ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【新連載】ジャズギタリストのこじれ具合【第三回】チンチキの意義
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【新連載】ジャズギタリストのこじれ具合【第三回】チンチキの意義

2013-07-24 10:58
  • 9
お久しぶりです。
参議院選挙色々ドラマがありましたね、個人的には投票率の低さが気になりましたが
海外の領事館や大使館で投票できる手続きを3月にし忘れたので僕自身投票出来ませんでした!(比例区のみだったらしい)

ではでは、また懲りずに第三回目です。

今回はジャズの「グルーヴ」いわゆる「ノリ」についてお話しようと思います。

今回はいつもよりカタカナを多用しているので、カタカナ苦手な方には申し訳ない!

①まずは「ノリ」自体についてお話します。
音楽には「ノリ」=特有のリズム感があります。

良くネットで「ズンチャカチャン」「ズンチーズンチー」とかと表されるヤツです。
有名なのは「ウンパッ、ウンパッ」など陽気なものは良く使われます。
リズムだけで踊り出しそうですよね!



もちろんジャズにも特有とまで言えるか分かりませんが「ノリ」があります。

ジャズを知らない音楽の先生が、ジャズのノリは「チンチキキン」
1分30秒くらいから20秒くらい↓のビデオ見てみてください。


この人の右手のシンバルでやってる「チンチキチンチキ」聞こえるやつがそれです。

でもこれだけがジャズじゃないんです(笑)

これっていわゆる、トラディショナル(古いタイプ)のグルーブなんです。
モダンジャズやコンテンポラリー(要するに今っぽいジャズ)だとこのグルーヴ以外にも沢山使い分けるんです。

これは僕の好きなJonathan Kreisberg(ジョナサン・クライスバーグ)の演奏
チンチキではないけど、ちょっと捻ったグルーヴですよね。


じゃ、何があるの?と言うとつまりなんでもアリなんです。
ジャズ=自由な音楽
と捉えてもらって問題ないです。
だから楽しいんです!!

②ソロにおけるノリの捉え方

初心者にありがちな(中級者でも)話ですが、チンチキチンチキな感じで演奏する方が非常に多いです。

実はソロではトラディショナルなスタイルの8割はチンチキやりません!!


(えーーーーー!!!!!)

チンチキで教わったので驚いた方も多いと思います。
実はチンチキやる代わりに、裏拍にアクセントを置くだけなんです。
早いフレーズではフレージングに重点を置くので、細かいアクセントを省くことも良くあります。

一方でアクセントとして、すごくスローテンポな曲だとチンチキやることもあります。

僕が教えている生徒さんもチンチキが強すぎるので、いつもアクセント無しのソロのノリに変えてもらうリハビリを良くします。

実は僕自身も昔そうやって教わり、後から自分で矯正しました。
自分のソロの録音を聞いてみると、ダサイ→普通になったのが良く分かりました。

Bruce Formanという僕のギターの先生曰く、別にアクセント要らないと思うくらいでいいじゃん!という人も多くいます。自分がジャズ沢山聞いてたら意識しなくても出るはずって感覚だそうです。
ちなみにこんな人。



ジャズにも限らずですが、無理して他人に言われて覚えたことは役に立ちません。


ましてや、教える側もふんわりとしか分かってないのに教えられるはずがありません。
自分の耳が「これはカッコイイ!」と思ったことしか役に立たないし、かっこ良くないんです。

パット・メセニーとかチンチキ一切やらないし、アクセントも付けないけど超一流のジャズギタリストですよね?

