元パン屋が久しぶりに本気出してみた   (かつサンドレシピ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

元パン屋が久しぶりに本気出してみた   (かつサンドレシピ)

2017-11-16 17:00
    前回のレシピ公開から3年近く経ってしまいました…。



    パン屋時代の経験を元に、"家で簡単に出来るレシピ"をメインコンセプトに、パンに関するあれこれをまとめたシリーズ。

    「元パン屋が久しぶりに本気出してみた」

    ぜひ読んでみてください。
    スマホの方はこちらのリンクからどうぞ




    今回作るのは、かつサンドです。




    今回これにした理由ですが…。

    未だかつて美味しいと思えるかつサンドを買って食べたことがありません。
    (私自身仕事していたパン屋含め)

    大きな理由は
    ・どんなに良いお肉を使っていても出来上がってから時間が経っている。
    ・せっかくのかつが全体にソースが染みわたり食感がベチャッとしてる。
    ・濃いソースでかつの味を殺してしまっている。
    ・濃いソースでパンの味がしない。
     …など。

    といったことから、
    せっかくパン屋で仕事しているのだから、自分で作ろう!
    当時安易に思いつき、色々やってみながらまかないに作ったら美味しかった。

    そのレシピを今回再現してみようと思ったわけです。

    ただ、冒頭でもあるように、
    パン屋時代の経験を元に、"家で簡単に出来るレシピ"をメインコンセプトに、
    パンに関するあれこれをまとめたシリーズが
    「元パン屋が久しぶりに本気出してみた」

    なので今回は、他の方に作っていただき写真を撮っていただきました。




    準備する材料

    ・食パン(パン屋さんで買ってきたもの、出来るだけ焼きたてが望ましい)
    ・とんかつ(スーパーの惣菜コーナーで売ってる揚げ物)
    ・チーズ(チェダー・ゴーダの2種)
    ・オタフクソース(お好みソースを今回使用)


     
     (写真はクリックで拡大表示されます)

    市販のパンだと少し味が弱いので、パン屋で売ってる山型食パンを使います。
    所謂角食と呼ばれるパンは全てではありませんが、
    配合が玉子や乳を使われていることも多く、甘い味になることが多いと思います。
    今回はオタフクソースを使ってますので、シンプルな配合が多い山型をオススメします。

    食パンは6枚スライス、もしくはそれより厚めが良いと思います。
    が、
    今回は出来るだけ焼きたてを…と書いてます。
    パン屋では焼きたてを切ってくれない場合があります。
    理由はスライサーを使うと焼きたての生地が刃にこびり付いてしまうことと
    型崩れしてしまうことが主な原因です。

    自分で切ってしまうこともオススメ
    です。
    以前アップした動画ですが、参考にしていただきゆっくり切れば意外と型崩れしにくいです。


    とんかつはご自身で揚げたものでも構いません。
    ですが、今回は買ってきたものを使う前提で書いていきます。

    チーズは、チェダーとゴーダの2種類を使います。
    市販されているピザ用チーズだと味が物足りなかったり、
    意外とクセが強かったりするので、ゴーダを使い、
    チェダーをプラスすることで味が深くなるのでぜひこの2種類使っていただきたいです。
    ゴーダの代わりにモッツァレラを使うのも良いかもしれませんが、
    モッツァレラはゴーダに比べあっさりしてますので量を少し増やすといいと思います。

    ソースは市販の中濃ソース・とんかつソースだと、ご飯で食べるときは良いのですが、
    かつサンドで使うときは少し味にトゲがあるように思います。
    比較的まろやかで、少し甘みがあるオタフクソースがオススメです。




    レシピ

    ・工程1
     グレーダーを使いチーズを細かくおろしておく

     包丁を使い細かくしておくのもありです。

     


    ・工程2
     とんかつをトースターで焼く

     

     焼く前にオタフクソースを大さじ1杯ほど表面に塗ります。
     ただし片面だけ
     そして全体に塗らずまわり1cmほど塗らないようにします。
     かつの縁のサクサク感も残しておきたいですし、
     何よりトースターがソースで汚れませんw

     

     チーズ2種をのせる。
     チーズは各10gぐらいずつです。
     
     

     焼き加減はそれぞれの好みがあると思いますが、
     かつの衣がサクッとした食感で、チーズが溶けてる状態が望ましいです。

     

     このような感じになります。

     


    ・工程3
     焼いたかつをパンにのせて挟む

     パンには何も塗りません。

     

     もう1枚のパンで挟む

     

     パンをトーストしたらパン自体の味が強くなるのでそれもいいのですが、
     あくまでも今回は焼きたてのパンを…という前提ですので、そのまま使います。

     お好みでトーストしたものも試してみてください。


    ・工程4
     切る

     お好みで食べやすいサイズにカットしてください。

     


    完成

     

    冷めないうちに食べてください。




    元パン屋だのどうこう言ってもかつサンド。
    工程自体は単純で簡単です。
    自分で納得いかなかった部分を少し工夫し、
    衣はサクッと、ソースは抑えてチーズをプラスしただけですw


    作っていただいた方に聞いてみました。

    材料費は
     食パン…6枚切り 267円(しかもメゾンカイザー)内2枚使用
     かつ…1枚 345円
     チーズ…65g 301円×2 内各10gずつ使用
     ソース…300g 213円 内大さじ1杯ほど使用
     材料費計1.427円(税込)で、そのうち実質使用材料費は540円ほど。

    自分で指定しておいてなんですが、ちょっと高くついちゃったかな…。
    多分首都圏店舗で販売したら1.500円くらいになっちゃいそう。

    感想も聞いてみました。
    作ってみた感想は、
    最初に段取り(前準備)をしておけば、短時間で簡単に出来て楽!

    食べてみた感想は、簡単なのに美味しい。
    カツを軽くトーストしてるから、
    衣がサクサクでお惣菜のカツとは思えない仕上がり。
    ソースとチーズの味がしっかりしてるから、
    最初はソースとチーズの量が多くなり過ぎないように作って、
    何度か作りながら好みの味に調節した方がいいかも。

    (中3の感想は、カツとチーズでボリューム満点。
    ソースとチーズの味がしっかりしててボリュームがあるから男子ウケしそう。

    今更ですが作っていただいた方のご紹介。
    【あいこ】さん → Twitter:@hak2002

    1回作って「納得がいかないから!」とわざわざもう作り直してくださいました。

    また、もうひと方記事チェックをお手伝いいただきました。

    ありがとうございましたm(_ _)m




    余談

    食パンの


    …という表記、パン業界で申し合わせて使ってるけど
    …いい加減なんとかならんかね。

    本来「斤」は重さの単位であって、個数の単位じゃないんだよ。



    1斤=600g!




    作っていただいたり、味の感想など、
    下のコメント欄やTwitterなどにリプライしていただけると幸いです。

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    1分にまとめた簡易版レシピ動画もどうぞ




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。