• 「あの王墓から想像される絶対権力者の王が、どうして、このように、鬼神をおそれたのであろうか」

    2020-07-04 00:31


    画像1:古代中国の殷王朝の時代の青銅器(簋(き)(英語表記:gui))

    「この多様にして広大な大陸は、悠久の時の流れのなかで、世に比類ない美術を生み続けてきた。神話と呪術に裏づけられた鬼神の美術は、やがて怪力乱神を敬して遠ざける人間の美術となった。それらの多くは、死者を慰めるために大地に埋められ、数百年、数千年の時を経て掘り起こされ、現代に衝撃をはしらせる。」

    (出典: 〔序文〕 (1981年) 樋口隆康(著者), 菅谷文則(著者), 繭山康彦(著者), 陳舜臣(著者), 利根山光人(著者), 林巳奈夫(著者), 岡村秀典(著者), 『新潮古代美術館 10 : 鬼神と人間の中国』, 新潮社, 7ページ.)

    ●画像1:の出典: "Gui (vessel for serving grain) China Shang Period 13th century BCE Bronze" by Mary Harrsch on Flickr (License: CC BY 2.0).
    https://www.flickr.com/photos/mharrsch/20155596255/




    画像2:中国の安陽(現在の河南省安陽市)にある、古代中国の殷王朝の時代の殷墟から出土した青銅器(司母戊鼎(しぼぼてい)(英語表記:Si Mu Wu Ding))の複製品(レプリカ)

    「商王は絶対の権力をもっていた帝王であった。安陽の殷墟から発見された王墓には、大量の奴隷や動物を犠牲として、ほうむり、多くの財宝をみたした。あの王墓から想像される絶対権力者の王が、どうして、このように、鬼神をおそれたのであろうか。権力者でももっていた人間の弱さをかいまみるようである。」

    (出典: 樋口隆康 (1981年) 「古代中国の祭祀」, 「鬼神の世界」, 「中国古美術の展開」, 樋口隆康(著者), 菅谷文則(著者), 繭山康彦(著者), 陳舜臣(著者), 利根山光人(著者), 林巳奈夫(著者), 岡村秀典(著者), 『新潮古代美術館 10 : 鬼神と人間の中国』, 新潮社, 89ページ1段目.)

    ●画像2の出典: "anyang yinxu - si mu wu ding" by Xuan Che on Flickr (License: CC BY 2.0).
    https://www.flickr.com/photos/rosemania/4430509434/




    画像3:夔(き)(「大荒東経」, 『山海経』(せんがいきょう)より)

    ●画像3の出典:「夔(き)」, 「山海經18卷. [4]」, 国立国会図書館デジタルコレクション, コマ番号:14 (著作権保護期間満了 (パブリックドメイン) ) より, 元の画像を加工・編集して使用しています.
    https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2555516/14
    書誌情報:郭璞(かくはく)(伝), 蒋応鎬(絵図) ([明刊]) [「夔(き)」の項目], 『山海経 第十四:大荒東経』.
    https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2555516/8


    「夔神鼓(きじんこ)をかたどった古代中国の青銅器にみる、太鼓のかたちをした夔(き)のすがた」
    https://wisdommingle.com/?p=19766#jump_200713a


    「これ好奇のかけらなり、となむ語り伝へたるとや。」


  • 広告
  • 『石山寺縁起絵巻』第1段に描かれた比良明神と、水神の証(あかし)

    2020-06-01 23:17



    『石山寺縁起絵巻』〔模写〕〔一部分〕
    第1段詞書(ことばがき)



    『石山寺縁起絵巻』〔模写〕〔一部分〕
    第1段絵図



    比良明神(ひらみょうじん)(岩に座して釣り糸を垂れる老翁)と、良弁僧正(ろうべんそうじょう)
    『石山寺縁起絵巻』〔模写〕〔一部分〕
    第1段絵図

    「この姿はいづれも水神としての要素をあらわし、なかでも釣竿は水界を支配する表象であると解釈して、「釣をする老翁は、水界支配に関わり、水路さらには土地の教導者」としての神であるという」

    (出典: 阿部泰郎 (1980年) 「二節 白鬚明神: 比叡山縁起」, 「四章 比良山の神々」, 「一、比良山系をめぐる宗教史的考察: 寺社縁起を中心とする」, 『比良山系における山岳宗教調査報告書』, 元興寺文化財研究所, 48ページ.)

