モンスターファームをゆっくり実況プレイ Part60とおまけ?について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

モンスターファームをゆっくり実況プレイ Part60とおまけ?について

2018-05-19 21:00
    こんにちは。清く正しい射命丸です。
    ここでは、初代のほうの『モンスターファーム』のゆっくり実況プレイのことについて、
    めんどくさくない程度につづっていこうとおもいます。(テンプレ)



    さて、

    本編の動画はこちら。Part60と、おまけ?を紹介します。

    Part60とおまけ?











    それではいよいよゲーム内容を書いていきますが、ここからはネタバレになります。
    スクロールするとPart60と、おまけ?の、

    ・育成の反省
    ・次に育てるモンスターと今後について


    ・・の情報が出てくるでしょう。






















    さ、というわけで早速、最終能力値を見ながら反省と行きましょう。





    能力値的には、想像以上に強くなったかな、という印象です。
    ゴーストという偏見からか、そこまで長生きしないだろうと思ってはいたそうですが、
    見てのとおり、死んでから7歳まで生きました。

    余談ですが、動画でもお話されている通り、
    今まで育成したモンスター。ドラゴンを除き、7歳は生きているようです。
    意外と長生きするもんですね。

    特にライフと丈夫さですね。命中回避かしこさはカンスト間近まで伸ばすことは前提でしたが
    ライフと丈夫さも、まさかここまで伸びるとは思いませんでした
    欲を言うならここまで伸びたならカンストさせてほしいとは思いましたが、
    まあここまで伸びたら万々歳でしょう


    育成に関しては、まあ、かしこさと回避が両方伸びるタイプはこうしとけばいいですよね(笑)
    っていう感じの育成でしたね。
    むしろかしこさ型であれば、かしこさか回避の一方が、
    いやむしろ両方とも大して伸びずとも、これが一番良い育成法だ・・というか、
    ライフと丈夫さを一切気にしなければ、これしかないとは思います

    ただ、技性能は、個人的にはよくなかったかな?と感じますので、
    能力値の割には弱くなるかもしれません









    ザコですね(笑)
    育成失敗ではないです。明らかに寿命が短すぎました
    動画でも言ってますが、ゴーストと同じ寿命ボーナスをもらえていたなら、
    もう1年近く生きていたでしょう。
    それでライフや回避、命中が満足行く能力値まで伸ばせたかと言うと、疑問ではありますが

    ソードの命中率に頼る戦法さえすれば、多少はマシかなと思いますが、
    そうは言ってもこの能力値。といった感じです。

    育成の過程については、除中盤はとりあえずソード連打しとけばいいって感じでしたが、
    音声バグのおかげで後半はソードの命中率で戦うやり方が出来なかったのが痛いところです。











    で、次に育てるモンスター。


    霊夢さんはマジン、魔理沙さんはラクガキということだそうです。


    霊夢さんは、バランス型で育成すると言っていましたね。
    マジンはバランスよく能力値が伸びるという謳い文句が強い印象ですが、
    動画本編でも結構言われている通り、意外と耐久型です。
    バランス型と言いながら、気づいたら耐久型になっていそうですね

    魔理沙さんの育成するラクガキは、丈夫さの伸びが非常に悪く、命中もあまり伸びません。
    ただ、それ以外は普通の伸びなので、そこまで苦戦することはない・・と思うのですが、
    実際のところはどうなんでしょうね






    そんなわけで今回はこれくらいにしておきましょう。
    ではでは、ブロマガ記事、読んでいただいてありがとうございます

    こんにちは。清く正しい射命丸です。
    ここでは、初代のほうの『モンスターファーム』のゆっくり実況プレイのことについて、
    めんどくさくない程度につづっていこうとおもいます。(テンプレ)



    さて、

    本編の動画はこちら。Part58と59と、おまけ?を紹介します。

    Part58とおまけ?


    Part59とおまけ?







    それではいよいよゲーム内容を書いていきますが、ここからはネタバレになります。
    スクロールするとPart58と59とおまけ?の、

    ・内容を軽くおさらい
    ・霊夢さんと魔理沙さんのモンスターがどれだけ成長したか

    ・・の情報が出てくるでしょう。



























    というわけで内容を軽くおさらい。

    まずは霊夢さんのクイックシルバー。

    Sランクを挑戦する時点で、もう回避カンストまで王手がかかりました。
    ・・いや、「もう」なのでしょうか?
    回避特化とはよく言いますが、Sランクまで来ているのに、
    カンストすらしていないというのは、回避特化型としては実は遅いのかもしれません。

    と思いましたが、まあ当たらなければカンストしてなくてもいいでしょう
    それに、サーカスをするだけでは、火力が上がりませんからね。

    さておき。
    回避がカンストに近くなり、郵便配達も積極的にするようになったため
    ようやく攻撃力も高くなったと実感できるほどになりました。
    おかげでSランクから、目に見えて相手を蹂躙できるようになりました。

    ・・が、四大大会の丈夫さの高い相手には、まだまだ火力不足だと言う他ありません。
    いや、まだまだというか、かしこさがカンストしてもなお火力不足かもしれませんが・・





    魔理沙さんのサーキュラー。

    こちらも結構なダメージが出るようになり、Aランクでは連続ソードを主体に戦い、
    初見でも簡単にKOできるようになった印象があります。
    また、Sランクになるまでには大ダメージ技も覚え、安定こそしないものの、
    やはり超必殺技よりはガッツ消費が少ないため乱発していましたね

    余談ですが動画でも言っている通り、8割よりも4割のほうが、
    この動画では命中率以上に当たっている印象が
    あります。
    ソードや回転アタックによる音声バグもありましたし、
    さっさと大ダメージ技を習得していたほうが良かったのかもしれません・・

    四大大会は、霊夢さんのクイックシルバーと同じような感想です。
    アルバールとガバーンに対しては火力不足でしたが、
    グレブとレドンドには、火力過剰な部分がありましたね。
    そういうもんなんでしょうか




    最後に両者のモンスターの能力値の確認。





              ↓                    ↓



              ↓                    ↓




    一応最後に四大大会を制覇した時の能力値も。

    こうして見ると、サーキュラーも意外と強いんじゃ?
    と思いましたが、四大大会制覇時点での、
    クイックシルバーの能力値の合計は 2981
    サーキュラーの能力値の合計は 2478 弱かったです(笑)

    3歳時点で、能力値的に見ればもちろん、技の性能も、
    クイックシルバーとそこまで性能差はないため、
    クイックシルバーも余裕をもって四大大会に挑んだわけではありませんが、
    サーキュラーはそれ以上に余裕がなかったでしょう。

    ・・が、思った以上にサーキュラーのほうが善戦していたように見えます。
    気のせいでしょうか?




    ともあれ、今後の活躍に期待です。(いつもの)
    いや、もう四大大会制覇したんですけど。




    そんなわけで今回はこれくらいにしておきましょう。
    ではでは、ブロマガ記事、読んでいただいてありがとうございます

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。