外付けBoot Campを試した結果
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

外付けBoot Campを試した結果

2019-07-30 19:45
    2度失敗してしまった...。

    MacBookProでWindows10をBootCamp!
    初めはこちらのtaka様のブログを参考にしていたのだが、
    どうもうまくいかない...。





    またある時は、
    「You can't change the startup disk to the selected disk」

    意訳)お前の選んだそのディスクじゃ起動ディスクにできないよ。
    そこで...。

    Mac mini(2018)でWindows 10を外付けSSD(Thunderbolt 3)にインストール

    こちらのこっぽら様の記事を読んだところ、どうやら失敗の原因は【T2チップ】っぽい。
    【T2チップ】とは2018年以降に発売されてるMac mini, Mac Book Air及びProに搭載されているApple社が取り付けたセキュリティチップのこと。
    そして実はiMac Proにも取り付けられている。
    そしてどうやらWindows10のISOイメージと、BootCampアシスタントが作成するWindows10のインストールメディアでは違う部分があるのだとか...。
    これはT2チップを搭載したMacのみに発生しているのかはわからないが、同じT2チップを搭載しているこの方のMac miniでも、同じ現象に遭遇しているのだからきっとそうなんだろう笑
    そして最初に紹介したtaka様の記事に登場するMac Book Proは、2016年モデルなので当然T2チップは積んでいないことになる。


    やることが違ったわけだ←


    というわけでまた明日、ReTryしてみようと思います...。
    正直1TBもあるんだから、素直に50GBを割いてWindowsに与えた方が利口なのではないかと思い始めている笑

    なんか辛。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。