     えの!   しま!!  どーん!!!
    (」・ω・)」 (〉・ω・)〉 (/・ω・)/

    どうも、倉田幸暢です。
    m(_ _)m

    滋賀県大津市石山寺(滋賀県南部)に、石山寺(いしやまでら)というお寺があります。

    この石山寺の縁起(お寺の起源についての伝説)を描いた、『石山寺縁起絵巻』という絵巻物があります。

    この『石山寺縁起絵巻』のなかには、ぼくが研究している香取本『大江山絵詞』(かとりぼん・おおえやまえことば)の絵巻のなかに描かれている、酒天童子(酒呑童子)の原型のひとつとなったとおもわれる、比良明神(ひらみょうじん)という神が登場します。

    この下の引用文は、その『石山寺縁起絵巻』の第1段の詞書(ことばがき)のなかの、比良明神についての記述がある部分です。

    夫石山寺者
    聖武皇帝之勅願、良弁僧正之草創也。本尊は二臂の如意輪六寸の金銅の像、聖徳太子二生の御本尊云々。丈六の尊像を造て其御身に彼お像をこめたてまつる。

    〔中略〕

    蔵王の作るところ、黄金を祈て盧舎那仏の荘厳をそへ、古老のかたるところ、紫雲を尋て比良の明神の施興を得たり。是を旧記に撿てみな不朽に伝ふ。

    〔中略〕

    近江国志賀の郡水海の岸の南に一の山あり。大聖垂迹の地なり。かの処にて祈申べしと云々。其告によりて僧正この山にたづね入に、一人の老翁岩ほの上にして釣をたれしにあへり。僧正尋問て言、汝はなに人ぞや。又このところに霊処ありや。答云、この山の上に大なるいはほあり。 八葉の蓮花のごとく、紫雲つねにたなびきて、瑞光しきりにかゞやく。観音利生の砌、地形勝絶の境なり。我は又当山の地主、比良明神也と云てかきけすやうにうせにけり。

    (出典: 『石山寺縁起絵巻』第1段詞書(ことばがき).)


    ちなみに、滋賀県の琵琶湖の西部(湖西地域)や、南部(湖南地域)には、比良明神が座って釣り糸を垂れていたとされている「釣垂岩」(つりたれいわ)という伝説がある岩が、いまも複数、現存しています。具体的には、下記の場所に、「釣垂岩」があります。

    ●白鬚神社(しらひげじんじゃ)(滋賀県高島市鵜川)の釣垂岩(比良山地(ひらさんち)のふもとの釣垂岩)

    ●比叡山延暦寺の小比叡峰(おびえみね)の中腹の修禅峰道(しゅうぜんみねみち)の釣垂岩

    ●石山寺(いしやまでら)の釣垂岩(比良明神影向石(ひらみょうじんようごうせき))

    ●奥津島神社(おくつしまじんじゃ)(滋賀県近江八幡市北津田町)のあたりにあった釣垂岩(場所不詳)

    これらの「釣垂岩」は、どれも水に関係のある場所にあります。具体的には、つぎのようなかんじです。

    ●白鬚神社(しらひげじんじゃ)の釣垂岩は、文字通りの、「水際」(みずぎわ)である、琵琶湖の湖岸にあります。

    ●比叡山延暦寺の小比叡峰(おびえみね)の中腹の修禅峰道の釣垂岩がある場所は、水源地帯です。小比叡峰を水源として流れ出た水は、その東の地主谷をとおって、大宮川となり、比叡山地の中央の谷を南下して、やがて、東のふもとである坂本の地域を流れて、琵琶湖へと注いでいます。

    ●石山寺の釣垂岩(比良明神影向石)については、石山寺のすぐ東には、瀬田川が流れています。また、かつては、瀬田川の流れは、現在よりももっと、東大門(石山寺の正門)のちかくを流れていたそうです。また、石山寺には、かつて、八大龍王が出現したとされている、龍穴と呼ばれる池がいまも現存しています。

    ●奥津島神社のあたりにあった釣垂岩については、奥津島神社は、琵琶湖の湖岸のちかくにあります。また、奥津島神社がある場所は、現在は陸続きになっていますが、かつては、陸地と分かたれていて、奥島と呼ばれていた、琵琶湖に浮かぶ島でした。

    このように、比良明神の聖域である「釣垂岩」(つりたれいわ)は複数存在していて、そのどれもが、水に関係のある場所にあるということも、比良明神が水神であることの証拠のひとつではないかとおもいます。


    『石山寺縁起絵巻』第1段の詞書と絵図についての詳細はこちら
    https://wisdommingle.com/?p=25247#jump_200601a


    「釣垂岩」(つりたれいわ)についての詳細はこちら
    https://wisdommingle.com/?p=21616#jump_200601b


    「これ好奇のかけらなり、となむ語り伝へたるとや。」


  • 『三井寺仮名縁起』に記された、園城寺(三井寺)の南院の鎮守神としての三尾明神(「赤白黒の三神」(赤尾神、白尾神、黒尾神))の伝承

    2020-05-17 11:40



    『三井寺仮名縁起』
    (『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』(1927年出版)所収)



