ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

海月くらげのオススメ! 第1回 「イエスタデイをうたって」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

海月くらげのオススメ! 第1回 「イエスタデイをうたって」

2013-01-25 22:05

     みなさん、こんにちは。
     漫画喫茶974のオーナー、海月くらげと申します。
     さぁ、新たな年を迎え、ニコニコ動画が何やらブロマガ(ブログ+メルマガ?)のサービスをスタートしたみたいですね。
     せっかくですから、私も利用させていただくことにいたしましょう。

     とは言え、三十路超えのおっさんの日常などをつらつらと綴るつもりはございません。
     最近の言葉で言うと「誰得?」でしょうし。

     色々考えたんですが、海月くらげがオススメする「漫画」を紹介していくブログにしようかと思います。
     せっかく「漫画喫茶974」と銘打ってコミュニティを作っているわけですし、蔵書もそこそこありますので。

     とまぁそんな訳で、月に2回くらいのペースで「漫画」を紹介させていただきます。
     よろしければ、ご観覧くださいませ。


     さぁ、記念すべき第1回にオススメするのは、イエスタデイをうたって」です。

    イエスタデイをうたって/冬目景/集英社/ヤングジャンプコミックスGJ(BJ)

     2013年1月現在、集英社から第1・第3水曜日に発売されている「グランドジャンプ」で連載中の作品です。

     ストーリーは、陸生(リクオ)と晴(ハル)と榀子(シナコ)の三人を中心に「登場人物全ての恋心が一方通行」というなんとも切ない状況で、時間だけがゆっくりと過ぎていく……と、言った感じです。
     恋愛だけでなく、将来への一歩を踏み出すための「何か」を探し葛藤する登場人物たちには、私自身も共感を覚えるシーンが多々ありました。
     二十歳前後の「青春」を精一杯生きる登場人物たちにきっと何か感じていただけると思います。

     そしてストーリーはもちろんですが、私がこの作品に惹かれる理由……それが「画風」です。
     画用紙にペンを勢いよく走らせたようなざらついたタッチ。
     一瞬で私は魅了されました。
     以前は荒々しく感じていたそのタッチも、最近ではむしろ温もりを感じます。
     特にキャラクターの肌のラインや、目元などが。

    ↑最新巻は集英社のサイト(http://www.s-manga.net/tameshiyomi/)から試し読みができますよ!

     なかなか進展しないストーリーに、不定期な連載だったりと、待つのが苦手な方にはあまりオススメできませんが、個人的には多くの人に愛される作品だと思います。
     2013年1月現在で8巻(+α)が発売していますから、今から集めてもお財布にはそこまで厳しくないのではないでしょうか。

    次回、第2回は「ガウガウわー太」をご紹介いたします。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。