もっと簡単に言うと
オケに合っているノリで自分にとってのカッコイイことが弾ければ正義」なんです。


追記
もしyoutubeビデオが無いほうが良いという意見ございましたら、省略して文脈で説明していこうと思います。
広告
×
演奏者が追い求めるグルーヴと、観客が楽しむためのグルーヴ この二つのバランスが大事なのかなって思いました。当たり前の事ですが、どんだけ絶妙なサウンド・演奏でも観客に届かなければ、ただの自己主張で終わると考えてます。
97ヶ月前
×
>>1 空犬さん

おっしゃる通りなんです。だから演奏者も観客と同じ目線になれるように沢山ライブを聞いたり、他の人のCDを聞いて耳を養わなくてはいけないと思っております。演奏者が追い求めるグルーヴと観客が楽しむためのグルーヴが異なる時は、時代に対して新しい提言をした時よく「アバンギャルド」Avant-garde=前衛的と評されることが多いようです。音楽で言うとマイルスのクール・ジャズなどがそんな感じだと思います。しかし、歴史的に振り返るとクール・ジャズの意義はジャズを次のレベルに引き上げた重要なモノと思っています。

アマチュアのレベルだと俯瞰で見ることは大切だと思いますが、プロだと結構前衛的な人はアリだと思っています。
97ヶ月前
×
おお!!返信ありがとうございます! JAZZって、その自由さ故に規範というものが存在しないように見えますが、jazzギター初期の チャーリー・クリスチャン ジャンゴ・ラインハルト レス・ポール などの演奏には、現代のミュージシャンが受け継いでいない味があるように思えるんです。これはbluesギタリストにも言えることなのですが........これは僕個人の好き・嫌いの問題なのかもしれませんが(^_^; 
97ヶ月前
×
>>3 空犬さん

もちろんチャーリー・クリスチャンの演奏に味はあると思います。しかし、音楽は進歩を重ねていかないと廃れるという運命を背負っています。クラシックでもショパンやリストだけでは、今のクラシックの旺盛は成り立たなかったはずです。ドビュッシーなどのショパンやリストの時代からの発展があってこそ、そこに歴史が生まれ音楽が成熟していくのです。

ジャズにも同じ事が言えます、チャーリー・クリスチャンのギターは当時センセーショナルでしたし、現在も彼のスタイルを随所に普遍化し取り入れられております。彼がいたからこそのウェスであり、ジョー・パスやジム・ホールが存在したのです。すべての人が進化すべきとはとは思いませんが、日本人の一部が盲目的に「古いもの=良い」と信じることには少し疑問を感じます。
97ヶ月前
×

>>4 ゆーすけさんがおっしゃられた事は、僕も日々感じることなんですが・・・(^^ 新しい音楽を作ってやろう・・と言うよりかは僕のように伝統を世に知らしめてやろうとしているプレイヤーもたくさんいるということを分かってもらえると嬉しいです。大事なのは事実ではなく自分の感性だと信じてます。古いやり方に対して 古くさい・かっこわるいと思うのは音楽にかっこよさを求めているためです。もともと楽しさを求めて生まれた音楽の場合、ダサいと思うのは当然ですよね。今回のリズムの話は少し偏った見解だと思いますが楽しく見させて頂きました^^ありがとうございました!!
97ヶ月前
×
>>5 空犬さん

なるほど。僕のブログはあくまで私見なので、対して深い意味はないと思ってください。ただ、一般論でやるブロマガは書いている方も楽しくないので僕の偏見も含め主観的に書いております。

一つ勘違いして欲しくないことは、トラディショナルな事はまったく悪いことではなく現代音楽やっている人の100%が伝統的な音楽を理解し嗜んでいると思います。僕もそうです。ウェスとかチャーリー・クリスチャンはブートレグも含めかなりのCD持ってます。それを学び演奏すること自体まったく悪いことではないのです。ブルースだとアルバート・キングがすごい好きです。

一つの見方として僕のこの記事の最初の方を見て欲しいのですが、教える側がトラディショナルがすべてのように教えてる現状に嘆いている事が大きいのです。教えるほうがチンチキがすべてのように教えてる現場を多々見てきたので。クラシックがモーツァルトがすべてではないと一緒です。名前は忘れましたが、音楽評論家の方が日本に現代音楽が根付かなかったのはクラシック=ロマン派みたいに教える義務教育が問題ではないのか?などと書いていましたが間違ってはいないと思っています。

