ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

takaさん のコメント

基本的な質問で申し訳ないのですが、smelterの使い方が分かりません。具体的には、インゴット等を搬入すればパイプ等で液体金属として搬出できることまでは分かりましたが、そこから先どのようにしてmoldに流し込めるのかが分かりません。何を挟めば固体金属として取り出せるのでしょうか?
No.1
45ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
大変長らくおまたせいたしました、放送で使ってるワールドが新世代エネルギー時代に入ったので書いていきます 変なところや聞きたいことがあればコメントで チュートリアル    蒸気時代 ← | 電気革命時代 ここ | → 電気時代   目次へ → ar1256410 2017/05/02:目次投稿により一部修正 2018/01/12:現最新版GregTech ver6.06.08の仕様へ更新 2018/04/24:一部修正と現最新版GregTech ver6.07.11の仕様に対応している事を確認 この時代で目指すこと ・新たな機械を作って、一部気体(Gas)の確保 ・今まで使っていた変換マシンを電気化していく ・蒸留塔を作り石油からプラスチック(Plastic)を生産する ・ニクロム(Nichrome)と軟銅(Annealed Copper)の生産体制 この時代で探しておくべき物 ・アンチモン(Antimony)が取れる鉱脈 ・ネオジム(Neodymium)が取れる鉱脈 ・石油(Oil) 目次 1.電気時代への準備 2.プラスチックを作ろう 1.電気時代への準備 今後必要になってくる物で生産量も低く、長時間稼働させないとまともな量を確保できないものがあるので電気化が進むであろうこの時代から長時間稼働するといい感じ集まります 今後必要になってまともな量が必要になるものは プラスチック(Plastic)、アルゴン(Argon)、ヘリウム(Helium)、ソルダリング合金(Soldering Alloy) です、これらはすべて電気時代に要求され、更に先の第三次エネルギー革命時代、新世代エネルギー時代にも要求されます。 まずは新しい機械を作っていきます、急いで作るべきものは ミキサー(Mixer※入力はRUかEU) です、これと スメルター(Smelter) を組み合わせると一部の各種合金(作れる合金自体がスメルターで溶かせる物のみ)を作ることができ、大変便利です(編集中に気がついてしまった)。そして ソルダリング合金(Soldering Alloy) を作るのにも必要です ソルダリング合金は 錫(Tin):9とアンチモン(Antimony):1をミキサーにかけることで製作可能です 次に アルゴン(Argon)、ヘリウム(Helium) の入手のため 遠心分離機(Centrifuge(入力RU))と圧縮機(Compressor(入力KU))と空のセル(Empty Cell) を作ります   空のセルを 圧縮機(ブロンズ製の16~64KU/t 定格32KU/tでもおk)にかけて圧縮空気セル(Compressed Air Cell)を作りそれを遠心分離機(ブロンズ製でも行けるが最大効率64RU/tじゃないと動かない)にかけるとアルゴンとヘリウムとネオン(Neon)ができます、空のセルは消費されないので一応無限ループできます ↑GregTech ver6.06.03以降使えなくなりました、よって アルゴン(Argon)、ヘリウム(Helium) の入手のため 遠心分離機(Centrifuge(入力RU))と空気孔(Air Vent)と必要ならばガスを扱えるGreg製液体パイプを用意します。 空気孔(Air Vent)をパイプや 遠心分離機(Centrifuge)の液体搬入口にセットすると空気(Air)が搬入され、それを遠心分離することによって アルゴン(Argon)、ヘリウム(Helium)などの気体(ガス(Gas))を入手できます。 空気(Air)はディメンションによって変化し内容物も少し異なります ネオン(Neon)もあるレシピに使ったりするので溜めておきます 空気(GregTech的にはガス(Gas))が作れますが、液体扱いですGregTechの液体パイプを使います。ですが一部パイプはガスを運ぶ事ができないので注意です(他のMODのパイプだと運べる模様) 2.プラスチックを作ろう 次に作るのは プラスチック(Plastic)を得るため GregTech6で最も巨大なマルチブロック機械である蒸留塔( Distillation Tower 入力HU(下の画像参照) 64~256HU/t 定格128HU/t) です。サイズは3×3×9になります。  構成ブロックは一番下の3×3×1が ヒートアクセプタ(Heat Accepter(レシピは下の画像)) ヒートアクセプタの上に 蒸留塔の本体(Distillation Tower (レシピは下の画像)) )を一つと残りは 蒸留塔のパーツ( Distillation Tower Part (レシピは下の画像)) )を設置し、それより上はすべて 蒸留塔のパーツを3×3×7になるよう計63個設置すれば完成です。蒸留塔自体の素材はステンレススチールになります   蒸留塔を稼働させるには 64~256HU/t(定格128HU/t)を ヒートアクセプタのどこでもいいので入力させると稼働を開始します。 蒸留塔は 後ろの一番下の穴から石油を搬入 し、それより上の穴は生産物の取り出し口です。 生産物は下の穴から 全て 液体として 潤滑油(Lubricant)、燃料(Fuel(BuildCraft導入時のみ))、ディーゼル燃料(Diesel)、灯油(Kerosene)、ガソリン(Petrol)、ブタン(Butane)、プロパン(Propan) です、アイテムは 全て小さな粉としてパラフィンワックス(Paraffin Wax)、アスファルト(Asphalt)、プラスチックパルプ(Plastic Pulp)が生産され、搬出は一番下の 蒸留塔のパーツ( Distillation Tower Part) から行います 今後必要になってくるネオジムが取れる鉱脈もこの時に探しておきましょう  これである程度電気化でき、資材も集まれば電気革命(第二次エネルギー革命)時代はおしまいです  次は電気時代へ