    『三井寺仮名縁起』
    (『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』(1927年出版)所収)



    『園城寺縁起』
    『三井寺仮名縁起』
    (『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』所収)



    『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』
    (『三井寺仮名縁起』が所収されている本)



    『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』
    (『三井寺仮名縁起』が所収されている本)



    仁王門(大門)
    (園城寺(三井寺))



    金堂
    (園城寺(三井寺)の本堂)(国宝)

    『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』という本のなかに、『三井寺仮名縁起』と、『園城寺縁起』という、2つの文献が収載されています。

    これらの『三井寺仮名縁起』と『園城寺縁起』は、どちらも、園城寺(三井寺)の創立の由来について記されている文献です。

    この2つの文献の、それぞれの奥書に書かれている、それぞれの文献の制作年代は、つぎのとおりです。

    ●『三井寺仮名縁起』の制作年代(奥書より): 寛文2年(1662年)(江戸時代前期)

    ●『園城寺縁起』の制作年代(奥書より): 慶長11年(1606年)(江戸時代初期)

    この2つの文献のうちの、『三井寺仮名縁起』のなかの、「三院鎮守の事」という小見出しがついているところに、下記の引用文のような記述があります。

    下記の引用文のなかに、園城寺(三井寺)の南院の地区の鎮守神としてまつられていた三尾明神(「赤白黒の三神」(赤尾神、白尾神、黒尾神))についての記述があります。



    かつて園城寺(三井寺)の南院の地区にあった、
    三尾社(祭神: 三尾明神)と白山社(祭神: 白山権現)
    (「園城寺境内古図」(園城寺蔵)(制作年代: 鎌倉時代末期)
    〔一部分〕〔模写〕)

    また、下記の引用文のなかには、南院の鎮守神のほかにも、中院と、北院の鎮守神についての記述もあります。下記の引用文のなかの「三院鎮守」という小見出しの言葉は、これらの三柱の鎮守神の総称です。

    ●南院の鎮守神である、三尾明神(「赤白黒の三神」(赤尾神、白尾神、黒尾神))

    ●中院の鎮守神である、鬼子母神(哥梨帝母(訶梨帝母))

    ●北院の鎮守神である、新羅大明神(新羅明神)

    (ちなみに、「北院」「中院」「南院」というのは、かつての園城寺(三井寺)の境内の領域を、3つに区分けして、それらの地区にたいしてつけられた、それぞれの地区の呼称です。(北院は、境内のなかの北側の地区。中院は、境内のなかの中央の地区。南院は、境内のなかの南側の地区。))



    園城寺(三井寺)の
    南院の鎮守神である、三尾明神の鎮守社の現在の状況
    三尾神社(祭神: 三尾明神)
    (滋賀県大津市園城寺町)



    園城寺(三井寺)の
    中院の鎮守神である、鬼子母神(哥梨帝母(訶梨帝母))の鎮守社の現在の状況
    護法善神堂(祭神: 鬼子母神)
    (護法善神堂の前にある護法社石橋)
    (滋賀県大津市園城寺町)



    園城寺(三井寺)の
    北院の鎮守神である、新羅明神の鎮守社の現在の状況
    新羅善神堂(祭神: 新羅明神)
    (滋賀県大津市園城寺町)

    この下の引用文は、『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』という本のなかに収載されている、『三井寺仮名縁起』という文献のなかの、「三院鎮守の事」という小見出しがついているところに記されている文章です。

