ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

放送裏話:放送用ワールドで現在製作中の鉱石処理ラインについて(6/30:現状と予定を更新)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

放送裏話:放送用ワールドで現在製作中の鉱石処理ラインについて(6/30:現状と予定を更新)

2017-05-17 00:49
    4月下旬(Mekanismの物も含めると去年の9月くらいから)より作成している鉱石処理ラインについてそれの詳細と現在完成している部分、今後の予定をメモ代わりに書いておきます

    質問等あればコメントで

    ・鉱石処理ライン詳細
     大きく分けて「Mekanismの鉱石5倍化ライン」と「GregTech6とIndustrial Craft2を用いた鉱石処理ライン」と「製錬ライン」の製作を予定しています。
     「Mekanismの鉱石5倍化ライン」は日本語wiki等に詳しい説明があるので説明は省きます。
     「GregTech6とIndustrial Craft2を用いた鉱石処理ライン」は私がこちらに挙げている物のIndustrial Craft2の粉砕機(Macerator)の部分を省いた省略版になります。(副産物取れない処理だし必要ないよね?)
     「GregTech6とIndustrial Craft2を用いた鉱石処理ライン」の搬入出、運搬、切り替え、選別は当初全てGregTech6で賄おうを思ったのですが、テストをしたらGregTech6だけでは経路切替が出来ず運搬の制限がボトルネックになって詰まってしまったので、経路切替はApplied Energistics2のアドホックネットワークとP2Pトンネルとトグルバスを用い、選別はGregTech6フィルター(フィルターにはGregTechのパイプしか使えない)を用い、搬入出と運搬は高速で流す量に制限が無いLogistics Pipeのパッシブリクエストを用いました
     「製錬ライン」は上記のラインで生産される粉(Dust、「Mekanismの鉱石5倍化ライン」でも時々精錬できないので)を精錬するものになります。現在はまだ計画段階でImmersive Engineeringのアーク炉を使おうかなって・・・(GregTechの影響で高速で全ての粉を製錬出来る機械がバラバラすぎて辛い)。その為このラインだけは上記ラインと切り離す予定でPractical Logisticsでモニタリング(できれば炭素電極を・・)を行い、メインコントロールルーム(製作予定)から搬入した粉を製錬するラインになります
     上記の鉱石処理ラインをメインコントロールルームで切り替え(「GregTech6とIndustrial Craft2を用いた鉱石処理ライン」では処理方法も切り替えれるように、)とモニタリング、搬入出来るようにし、自動でアイテム判別ができて最終的にApplied Energistics2のメインネットワークストレージに格納できるようにします。

    ・現状の整理(6/30更新)
     ・Mekanismの鉱石5倍化ライン(製作済み)
       → 全行程の作業完了(機械設置、配線、配管、テスト稼働など)
     ・GregTech6とIndustrial Craft2を用いた鉱石処理ライン(現在製作中)
       → 足場の設置(6月12日現在で一部完了、4/5位)
       → GregTech6の全機械設置(6月12日現在で一部完了、2/3位)
       → Industrial Craft2の全機械設置(6月30日現在、実施済み)
       → GregTech6のEUから各種エネルギー変換装置の設置
         (6月16日現在で完了、配線待ち)
       → EUの配線(6月12日現在で一部完了、4/5位)
       → Logistics Pipeのパッシブリクエストを用いた搬入出と一部運搬経路の配管
         (5月20日現在で一部完了、4/5位)
       → Applied Energistics2のアドホックネットワークとP2Pトンネルによる一部運搬経路
         とそれぞれの経路切替えの為の準備(5月20日現在で一部完了、4/5位)
       → GregTech6のフィルター(Filter(Ore-Dictionary Prefix))とパイプによる主産物と
         副産物の分別(5月15日の生放送で完了)
       → GregTech6の化学洗浄処理の薬品搬入出の配管(5月16日現在で計画段階)
       → GregTech6の化学洗浄で使う薬品生産及び処理施設(5月16日現在で草案段階)
       → GregTech6の鉱石洗浄で出る洗浄済み液(Sluice Juice)の処理機構
         (5月20日現在で一部完了、2/5位)
       → 経路切替用のレッドストーン信号配線
         (6月30日現在、実施済み)
       → テスト稼働(6月30日現在、遠心分離機と浴槽のライン以外完了)
       → メインコントロールルーム建設(6月30日現在、モニタリング部分完成、
         この生放送からメインコントロールルーム建造開始)
       → メインコントロールの搬入、アイテム判別、レッドストーン信号関連の建設
         (6月30日現在、実施済み)
     ・製錬ライン(6月30日現在、実施済み)
       → Immersive Engineeringのアーク炉のレシピ確認(5月20日現在、実施済み)
       → テストワールドでの検証(5月20日現在、実施済み)
       → モニタリングテスト(5月20日現在、実施済み)
       → 放送用ワールドに設置(6月30日現在、実施済み)
       → RFエネルギーの配線(6月30日現在、実施済み)
       → アイテムの搬入出配管(6月30日現在、実施済み)

