探偵 由利麟太郎,動画/4話3話2話7月14日見逃し配信無料視聴ドラマ2020年7月14日
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

探偵 由利麟太郎,動画/4話3話2話7月14日見逃し配信無料視聴ドラマ2020年7月14日

2020-07-14 06:17
    探偵 由利麟太郎,動画/4話3話2話7月14日見逃し配信無料視聴ドラマ2020年7月14日


    2020年7月14日21時からフジテレビで『探偵・由利麟太郎【衝撃の!歌姫の亡霊!驚愕のトリックとは】 #』が放送されます


    放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)





    探偵・由利麟太郎/第5話動画番組内容

    オペラ歌手の原さくら(高岡早紀)が何者かに殺された。その場に居合わせた由利麟太郎(吉川晃司)もその遺体を確認するが、楽団員たちは、死んだはずのさくらの亡霊を見たと口をそろえる。その亡霊の謎が解けぬなか、今度は宿泊先のホテルでマネージャー助手の雨宮順平(水沢林太郎)が死亡。4階にあるさくらの夫・原聡一郎(大鶴義丹)の部屋の窓が開いていたことから転落死と思われたが、遺体を確認した由利は、残された痕跡から絞殺だと確信する。さくらに続く仲間の死に、さくらのマネージャー・土屋恭蔵(鈴木一真)、若手歌手の相良千恵子(吉谷彩子)ら楽団員たちが騒然とするなか、聡一郎の部屋を検証した由利は、次に三津木俊助(志尊淳)と、居合わせた小野竜彦(佐野岳)を連れて5階の衣裳部屋へ。そして再び部屋の中を調べた後、「雨宮くんはここから落とされた」と告げ、俊助を驚かせる。由利によると、嵐でホテルが停電しているさなか、雨宮は4階の部屋で殺害され、犯人によって5階まで運ばれて落とされたという。さらに、事件の一部始終を説明しようと由利が等々力警部(田辺誠一)を呼び出すと、傍らにいた小野が重い口を開き……。はたして、雨宮は誰によって何のために殺されたのか?いまだ捕まっていない、さくら殺害事件の犯人と同一人物による犯行!?楽団員たちの複雑な人間関係と知られざる過去、さくらの亡霊の正体が次々と明らかに!



    探偵・由利麟太郎 キャスト




    吉川晃司  志尊淳  ・  どんぐり  ・  田辺誠一  水上京香  赤楚衛二 他



    探偵 由利麟太郎, 動画 5話フル無料視聴ストーリー性




    --関西テレビ・フジテレビ系列で放送されているテレビドラマ『探偵・由利麟太郎【衝撃の最終回!歌姫の亡霊!驚愕のトリックとは】』。私はこのドラマの放送が始まるまで、由利麟太郎というキャラクターについてよく知らかなかったのですが、原作はあの『金田一耕助』シリーズで有名な横溝正史氏だそうですね。『金田一耕助』シリーズと並ぶ長編推理小説シリーズとして書かれたのが『由利麟太郎』だそうで、いわば横溝正史氏によって生み出された、金田一耕助と並ぶ兄弟的な探偵キャラクターと言えるのかも知れません。そんな由利麟太郎について、ドラマを見ていて思ったのは、ミステリー作家志望で助手的な立場にある三津木俊助とのコンビによる物語だということです。元刑事で犯罪心理学に精通し、常に落ち着いた態度を崩さない由利麟太郎と、そんな彼を崇拝しまくっている三津木俊助のコンビはなかなか個性的なキャラクターですし、また岡山県を舞台とした事件が多い『金田一耕助』シリーズに対して、京都を舞台にしている点も、比べると面白いなと感じました。今回の放送は最終回ということで、まずオペラ歌手が殺され、それに続く亡霊騒動と新たな殺人事件の解決に由利麟太郎が挑むそうです。果たして、どんなトリックが使われることになるのか、由利麟太郎の推理が楽しみですね。


    探偵 由利麟太郎, 動画 5話感想ネタバレ




    まず、今回の楽しみな点は、たびたび現れオペラ歌手の亡霊のトリックが明らかにされることです。いろいろな人の前に現れる亡霊が本当の亡霊だということはないのでしょうが、前回の放送を見てもトリックが思いつかずモヤモヤしているので、今回の放送でようやくスッキリするのではないかと期待しています。あと、犯人の答え合わせも楽しみです。個人的には、マネージャーの土屋ではないかと推測しているのですが、果たして誰が真犯人なのかとても気になります。あと、殺されたオペラ歌手の過去が事件のキーになっているようなので、オペラ歌手の過去もどんなものなのか興味があります。そして、由利麟太郎の過去も明らかになるようなので楽しみです。奥さんはどうして亡くなったのかが、ずっと気になっていたのでこれでスッキリできそうです。併せて等々力警部と由利麟太郎との人間関係が分かるのも楽しみな点です。このシリーズは5話で完結するというもので、短すぎず長すぎずといったちょうど良い感じで終了する点が好感が持てます。カッコいい吉川晃司さんをたくさん見られたので個人的にはこのドラマに満足です。このドラマを通して横溝正史さんは金田一耕助シリーズ以外にも面白い作品を世に送り出していたことを知れてよかったです。--
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。