VF5FS 剛 初心者よちよち歩き 二歩目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

VF5FS 剛 初心者よちよち歩き 二歩目

2015-06-04 19:11

    前回、一歩目では適度にカルラをばら撒いてタイミングよくヒットした時にコンボにいくというやり方でしたが、
    「全然あたんねーよ!」「運任せ過ぎ。」
    と思った方も多いと思います。
    なので今回、二歩目では有利不利カウンターを使った意図的にコンボ始動技をヒットさせにいくやり方を書いていきます。

    ・有利不利
    攻撃ヒット、ガード時に起こる状態です。
    避けでも発生しますが今回は割愛します。
    派生攻撃がある場合をのぞいて攻撃がヒット、ガード時は短時間ですがお互い動けない硬直状態になります。
    硬直状態が、

    先に解けて早く動きだせる方が有利
    後に解けて出遅れてしまう方が不利

    になります。
    基本的に攻撃をヒットさせた時、攻撃をガードした時は有利です。
    逆に攻撃をくらった時、攻撃をガードされた時は不利になります。

    ・カウンター
    相手の攻撃中にこちらの攻撃をヒットさせると発生します。
    ヒット時に正面なら黄色側面なら青色のエフェクトが出るのでわかりやすいです。
    カウンターヒットさせると色々と特典があるのですが、種類が多すぎるので一部だけ後で紹介させていただきます。


    さて、ここからが本題です。
    まず相手の攻撃をガードする事から始めましょう。
    相手の攻撃をガードしてしまえばこちらが有利です。
    先に動けるので相手を投げてしまいましょう。
    投げは前回書いた41236P+G63214P+Gが望ましいです。
    それで勝てていればもう問題ありません。
    柔術家として相手をちぎって鼻毛ちぎって鼻毛しましょう。

    しかしこんな相手も出てくると思います。
    ガードして有利を取っているにもかかわらず投げようとしても殴られる。
    どうしてこんな事が起こるかというと、バーチャファイターは攻撃の出始めに投げ無敵が付いているんです。
    じゃあもうさっきのの戦法は使えないじゃないかと思うかもしれませんが、有利不利カウンターを思い出してください。
    有利は相手より先に動き出す事ができます。
    有利を取って攻撃を出せば相手が攻撃してきたとしてもこちらの攻撃が先に当たるのです。
    この状態をどこかで見ましたね。
    そうです、これがカウンターです。

    ・6K
    通称、膝。
    踏み込みながらの膝蹴り。
    ノーマルヒットではダメージ18のしょぼい膝です。
    しかしこれが剛の代名詞でもある技です。
    ひとたびカウンターヒットさせるとダメージが27に上がり、相手は手を付いて土下座のモーションに入ります。
    この状態は相手がしゃがみ状態になっているうえにしばらく動けません。
    どれくらいかというと3KPがガードできずにコンボになります。
    前回書いたとおり3KPはしゃがみ状態にヒットすると相手がバウンドします。
    つまり3KPからのコンボが入ってしまうのです。

    6K(カウンターヒット)>3KP>P>46P+KP6P

    実際やってみるとわかるのですが、相手の体力を半分減らすことができます。
    これが膝が剛の代名詞たる所以です。

    長々と書いてきましたが、やることはシンプルです。
    相手の攻撃をガードして有利で投げる。
    これが効く相手にはひたすら投げを。
    相手の攻撃をガードして投げようとしたら殴られる相手にはガードして膝コンボを。
    これだけです。
    しかしこれも通じない相手も出てくるかもしれません。
    それは次回、三歩目でフレームのお話を交えて書いていきたいと思っています。

    それでは良きバーチャライフ、剛ライフを。

    twitter ID:@yuku_na

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。