登場人物紹介 Part1 〜第1話から第2話 前編まで〜
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

登場人物紹介 Part1 〜第1話から第2話 前編まで〜

2019-01-06 19:03

    "奏と愉快な仲間たち"をご視聴いただき、ありがとうございます。ゆきPです。
    多くの方に見ていただけてうれしい限りです。


    今回は簡単な登場人物の紹介、及び選んだ理由についてです。
    第2話前編時点で登場人物は3人だけですが、これから増えるに従い、頃合いを見てまたやっていこうと思います。twitterでも同じようなことをやってますので、重複する点もあると思いますが、こっちはこっちでッ!

    1. 雪野奏(ゆきのかなで)
    この人がいないと始まりません。本動画の主人公であり、ここの提督です。ラフで気ままな人ですが、仕事はきっちりこなしています(一応提督ですから←)
    トップの人がこんな人だと、職場の雰囲気は良さそうですね。
    ちなみに鎮守府のモットーは

    自分がされて嫌なことを他人にするな

    だそうです(かっこいいね)

    続いて選んだ理由ですが...、自分と見た目が似ているから←
    "自分の妄想劇なんだから、自分と似たモデルさん使えばいいんじゃね? 気分も上がるし。"、という発想からです。

    間違っていませんでした、めちゃめちゃ楽しいです。

    2. 航空母艦 天城(あまぎ)
    人事異動で大抜擢され、秘書艦デビューを果たしました。姉妹想いでしっかり者のように見えますが...、がッ!、他人に流されやすく失敗も多い、天然な子です(大本ではこんな子じゃないと思うので、どうかご安心下さい)。
    秘書艦になって最初の仕事は、扉の修理でした。

    選んだ理由ですが、もう完全に見た目です。ゆきPは2015年の夏に着任したのですが(最初のイベが、報酬:照月の時の夏イベで、E-3で泣いたのはいい思い出)、wikiを見ていてずっと入手したかったキャラでした。その後にイベでドロップしてから、気付けばlv.126に(全体で第2位)
    と、思い入れがあり本作品登場です。

    3. 重巡洋艦 摩耶(まや)
    天城と入れ替えになった、前の秘書艦です。キャラクターの設定は大本と大差ありません。上機嫌かムスッとしてるかのどっちかです。

    続いて選んだ理由ですが...、大本の艦これで自分が最初にケッコンカッコカリをした子だからです(lv.127でゆきPの鎮守府ではトップ)
    ケッコンカッコカリした理由は、また別記事で書きたいと思います。書くと長くなってしまうと思うので...。

    今回は以上です。中身のない文章ですが、気楽に読んでただけたらとッ。

    ではッ!

    コメントに関して・・・
    第1話、扉破壊の演出に関して、予想以上の反響を頂いててびっくりしてます笑
    ウチの子たちはみんな扉を雑に扱うんですよね...。
    そして警告文の誤字の指摘、ありがとうございます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。