GregTech6 チュートリアル 準備編(2018/02/07更新)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

GregTech6 チュートリアル 準備編(2018/02/07更新)

2018-01-12 21:06
    今更チュートリアルを更新します、準備しないといけないこともあるので書いていきます

    チュートリアル
      準備編 ここ | → 原始時代
      目次へ → ar1256410

    2018/02/07:現最新版GregTech ver6.07.00の使用へ更新

    準備その1:導入MOD編
    ・GregTech6を導入するための前提MOD
     ・Minecraft Forge ver1614以上
     ・IndustrialCraft² ExperimentalのBuild 827以上かIndustrialCraft²-Classic by Speiger
      ↑必要なくても起動しますが・・・。発電機や機械などが現GregTechだと弱かったり
      ずっとエネルギー使ったりするので入れといて損はない
     ・NotEnoughItems
      ↑なくても大丈夫ですがレシピを探すのにむっちゃ苦労します
     ・Fastcraft ← 軽量化のために入れておきましょう
    ・同時導入する際の注意点
     ・Optifine:GregTech6のモブがわかないブロックに敵が湧くようになります
     ・RailcraftVersion 9.12.2.0を使うこと
     ・ForgeMultipart:Version 1.2.0.347を使うこと
     ・Mystcraft:core.cfg内のuseconfigsをtrueに設定すべき。
      新規生成チャンクに入った時、とてつもなく重くなるため

     ・Applied Energistics2:ワールド生成時の隕石落下によってGregTechの鉱石が空に
      なります。問題は特に無いです、もしConfigでオフにしてもレーザー彫刻機で作れます。
     ・Enviromine:このMODの物理モジュールはGregTech6に対応してないため鉱石が空に
      なります。物理モジュールを無効にするか、GregTech6のすべてのブロックをブラック
      リストに指定して下さい
    ・現状競合するMOD(パフォーマンスが大幅に低下するMOD)
     ・Chromaticraft
     ・HBM's Nuclear Tech

    準備その2:知っておくといい知識
    ・欲しい金属がどこの鉱石から取れるか知る方法
      欲しい金属の粉(インゴットではなく)のレシピをNEIで検索、その中の鉱石副産物リスト
      (Ore ByProduct List)を参照する
      Configから探すことはあまりおすすめしません、クロム(Chromium)などが無かったり
      するので・・・一応WorldGenerationNew.cfgで生成できる物を確認できます
    ・欲しい鉱石の鉱脈を掘らずに見つける方法
      岩(Rocks)に鉱物が含まれている場合、その鉱物を持つ鉱脈があるので。岩(Rocks)を拾う
    ・鉱脈を簡単に探す方法
      鉱脈はデバッグ表示(F3キー)で見た時のX,Z座標のcの値の絶対値を3で割った時に余りが1
      となるチャンクを中心に生成され、そこを直下掘りする。一つの鉱脈から
    48メートル離れ
      るごとに直下掘りをする、鉱脈はバイオーム生成と独立しています
    ↑ver6.07.00以降デフォルトでこの方法が使えなくなりました。コンフィグで設定を変えるとこの方法も使えます

    準備その3:心構え
    ・情報が不足しています、知らない情報があってもめげない挫けない心を持ちましょう
    ・結構鬼畜です。何があってもやり抜く気持ちで頑張りましょう

    レッツプレイ GregTech6!!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。