元パン屋が久しぶりに本気出してみた   (飾りパン作ってみた)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

元パン屋が久しぶりに本気出してみた   (飾りパン作ってみた)

2018-12-14 01:44
  • 5
またしても前回のレシピ公開から1年経ってしまいました…。



パン屋時代の経験を元に、"家で簡単に出来るレシピ"をメインコンセプトに、パンに関するあれこれをまとめたシリーズ。

「元パン屋が久しぶりに本気出してみた」

ぜひ読んでみてください。
スマホの方はこちらのリンクからどうぞ




今回作るは、飾りパン(クリスマスリース)です。

  

今回これにした理由ですが…。

「あぁ…そういえばクリスマス前に飾りパンとか作ってたなぁ…。」

…と、たまたま思い返したからです。


でも生地作るのメンドクセェなぁ…
でも生地は買ってくること出来ないし…

ってことで、ホームベーカリーを使いました。


このシリーズで初めて生地から作ります。




準備する材料

・強力粉(100.0%)
・砂糖(12.0%)
・塩(2.0%)
・マーガリン or バター(8.0%)
・水(66.0%)

・玉子(1個)

※カッコ内の数字は、粉に対しての割合です
 今回は強力粉250gで作ったので
 強力粉 250g
 砂糖 30g
 塩 5g
 マーガリン 20g
 水 165cc  でした

今回の最大の特徴は「イーストを使わない」ことです
※使う場合はインスタントドライイースト(2.0%)

あくまでも飾ることが前提なので、イーストを使わず”悪く”ならないようにします。
 

レシピ

・工程1
 ホームベーカリーの「生地モード」で生地だけを作ります。
 




 材料は玉子以外全部入れちゃいます
 

・工程2
 サラダ油を塗ったボウルに生地を入れて30分ほど休ませます

 

・工程3
 生地を分割して10分ほど休ませます。

 今回は 50g ×6
     15g ×9 を用意しました


・工程4
 成形します

注 Flash Playerが有効でないと動画プレイヤーが動作しません
  クリックして動画ページにてご視聴ください


・三つ編みリース



 50gの生地を3本使います。

元パン屋が久しぶりに本気出してみた「飾りパン その1」三つ編みリースポイント
 生地は一気に伸ばさないようにします
 少し伸ばしたら休ませ、また伸ばす…と、少しずつ伸ばします


・三つ編みリース(別Ver.)

 15gの生地を9本使います。



ポイント
 普通の三つ編みよりも細く伸ばす必要があるため生地が切れないように気をつけます
 一度細い三つ編みを3本作り、更に三つ編みにする…という方法もあります。


・ツイストリース

 50gの生地を1本で作ります




ポイント
 生地1本に生地でリースを作るので、長く長く伸ばす必要があります
 ※生地2本で作る方法もあります


・四つ編みリース

 50gの生地を2本使います




ポイント
 
 髪の毛で結うことも無いと思うので混乱しないように…w


・工程4
 焼きます

 イーストを入れてないので、成形後少し休ませた程度で焼きます。

 玉子をホイッパーで溶き、成形した生地に塗ります。
 この時数滴水を入れると卵白が解きやすくなります

 本来飾りパンには玉子を塗らず、焼成後にニスを塗ったりするのですが、
 個人的にイーストを入れなくても食べられるものなので、ニスを塗るのは
 どうしても躊躇してしまうので、私は塗りません

 玉子を塗る時は刷毛を使ってムラ無く塗るのがセオリーですが、
 あえて刷毛を使わず、スプーンで掬い塗りました。

 焼成時間は、家庭用オーブンで200℃で20分強焼いて
 出来るだけ生地内の水分を飛ばします。

 天板にはクッキングシートなど敷いておくとくっつかないと思います。


・できあがり



 他にもリボンを巻いたり、生地を型抜きしたものを飾り付けてもいいと思います。
 別で焼いた生地をボンドなど接着剤でくっつけることもありますが、
 やはり食べ物である…という大前提があるので私は出来ないです。




・おまけ

 実は家でパンを作る(成形する)のは初めてで、
 先立って練習がてら同じ手順で生地を作ってみたのですが…。

 水分量ミスって柔らかくなりすぎて失敗しました…w

 せっかくなので、その生地を使って、「かにパン」と「かめパン」を作ってみました

 生地は、図のように6:2:1:1くらいの割合で小分けしておきます
・かにパン



ポイント
 2の割合の生地は、ハサミを表現するので、真ん中だけを細く、両端は太くします
 成形後にナイフで背中に浅く切り込みを入れたり、
 レーズンでかにの目を表現したりなど飾り付けをします。


・かめパン



ポイント
 2の割合の生地は、頭と尻尾を表現するので、片方は太く、反対側は細くします。
 成形後はナイフで亀の甲羅を表現し、やはりレーズンなどで目を表現します。



 今回いざ作ってみたら、生地をイジるのは数年ぶり…ということもあり、
 現役の方が見たら鼻で笑われるレベルだと自覚しています…。

 ですが、ホームベーカリーで生地を作れば
 (失敗しましたが)失敗することも少なく、
 イーストも使ってないので発酵ミスもなく、
 キッチンではスペースがないので食卓を使ったりなど、
 お子さんと一緒に作れるのでは…?という大前提で今回書いてみました。

 作っていただいたら、
 下のコメント欄やTwitterなどにリプライしていただけると幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





広告
×
もう少しがんばろうぜw
13ヶ月前
×
13ヶ月前
×
lauidg,sdhvs.lhgis.
13ヶ月前
×
食い物にニス塗ったり接着剤って・・・やっぱ向こうの文化はどっかおかしい(良い面も在るけど)。
13ヶ月前
×
カメかわ
13ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。