ゆきのふのAniPAFE2018参加作品、全レビューその12
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゆきのふのAniPAFE2018参加作品、全レビューその12

2018-10-17 22:46
    秋もすっかり深まり、徐々に冬の足音が聞こえる感じになってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?自分は炬燵をそろそろ出そうか出すまいか迷う毎日です。11月まではせめて我慢したいところですが、いつまでもつやら・・・。とまあそんな前置きもそこそこに、本日もレビューを始めたいと思います。残り40作品、少しでも早く駆け抜けるとしましょう。なお、頂いたコメントに関してはいずれ必ず返信しますので、今しばらくお待ちくださいませ。今回は211番から再開です!!



    ------------------------------------------------------------------------------------------



    211くるりんさん
    【MAD】未来への方程式(Anime edition)【はねバド!】



    流石は実績ある作者さんですね・・・。常に画面が動き続け、見ている側を飽きさせない。一つ一つの演出が巧みで、無駄なコマが一つも無い、という印象です。テキストの使い方が秀逸なのは当然なのですが、それ以上にとにかく場面と場面の繋ぎ方が物凄く自然で常に流れを感じられる構成になっているので、視聴者にとって非常に心地よい1分40秒をもたらしていただくことができます。決してやりすぎにならない、でも必要なポイントは当然のこととして抑え、画面の見せ方を良く知る、上手い作者さん、そんな言葉が脳裏に浮かびました。この方も多くのAniPAFE作品についての感想を述べられていますので、もし気になりましたら読みに行くと良いかもしれません。静止画系統の作品について、ほぼ全て網羅されている上に、的確なご意見ばかりなので、自分のような「感想」とは方向性の違う、具体的な批評が読みたい場合はオススメです!!(勝手に宣伝)

    001~050 051~100 101~150 151~200 201~250




    212PならばQさん
    [mad] ウマチェイス(Bim Bam Umash)[ウマ娘]



    手に汗握るとは、正にこのこと。昨年に引き続き、今年も独特な作風を見せてくれるこの作者さんですが、まさかインストでここまで見入ってしまう、静かながらも重厚なウマ娘MADを作ってしまうとは、本当に驚きました。この方、本当に発想のセンスがずば抜けているなと思います。荘厳なBGMに合わせた、この凄みすら感じられる切り貼りMADは、最初から最後まで全く目の離せない素晴らしい作品でした。基本的に走っているだけなのに全く飽きさせないこの構成力、演出力は流石の一言です。他の人間にはなかなか真似できないであろう個性、正にオンリーワンなインパクトを見せつけていただきました。



    213PならばQさん
    [mad] アイタイ時はどうする?(ヒナまつり)



    始まり方が絶妙すぎるwww天才かwww。あいったーから始まるって、選曲時点からこの発想は天才過ぎるわ!決して出オチで終わることなく、歌詞に合わせた絶妙なシーン選びが本当に素晴らしいです。中にはこの歌詞をそう解釈するかwwwと突っ込まざるを得ない部分も多数ありますが、本当見ていて飽きさせない。シンプルな切り貼りながらも、本当にテンポが小気味よく、見せ方も良いのでずっと楽しい気分で最後まであっという間に見ることができました。やはりこの作者さん、只者じゃないな・・・と改めて思わされた次第です。あ、サムネに悪意はありませんw



    214shikiさん
    【MAD】「二人の敗者」【僕のヒーローアカデミア】



    この曲で、この歌詞の出し方・・・もしかしたらですけれど、ふぉーさんリスペクトでしょうか?この天才的とも感じられる歌詞の見せ方は非凡なセンスを感じますね。ヒロアカ×米津の時点で勝利が約束されたようなものですが、このエピソード1話だけに絞って、ここまで魅せることのできるこの作者さんの構成力と演出力の高さには驚かされました。思わず「すげえ!」と実際に声を出してしまいました。こういうのをセンスの光る作品と呼ぶのでしょうか、素晴らしいですね。終盤ちょっと息切れした感じは正直あるにはあるのですが、前半があまりにも素晴らしすぎるので帳消しです。これまた素敵な物を見させていただきました。



    215syoutaさん
    【複合mad】シルエット



    SAO部分に強い思い入れを感じますね。特にマザーズロザリオのシーンにはぐっと来るものがありました。繋がりが自然な感じで、沢山の素材を上手くまとめているなと思います。ただ、これも決して悪くない複合MADなんですが・・・この大会中あまりにもハイレベルな複合MADを沢山見過ぎてきたせいで、すっかり感覚がマヒしてしまったようです。並の複合だともう差別化が難しいというか、比較した目線で見てしまうのはどうしても避けられないようですね。切り抜きとか凄く頑張ってると思いますし、動画との組み合わせも良い。それだけに、画質とか少々荒いのが勿体ないなと思ってしまいます。他の動画に負けない個性を、どうか今後見せていただくことができればと勝手に期待しております。



