ここ最近の作品を振り返る その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ここ最近の作品を振り返る その1

2018-10-27 00:14
  • 2
さてさて、自作についても語る語ると言いながら、随分と時間が経ってしまいました。そんなこんなで今更ながらですが、ここ最近の(と言っても半年間くらいの)自分が投稿したMADについて振り返りたいと思います。



ではまずこちらから。






今更ANIMAAADの動画についてかよ・・・と言われそうですが、そう言えばちゃんと語ってなかったなと思い、本当に今更ながらに振り返ります。2018年冬アニメと言えばよりもい、と言うかもう2018年最高の作品はこれで揺るぎないのではないかと思われるこの作品。一度はMADとして作らなければ気が済まない、という強い衝動から、このアニメで参戦することを決意しました。選曲については、当時丁度ReLIFEの完結編が配信されており、(アマプラ会員なら一期も二期も全話無料で見られるよ!露骨なダイマ乙)特に最終話ラストシーンの、「全部消えても、ただそれだけは、ほつれない」の歌詞が流れたところで号泣必至。これは絶対にボタンでMAD作ったるわ!!と思った瞬間に、頭に浮かんだのが、めぐっちゃんに対してキマリが「絶交無効♪」と告げたシーンでした。あまりにも自分の中で二つのイメージが重なったため、これはこの曲でよりもい作らねば!という天啓を得た感じです。MAD作者にはきっと、えてしてそういう瞬間という物が訪れることが度々あるのではないかと思います。


それで改めてボタンの主題歌のCDを購入して聞きまくり、さらにアーティスト名がPENGUIN RESEARCH、つまり「ペンギンの研究」ともなれば、これはもうよりもいと組み合わせるしかねえだろ!!と運命を感じた次第です。更にPENGUIN RESEARCHのアルバムを三つ全て購入して、敗北の少年やジョーカーによろしくまで歌ってるアーティストさんだったんだなと遅まきながらに認識した際には、これはええアーティストさんや・・・今後もMADに使いたい曲がわんさかあるやないけ!!とこれから推しとなることを決意したのでした。この方々の曲、マジで良曲揃いなので、是非ぜひアルバムを購入して確認して欲しいと思うのでした(またも露骨なダイマ)







そんなこんなでそういった俗な話はいい加減置いておくとして、この曲で作る以上は、やはりどうしても再現したいポイントがありました。そう、ReLIFE OPの、タイトルが出て来るシーンの、複数キャラクターがアップになっては消え、背景で細かい画像が重なって行ってタイトルが出来上がる・・・と言う演出です。






↑のOP動画の冒頭の部分ですね。てかこのOPマジで大好きなんで、未見の人も是非見て欲しい。てか本編も見てマジで。今ならアマプラで全話無料(もうええわい)とまあ、そんな余談はさておき(こればっか)、これはいわゆるモザイクアートとかフォトモザイクとか呼ばれる演出ですね。これを実現するためにはいつもの切り貼りだけではやはり不可能なので、ちょこっとだけ頑張ってみることにしました。と言うか、自分切り貼りしか作らないと思われがちですが、構成上必要だと判断すればきちんと勉強もするし、多少は技術的な事も手を出すんだぜ!!(えっへん)とまあ、当たり前のようなことをほざいてますが、逆に動画に必要ないと感じたら極力使わないようにしていると言った方が正しい感じですね。自身の作りたいもののイメージに必要なければ削ぎ落しますし、ここは絶対に表現しなければ!と思ったら切り貼り以外の演出にも手を出す、そんなスタンスでこれからもやって行こうと思います。



そんなこんなで、モザイクアートとやらはどうやって作ればいいんじゃ?と思って調べた結果、色々と試した上でAndreaMosaicと言うソフトに辿り着きました。詳しい使い方については色々なページで紹介されていますが、自分はここ(楽しい休日の過ごし方 様)を参考にしました。自分がモザイクアートとして分割する元として使いたいと思ったのが、よりもい本編のOPタイトルです。





しかしモザイクアートを作る為には沢山のパーツとなる画像を用意しなければなりません。元ネタのReLIFE OPでは、本編のシーンを縮小した画像を細かく繋ぎ合わせて再現しているので、自分もそこにはこだわりました。そんなこんなで出来上がったのが下の画像です。








この画像、拡大するときちんとよりもい本編の映像のみで構成されています。近寄って見てみると・・・







こんな感じです。画像は、本編をAviutlで読み込んでから連番Bmp出力しています。しかしそのままだと一枚一枚の容量があまりにも大きくなりすぎるので、出力するサイズは320×180、そしてbmpではなくjpgで出力しています。一枚一枚の画質は粗が出てしまいますが、その方が繋げた時に味が出ると判断してこのように設定しました。しかしなるべく全話から画像を抽出したいので、しっかり全話分のjpgを余さず出力、当然時間がかかりますし無駄も多いのですがまあそこはこだわりで。そんなこんなで大量の縮小画像とフォルダを管理することとなります。