    ・予定している規模(計算による予測も含む)
     ・Mekanismの鉱石5倍化ライン(製作済み)
       鉱石結晶化7ライン、エリート化した機械による鉱石製錬3ライン
     ・GregTech6とIndustrial Craft2を用いた鉱石処理ライン(現在製作中)
      GregTech機械にあるNEIレシピより導き出した下記式を用いた計算による予測を含めます

      GUはGregTechEnergyUnitの略でRUやHUの事を指し、Xは並列処理をする機械の総数
      Mは素材の個数、Pは主生産物の個数、Outputは1Tickあたりの主生産物の総数となります
      今回はアダマンチウムを最上位のGregTechの洗浄機を10機並列処理した時
      (C=2048RU/t、E=4096RU/t、X=10、M=1、P=1)のOutputの値、20をベースとして
      計算します
       一次粉砕処理
        クラッシャー(Clasher) × 100機?
       洗浄処理
        洗浄機(Sluice) × 10機
        鉱石洗浄機(Ore Washing Plant) × 10機
        浴槽(Bath) × 256~512機(?)
        熱遠心分離機(Thermal Centrifuge) × 10機 
       第一選別
        熱遠心分離機(Thermal Centrifuge) × 10機
        電気ふるい(Electric Sifter) × 9機
        磁気分離機(Magnetic Separator) × 10機
        浴槽(Bath) × 256~512機(?)
        粉砕機(Shredder) × 150機(マジかよ・・・・)
         1 ÷ 30720/4096 × X × 1 = 20 × 1
            0.133333・・・× X = 20
                     X = 150
       最終粉砕
        粉砕機(Macerator) × 10機(使わないと言ったな?あれは嘘だ)
       最終選別
        電気分解機(Electrolyzer) × 60機
         1 ÷ 24576/8096 × X × 1 = 20 × 1
            0.333333・・・× X = 20
                     X = 60
        遠心分離機(Centrifuge) × 60機(マルチブロックタイプで60機・・・)
         1 ÷ 245762/4096 × 1/2(マルチブロックボーナス)× X × 1 = 20 × 1
                            0.333333・・・× X = 20
                                    X = 60
       洗浄済み液(Sluice Juice)処理機構
        乾燥機(Dryer) × 80機(キリが悪いから・・・)
         1 ÷ 2048/4096 × 10 × 1000(L) = 1 ÷ 1600/4096 × X × 100(L)
                1/2048 × 10 × 10 = 1/1600 × X
                          X = 78.125
        スタンドアロン型モレキュラーアセンブラ(小さい粉から普通サイズへ) × 30機?
        洗浄済みの砂(Sluice Sand)用の磁気分離機(Magnetic Separator) × 16機?
       当初予想よりだいぶ規模が巨大化してる件
     ・製錬ライン(現在建設中)
       Immersive Engineeringのアーク炉 × 12機
    ・今後の予定(6/30更新)
     ある程度完成したのでメインコントロールルームの残りを建造しながら、養蜂を進める予定です
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。