     一、三院鎮守の事

     当寺に南中北の三院あリ。各鎮守ましまして仏法を守護し万民をまもりたまふ。南院には、三尾大明神を地主(ぢしゅ)とあがめ、中院には護法善神跡をたれ、北院には、新羅大明神影向したまふ。其勧請の社頭、影向の諸神、其数稲麻にも比しつべし。南院の鎮守、三尾明神は、当所根本の地主にておはします。昔湖水の内よりも赤白黒(しゃくびゃくこく)の三神、大津の浦に来れり。此三神着用の裾の色によりて、赤尾白尾黒尾とは名付也。是を一社に祝たるによりて三尾大明神とは申とかや。白尾は北国白山権現と顕れ、黒尾は南方にうつりて、熊野の権現と顕れ給ふなり。和州長谷の観音のみそぎ引たるも、此明神にておはします中院の鎮守護法善神は、仏法を守護し給ふのみにあらず。小児を守ちかひまします。是によりて、懐妊の婦人此神に祈れば、其産安全にして、誕生の子も安穏に、寿命長久に子孫繁昌すると也。其因縁をたづぬるに、此天女千人の子をもてり。しかれども鬼子母神なりしかば、人間の子千人をとりて毎日の所食とす。或時、如来方便して、彼天女千人の子の中の愛太子と申を仏鉢の下にかくす。天女驚かなしみて尋ぬる事かぎりなし。其時、仏つげたまふやう、千人の中一人をうしなふかなしみ如此。況や毎日、衆生の子千人を取て食する事、親のかなしみいくそばくぞや。若夫、いまよりして此事をやむべくば、仏力をもつて彼子をかへしあたうべし。との給へば、鬼子母神の申さく、彼愛子帰来ならば、小児を食する事をやむのみにあらず、人の胎内にやどる初より、成長命終の期に到まで、如影随願の加護をなさんと答たりし時、仏鉢の下より、愛太子を出して鬼子母神にかへし給ふ。然而、此天女鬼子母神にてましませば、肉食なくてはかなはじとて、如来のはかり事として、人界の衆生の残飯と云物を肉食にたひ給ふ。是によりて残飯をば指にてとりて、肉をはれて供すると也。小児婦人をまもる事、此因縁に顕たり。さて影向の往因は、大師五歳の御時、讃岐国金倉寺、御誕生の所に現し示曰、汝幼稚なりといへども仏法伝持の器量たり。三井の法流の主と成、弥勒の教法をつたふべし。其時、我哥梨帝母護法の願を現し、汝にうつされて慈尊の下生(げしゃう)に及迄、寺内の仏法をまもり、婦人小児の願をまもり衆生を利益すべし、とふかく契約しまします。其後寺に現じ給ひしに、大師申たまふやう、此寺清浄の霊地として女体の住べき所にあらず。早寺外に跡をたれ給へとなり。護法善神こたへ給ふやう、我仏在世の昔より、仏法守護のちかひありて、都率の内院に住す。常に弥勒の仏法を守れり。此寺また弥勒降臨の道場なれば、この因縁によりてこゝに来れり。女人の姿あしかるし。しかれども、願は我に戒をさづけ、比丘尼となし給へと宣侍れば、大師みづから御かみをそりこぼし、尼のかたちと成し給ふ。是よりして尼護法とは申なり。このときかみすゝぎたまひし池、いまになん有けり。北院の鎮守新羅大明神者、天照大神の御弟、素盞鳥尊にておはします。兄弟あらそひたまふ事ありて、八百万神の神たちにはらはれて、新羅国にましませしに、智証大師、廻船帰朝の日、所伝仏法をまつらんとて、般若宿王の二菩薩をともとして、或は船中に現じ、或は洛中岩上にあらはれ、又は三井寺に来りたまへり。されば、神慮に背不信のともがらには、鬼神をつかはして種々の病をあたへて其人をほろぼし、崇敬信心のやからには、福禄をあたへ寿命を延し給ふとかや。加之此神者後生善処を祈れば、ことに悦給ひて堅固の道心をおこさしめ、臨終正念にして決定往生させたまふ。

    (出典: 「三院鎮守の事」, 『三井寺仮名縁起』, 鷲尾順敬(編集) (1927年) 『国文東方仏教叢書 第2輯 第6巻』, 東方書院, 116~118ページ. )
    (注記:引用者が、この引用文のなかの旧字体を新字体に変更しました。)
    (引用文のなかの太文字などの文字装飾は、引用者によるものです。)


    この下にあるリンクから閲覧できる、「この記事の最新版&完全版」の記事では、ここで紹介した内容以外にも、下記のような内容についてお話しています。もし、興味があれば、そちらもご覧ください。

    ●参考: 「本朝四箇大寺」と呼ばれていた、かつての園城寺(三井寺)の広大な境内の領域について

    ●参考: 園城寺(三井寺)の南院の鎮守神である、三尾明神の鎮守社の現在の状況

    ●参考: 園城寺(三井寺)の中院の鎮守神である、鬼子母神(哥梨帝母(訶梨帝母))の鎮守社の現在の状況

    ●参考: 園城寺(三井寺)の北院の鎮守神である、新羅明神の鎮守社の現在の状況

    この記事の最新版&完全版はこちら

    この記事の、最新版&完全版は、下記のリンクのワードプレスブログの記事でご覧いただけます。下記のリンクの記事は、随時、内容を追加・修正していますので、そちらのほうが最新版の内容になります。
    https://wisdommingle.com/?p=21616#jump_200517a


    「これ好奇のかけらなり、となむ語り伝へたるとや。」