一つ一つのフォルダの中身↓




フォルダ一つにつき約1万4千枚のjpgファイル。更にそれが1話につき3つずつのフォルダに分割、それを13話ぶんだから・・・1万4千×3×13=54万6千枚。ほぼ構図が変わらない、重複する画像がほとんどですが、よりモザイクアートとしての精度を高めるためには素材となる画像が多いに越したことは無いので、無駄と知りつつ全ての画像を抽出して取りまとめます。そして必要な素材が揃ったら、いよいよAndreaMosaicを起動させます。






本編タイトルの再現なので、右下のMovie Tiles(16:9)を選択します。






詳細は省きますが、こんな感じの設定で進む。





こんな感じで先ほどの縮小画像フォルダを呼び出して、モザイクアートの素材としてリストにぶち込む。





そんなこんなで出力までこぎつけて完成したのが、改めて、この画像となります。ここまで来るだけでも一苦労ですが、更に動画として動かすために、この画像を改めてバラバラにしてから結合する動きを再現しなければなりません。そんなこんなでみんな大好き、AviUTL先生の出番です。AfterEffectsを使えばカードダンスなるエフェクトを使ってもっと再現度を上げられるのでしょうが、無い物ねだりをしても仕方ない。物凄く無駄な事をしてる気もするが、手持ちの武器で何とかするしか無いですね。まあそれもMADの醍醐味という事で。





そんなこんなで、画像をAviUTLに読み込ませて拡張編集のお時間です。上のようにバラバラ→集合を再現するためのTLはこんな感じ。








これを見て、「ゆきのふお前、拡張編集なんぞ使えたんか!?」と驚愕してる人もいるかと思いますが・・・使ってるよちゃんと自分もwww表面上普段は見えないかもしれませんが、隠れたところで結構使ってるんだぜ・・・。けもフレはじめてのともだちとかサイヤフレンズとか何だかんだで拡張編集先生にはお世話になっております。いやマジで、切り貼りだけと思われてそうだけどやることやってるんだぞ・・・うん。まあそんな事はさておき、使うフィルタは「オブジェクト分割」、「ランダム方向から登場」、「拡大縮小して登場」の三つです。それぞれの設定はこんな感じ。










ざっくり言うと、画像を100分割して、徐々に縮小しながらランダムに元に戻る動きを見せる・・・と言う感じですかね。元のOPは恐らく奥行きも設定されてるので本当はZ軸の設定もしなければならないのでしょうが、さすがに一つ一つの画像にそこまでの動きを再現しようとするとクソ重くなってしまうので妥協しました。まあ、雰囲気それっぽく再現できてれば良いかな・・・?と言う感じで。手前の画像さえ表示されて後ろがバラバラ→集合さえ再現できれば十分だと判断したので、最終的にはこういう設定で行くことに決めました。そんなこんなでカードダンスもどき?の動きが完成したら出力、その後手前に表示される五人の映像を動かして














あとは、OPで薬のカプセルが手前に迫ってくる部分にペンギンの切り抜きを当てはめて、光のエフェクトを合わせればそれなりにOPっぽい演出の再現部分はほぼ完成、です。しかしここで更なる問題があるのですが、実はここの演出部分のイントロって、ボタンのTV版サイズにしか含まれてないんですよね・・・。実際に使いたいのはFullverですが、TV版の音源はCDにも収録されていないので、TV版音源とCD版音源を繋ぎ合わせて凌いでいます。何とかそこは違和感なく繋げることができたかな・・・?なのでCDに収録されているボタンよりも若干尺が長くなっているのですが、OPのこの部分を再現するためにはやはり必要な作業だと思ったのでそこはこだわりました。たぶん誰もそんな事には気づかないだろうけどw



そんなこんなで、イントロ部分を語るだけで無茶苦茶時間がかかってしまったよ・・・。流石に尺を使いすぎなのでここで一旦切りますが、お次は冒頭のナレーション部分と本編について、あとは密かに気を使った部分なんかにも触れてみたいと思います。気が付けばAniPAFE結果発表の日にどうして自分はANIMAAADの作品について振り返っているのかわかりませんが、きちんとそちらについても触れますので!!それでは今回の記事はこれまでとさせていただきます。お疲れ様でした!!
広告
×
あーw 私なら手を抜いて、モザイクアート使わないわ(ヒドイw
折角なので、是非またモザイクアート使って欲しいですね!
テーマに合わせた使い方って、結構出来ると思うので、私も思い付いたら使ってみようとは思っています!
多分思い付かないけどw
御互い思い付いたら使うとは思うのですが、基本切り貼り脳なので、最初から切り貼り前提で考えちゃうんですよねえw
困ったものですw
16ヶ月前
×
>>1
一年ごしの遅レスです。モザイクアートはまあ、元ネタのOPを再現したいが故に入ったことなので、またやるかどうかは正直微妙ですねwでもやってて新しい事に挑戦する楽しみも確かにあったので、機会があればまあ、という感じですかねえw

とりあえず切り貼りだけでもまだまだ色々な可能性がありますし、それに+アルファした表現をこれからも頑張っていきたいと思うのでした。
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。