    216イッショウさん
    【AniPAFE2018】三つの物語ー君の嘘を愛してるー【複合MAD】



    これまた非常にテーマが素晴らしい複合MADですね。映像の美しさもさることながら、画面の見せ方、構成が素晴らしいなと思います。特に間奏からの盛り上がりが半端なく、あまりに美しすぎて息をのみました。さすがに膵臓はPV素材だけなので他二つと比べると若干使いどころが難しそうな感じですが、それでも三つの物語の構成として華を添えている感じです。本当、テーマ性も編集力も高い水準で、見る側の胸を打つクオリティとなっているので最後まで目が離せませんでした。特にヴァイオレットパートの使い方が素晴らしく、作者さんの強い思い入れを感じるのでした。



    217heterochromiaさん
    【MAD】Aqoursで「チチをもげ!」



    これぞ正しく、技術力の無駄遣いwwwどうして全力を尽くしたし。いや、正統派でも物凄い素晴らしいラ!MADを作られるこの作者さんですが、本当に何でもできるんだなあと驚かされる次第です。ぶっちゃけ、Aqoursの面々だとこの曲に比べてボリューム不足(何のかは敢えて言わない)だったりするのですが、そんなことは何のその!と言う感じで謎の説得力と圧倒的な技術力で最後まで楽しませてくれます。てか千歌ちゃんが完全にただのセクハラ親父になってるじゃねえかwwwいやーもうこれぞ選曲と技術力の勝利。諧謔賞も相当有力候補として見られているのではないかと思います。これぞMAD、という感じの物を見せていただきました。



    218Y太郎さん
    【ウマ娘MAD】ガーリッシュダービー 

    残念ながら削除されてしまったので割愛させていただきます。恐らくはガーリッシュナンバーとウマ娘の組み合わせだったのでしょうが、見てみたかったですね・・・。



    21937yuukiさ
    BLAME! x WORLD'S END



    BLAEM!、気になってはいるのですよね~。昨年の作品を見た時も思ったのですが、こういうMADを見るとますます見てみたくなってしまいます。映像の美しさもさることながら、凄くセンスを感じられる編集をされているので、未見でもとにかく見入ってしまいました。合っているのか合っていないのかは自分にはわかりませんが、作品の知識が無くても最後まで見られてしまったのは、やはり作者さんの見せ方が上手いという事なのでしょうね。まだ見ぬ作品に興味を持たせられる構成と言うのは、やはりその時点でMADとして成功だと言えるのではないかと思います。具体的な事は言えないのですが、何だか凄みを感じさせる作品でした。



    220ユルさ
    【MAD】三日月×ガンダムバルバドスルプスレクス【ガンダム鉄血のオルフェンズ】



    アストレイノーネームと同じ作者さんの作品ですね。三日月とバルバトスの雄姿に、曲の雰囲気が良く合っていると思います。戦闘描写の構成も良いと思いますし、オルフェンズと作品が持つ悲壮感のような物も表現できているのではないでしょうか。ただ、前作でも思いましたがやはり編曲が荒い。恐らくは意図的にやっているのだと思うのですが、歌の激しい部分だけに割り切って画面を合わせているので起承転結、という点においてはやはり物足りなさを感じます。表現したい部分、見せたい部分だけにこだわって他をばっさりカットする姿勢は、作者のスタイルとしてアリなのかもしれませんが、やはり一つの作品、MADとしての完成度を考えるとどうしても物足りないと感じてしまうので、あくまでも「イベントの動画」として評価するのであれば、そこは改善したほうが動画としての質が上がるのではないかと思います。作者さんがそういうスタイルを貫かれるのは一つのポリシーかもしれないので、この指摘は的外れなのかもしれませんが、あくまで「レビュー」としてそんな感想を持つのでした。




    ------------------------------------------------------------------------------------------




    さてさて、そんなこんなで、削除も含めてですが、220番まで語らせていただきました。色々な方がそろそろ次のステップに進みつつある中、自分もいつまでもレビューに、AniPAFE2018というイベントに縛られたままでいるつもりもないので、いい加減前に進まなければなりませんね。残り30作品、そして結果発表を迎えた後は、自分も次の何かを目指したいと思います。本当にあと僅かで終わりが見えて来る感じとなってまいりましたが、どうか最後までお付き合いいただければ幸いです。それでは今回はこの辺で!ありがとうございました!!



    ※レビューリンク一覧

    その1 (1~30)
    その2 (31~50)
    その3 (51~70)
    その4 (71~90)
    その5 (91~110)
    その6 (112~120)
    その7 (121~150)
    その8 (151~170)
    その9 (171~190)
    その10 (191~200)
    その11 (201~210) ←一つ前
    その12 (211~220) ←今ここ
    その13 (221~250) ←次の回

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。