カッコイイ悪いは主観ですが、音楽を発信していく立場の人は伝統的だけではダメです。トモ・フジタさんも最近Facebookで「マット・スコフィールドがこれからのBluesを牽引していく」みたいなこと書いてたと思いますが、マット・スコフィールド伝統的なプレイではないですよね?でも伝統的なブルースという音楽をやっている。新しい風を入れないものは廃れるということを経験的に分かっているからだと思います。ちなみにトモさんバークリーですごい昔風のブルースのクラス教えてたりするみたいですよ。

もっと言えば、LAのストレートアヘッドのジャズに一番お金出してるのスムース・ジャズの巨匠ケニー・Gです。ストレートアヘッドの愛を演奏という形にしていないだけなのです。個人的にはジョニー・ラングが評価されなかったのも新しいモノが無かったという事だと思っています。
97ヶ月前
×
音楽を発信していく立場の人は伝統的だけではダメですって?? なぜ数100年前の音楽をこの現代に僕らは聴けるのですか?? 作曲家の意志を継いで演奏してきた音楽家がいたためです。もちろん彼らの名前が世に出ることはないでしょう。しかし彼らのやった仕事は作曲者と同じくらい偉大なものだと思います。bluesはギターソロが主体になることでbluesという名前だけを残しかつての音楽は廃れつつあります。(まあもともと世間うけするような音楽ではないので当然ですが......)   これでコメントするのは最後にしたいと思います。失礼します
97ヶ月前
×
>>7 空犬さん

うーん、上手く伝わってないんでしょうね。そりゃ、クラシックだとコンクール、ブルースとかだとカバーなどで昔の音楽は聞けますよね?演奏者=発信者と僕は認識しておりません。

個人的に音楽家=演奏者ではないと思っています。上記の分ですと、音楽家=作曲の能力があるという捉え方が一般的なので演奏者かと思います。音楽家は新しいもの発信しないと意味が無いんです、言わば研究者の発表、絵画の革新的手法に通じるところがあると思っています。まったくのパクリでは評価はされなくて当たり前です。

誰も新しい音楽を発信しない、皆が皆古い音楽しかやらない世界を想像すると廃れるといったイメージ湧きませんか?

個人的にブルースもジャズもすべての音楽の変化には理由があります、時代に適合し生存を果たしてきたという側面です。ただ青春時代をその音楽に捧げてきたという理由だけで「ロックは死んだ」「ブルースはもうブルース」じゃないという意見には賛同しかねます。何故ならば、僕は現代に生きるブルースプレイヤーがどれだけ昔のブルースプレイヤーを愛しているか知ってるし、尊敬して自分達なりに彼らのフレーズを取り入れたりしているからです。今のブルースプレイヤー達のおかげで昔のブルースプレイヤーがどれだけ助かったかご存知ですか?それも知らないでおっしゃっているのであれば一度調べてみてはいかがでしょうか?
97ヶ月前
×
1年以上前のコメントに書き込むのもなんですが‥‥
私は、ゆーすけ様の見方に100%賛成です。

>誰も新しい音楽を発信しない、皆が皆古い音楽しかやらない世界を想像する
>と廃れるといったイメージ湧きませんか?

クラシック音楽が大衆の中で事実上廃れている(残っているのは伝統芸能の伝承という
文化的一面のみといっていいと思います。)
なぜなら、クラシックのなかで現代音楽の立ち位置はどこにもなく、
才能のある人も皆、古い音楽しかやらない世界だからでしょう。
(もちろん、古い音楽=悪い音楽ではありません。)

トラディショナルジャズは、このクラシックとまったく同じ道をたどっていると思います。
その原因の一つが、ゆーすけ様のいう、

>教える側がトラディショナルがすべてのように教えてる現状
にあると思います。
この結果、才能のある人が皆、伝統芸能の伝承の道に入ってしまう。
曲のキーは、FかBbに決まってるでしょ、#なんて使いません!とか
ジャズギターを弾きたいなら、まずフルアコで4つ切りを1年やりなさい、みたいな。

ジャズをやろうとすると、必ずこの壁にぶつかるような気がします。
82ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。