【Adobe】画面配置をカスタマイズしよう。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Adobe】画面配置をカスタマイズしよう。

2020-02-06 13:29
    Adobeのソフトは、操作パネルを入れ替えたり要らないものは消したりユーザーの手でカスタマイズすることができます。

     デフォルトの配置っていうものなかなか考えられていて使いやすいものではあるんですが、それを用いて行う制作や編集の内容は人によって様々。ですので慣れてきますと「このパネルは基本触らないから畳んでしまえ」ですとか、「これの次にはこれを触るからその下にドッキングしておこう」等ユーザーによってカスタマイズされていくわけですね。

    いうわけで思うところがあったので変えてみました。
    ・After Effects



     一番の変化はprojectパネルを右下に持ってきたことですね。マウス操作に関しては右側の領域が使いやすく、次に紹介するPremiere ProでもEffectsの一覧を右側に表示させていて、右側にカーソルを持っていくことに慣れているのでそれを引き継ぐ形にしました。

     そして画面左側。新しく導入した「GG 分解」ですが素晴らしいです】
    入力したテキストを文字ごとに分解ですとかワードごとに分解できるのはもちろんのこと、テキストを構成しているパーツを可能な限り分解しシェイプに変換してくれる優れもの。
     テキストを右クリックして「テキストレイヤーからマスクを生成」とはまた異なる分解結果となるため、あると重宝します。ですが制作者様が言われているようにうまく分解することができないフォントも存在するので、その点は注意していただきたい。

     黒金のブログで説明した「購入者がいくらで買うかを設定できる」ものの対象ですので、実質無料で手に入れることができます。よかったら是非。

    GG Bunkai - Text to Shape Layer Converter -
    購入ページへのリンクです。



    ・Premiere Pro



    こちらもガラッと変えました。
     ちなみに第1話を制作している際は......。

    [第1話のブログより]

    こんな感じでした。だいぶ変わっていますね(笑
     ご覧の通り一番の変更点は一番左の「プロジェクトパネル」です。MMDの編集では、と言いますか私の作品では素材が600点を超えるので、ある程度の数を一覧できる状態にしておかないと非常に効率が悪いんです。いちいちマウスを持っていき「どこだっけ......。」と探すのは時間の無駄ですよね。
     
     本来ならサブディスプレイを用意してそこに素材を全画面で表示させたいところですが、27inch iMacに横付けできるモニターってほとんど無いんですよね(見た目の問題)
     またiMacの解像度が高すぎるため、用意するサブも違和感の問題で4Kでなければならないのもまたチョイスを難しくしている。純正で手頃なのを出してくれないかな......(LGじゃなくて)

     あと特筆すべき点はテキストの入力が多いので、「エッセンシャルグラフィックス」は常に右側に表示させ、切り替えで「Effectsの一覧」が出せるようになっていること。
     そして「ミキサー」は"Pro Tools"があるため不要なので、畳んでしまったことぐらいかな。


     そしてもう一つ。


     大御所YouTuber HIKAKINさんのUIをモチーフにしそこから自分流にアレンジしたものですが、基本的に私はグラデーションとかの装飾テキストは"Illustrator"で作るので、「レガシータイトル」って使わないんですよね......。ここまでしておいてなんですが(笑
     
     私の場合ですとテキスト自体にモーションを取り入れることが多いので、そのような場合は"Illustrator"でテキストを作成してから"After Effects"に持ち込む必要があるので、こちらの方が都合がいいんです。
     もちろんモーションを入れないグラデーションのテキストもあるので、そういうのは「レガシータイトル」で制作した方が速いんでしょうが、自分用にライブラリをアップデートしなければならないのでちょっと億劫だったりする......。



    以上。AdobeソフトのUIをカスタマイズするお話でした。
    皆さんも是非。パネルを意のままに配置してストレスフリーで快適なAdobeライフを。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。