ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【新連載】ジャズギタリストのこじれ具合【第一回】理論書を10秒で閉じた方に向けて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【新連載】ジャズギタリストのこじれ具合【第一回】理論書を10秒で閉じた方に向けて

2013-07-03 12:49
  • 4
どうもお久しぶりです。もう気づくとエアコンが手放せない季節になりましたね。




ぶっちゃけ、機材のことってマニアックだし、気になったネタほぼ放出したので
今度は趣を変えてジャズギターに絞って書いてみようと思います。



なぜジャズではなくジャズギター?と思う方も居ると思いますが
理由は簡単、ギタリストは譜読みが苦手で理論から入るのがとても大変だからです。

とりあえず、ジャズの理論書見て10秒後に本をそっと閉じた後、渋い顔で自分には向いてないと悟った方は多いはず。



では、なぜそんなに難しいのでしょうか?
いくつか理由があります。

①キーが頻繁に変わる

②スウィングのフィールが難しい

③コード難しい

④つーか、わざわざギターでジャズを弾く意味が分からない。ロックでいいべ!

⑤用語が難解


④を除いて、他は当てはまるなぁと思う方はちょっとのお勉強でジャズって簡単じゃない!と思ってもらうのが今回の連載の目標です。

今回は①に絞って説明してみます。
①キーが頻繁に変わる!

待って!クラシックだってキーが変わるじゃん!と思った方も多いはず!
ジャズの場合はクラシックのように法則性があまりないのです。(あくまでもあまり)

半音で変わる場合もあるし、全音で変わるときもあるし5度や4度で動くときもあります。
特に結構ランダムで変わるキーを弾きこなすことで自分のジャズの腕前を競うという側面もあったりします。

ジャズで挫折した、中級者、上級者のギタリストの方でブルースを弾いたことがある方は多いと思います。ブルースって基本一つのキーだし、ペンタ弾けたらすぐじゃね?みたいに思ってる方が正にこの連載のターゲット!

ペンタって何?って思う方は「ギター ペンタトニックスケール」でぐぐるとネットの優しいお兄さんが助けてくれると思います。

話を戻しますと、⑤でも触れましたが、何故かジャズメンたちは用語が大好きです。女子高生が一昔前にKYとか使ってたのと多分一緒です。カッコいい用語使ってる俺=カッコイイです。間違いないと思います。

・ツーファイブ
・代理コード
・バックドア
・トライトーンサブスティトゥーション
・リディアンクロマチック
・モーダルインターチェンジ

はい、もうすでに頭痛になりそうな方居ると思います。でも、すべて「キーが変わった」という言葉に置き換えることが出来ます。

重要なのは用語を覚えることより、弾けるようになることなんです。ぶっちゃけ用語なんてクソッタレです。ちなみに日本でしか使ってないソレっぽい用語も沢山あります。日本人の方が「用語かぶれ」は多いと思います。ちなみに僕も時々かぶれます。はい、モテたいんです。

アドリブでギターソロ取ったことがある方は、それを2小節とか4小節毎にキーを変えて演奏するって考えると分かりやすいと思います。じゃ、どうして上手い人は上手く聞こえるの?と思ってしまいますが、ソロを練習するときに「どの音やフレーズが自分に取ってカッコイイか」を判断する能力が長けてるのです。

ぶっちゃけ、理論や用語沢山知ってても微妙なソロばっかり取る人は山ほど居ます。それは、自分でどの音をどのタイミングで弾けばカッコイイかを考えずに本で見た知識のみで勝負してる人達です。ちなみにロベン・フォードは楽譜も読めないですし、理論もほとんど大雑把にしか把握していません。でも、ジャズを教えてる先生達より遥かに上手いソロを取ります。自分で書きながら、当てはまりすぎてて吐きそうになりますがどんどん進めていきます。

では、何故用語が氾濫しているのか?
それはジャズの歴史に関係しています。昔40年代、50年代とかはジャズは学問というよりNYを中心としたミュージシャン達のちょっとした遊びの様なものでした。そこから今日のジャズに発展したと言われています。簡単に言うと「あれ?これマジでカッコよくね?」の連続です。昔はそのかっこ良いことに名前をつけることも無ければ、学問的な説明をする人もいなかったそうです。その後、ジャズは国民的な音楽へと発展します。アメリカ国民はジャズを自分たちの文化として認識したのです。その結果、すべての現象に名前をつけて学問として確立し、後世に引き継ごうとする人達が現れました。その人達の尽力のお陰で、アメリカではジャズは現在も学問としても、文化としても廃れないで引き継がれています。用語はその学問としてのジャズの側面から生まれてきたものなのです。

簡単にいえば、現在完了形がなんだか分かっていても、それだけでは英語は喋れるようになりませんよね?

ジャズはアメリカではよく言語として認識されます。勉強の仕方が第二言語とそっくりだからです。英語の参考書を2年間かけてやるよりも、アメリカやイギリスへ赴き留学した方がよっぽど喋れるようになるのと一緒で、用語を勉強するよりも沢山演奏した方がジャズが弾けるようになります。

一番大事なことは、何のジャンルでもそうですが
自分が今どんな音を出してるのか?それはカッコイイのか?を常に自問自答することで、今弾いたフレーズがモーダルインターチェンジなんだぜ!とか言うことではないのです。



それが分かれば、ジャズなんてロックとほとんど変わらないのです。

次回は「なんでそんなにキーが変わるのさ?」についてお送りしたいと思います。

No Guitar, No Life!



広告
×
トライトーンサブスティトゥーションって日本語で言うと裏コードのことなんですね!
バックドアってどういう意味ですか??
98ヶ月前
×
>>1 こつさん
出た!用語大好き人間!

ちなみにバックドアは全音下からの解決。Bb7→Cmaj7みたいな。要するにG7の代わりに使う。
って、そういうことばっかりやってると良いソロ取れなくなるよ!
98ヶ月前
×
まさに俺得な内容!続きが楽しみです♫
98ヶ月前
×
>>3 7stさん

週に1回の更新を目処に頑張って更新しようと思います!
98ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。