犯人と同一人物による犯行!?楽団員たちの複雑な人間関係と知られざる過去、さくらの亡霊の正体が次々と明らかに!



    探偵・由利麟太郎 キャスト




    吉川晃司  志尊淳  ・  どんぐり  ・  田辺誠一  水上京香  赤楚衛二 他



    探偵 由利麟太郎, 動画 5話フル無料視聴ストーリー性




    --探偵由利麟太郎とても楽しみにしていました!待ってました。ずっと見たいと思っていました。新型ウィルスの影響で延びた時は少し悲しかったですが、ようやく放映となりホッとしました。由利麟太郎は、元警視庁捜査一課長の経歴を持つ名探偵。吉川晃司さんの白髪で背の高い、渋いダンディズムが溢れていました。何をするにも痺れます。どんな行動をしてもカッコ良かったです。弓道をするシーンは、もう溜息が漏れる程でした。撮影場所も京都が舞台という事で、京都の街並みや自然を見て何だか心が癒されました。サスペンスに相応しい設定すぎます。あまりネタバレになるので書きませんが、花髑髏からの殺人予告メールが届き、指定された場所へ向かう麟太郎。するとそこには、日下の養女、瑠璃子が血を流し倒れていました。更に探すと日下の無残な死体が見つかります。その脇に、赤い髑髏が置いてあり...。と言った経緯から推理していく麟太郎。考えて推理する姿が今までのドラマの中の刑事や探偵と一味違ったキャラクターでとても興味深く引き込まれていきました。麟太郎を先生と呼ぶ、志尊淳さんの三津木俊助との兼ね合いがとてもおもしろかったです。麟太郎と俊助のコンビが絶妙で年齢差もありますが、息がぴったりでした。麟太郎と同僚の等々力もすっとぼけていていい味出したキャラクターでした。新川優愛さんが美しかった。日下瑠璃子役が凄くマッチしていて最高でした!推理し犯人を導き出していく麟太郎がとても良かったです。


    探偵 由利麟太郎, 動画 5話感想ネタバレ




    期待通り、レトロな京都の街並みに主人公が住んでいる場所などとても雰囲気がよくて、ここから殺人事件に発展していくことになるというのが嘘のように美しい街並みがとても素敵でした。主人公が影のあるような具雰囲気なのがいいですね。とてもレトロな雰囲気のなかで繰り広げられる為、一昔前のような時代背景にも見えるものの、実は現代という違和感を拭い去ることが出来ませんでしたが、それもそれで味があるストーリーになっていました。クラシックな雰囲気のなかで繰り広げられて現代的に進められすストーリーにこの物語の時代背景はいつなのだろうかと戸惑ってしまいましたが、ストーリーはなかなか単純だったので、サスペンスドラマなどが苦手といった方や難しいと思われているような人も気軽に楽しむことが出来るのではないでしょうか。犯人の殺人を犯すことになった動機などもとても分かりやすいですね。雰囲気は一昔ではあるものの、独特の世界観を醸し出しているサスペンスドラマだと想います。探偵と助手、そして刑事の掛け合いがなかなかよかったので、これからのストーリーに期待したいです。今後どのような展開が待ち受けているのか、意外な展開も期待しています。主人公の由利麟太郎役を吉川晃司が演じるということで視聴前は、そのラスボス感の強さから違和感を感じそうだなと思っていました。しかし、蓋を開けてみると思っていたよりも馴染んでいて、違和感なくドラマを楽しむことができました。主人公の由利は元捜査一課の刑事ということで、”堅物なシャーロックホームズ”といった感じでした。志尊淳が演じる由利の助手・俊介は、男らしい渋い雰囲気の吉川晃司演じる由利とは対照的に、今風の優しい雰囲気の若者といった感じで、そんな真逆の2人のやりとりも面白かったです。田辺誠治演じる由利の旧友・等々力警部は、今回はあまり目立った活躍はありませんでしたが、どこか抜けているところがありそうな雰囲気で、今後どのように活躍するのか楽しみです。第1話のストーリーは、内容が盛り沢山で展開が早く、1時間にしては詰め込みすぎなのでは?と思うほど盛り沢山の内容でした。全編と後編の2話にまたがっても良いぐらいでしたね。由利が弓道をする場面がありましたが、当初は無いシーンでしたが、吉川晃司がドラマスタッフに「最近弓道を始めた」と話したことから、急遽、由利が普段から弓道を嗜んでいるという設定が加えられたようです。由利の過去についても気になりますね。--
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。