• 「羊と鋼の森」感想

    2019-01-13 00:01
    はてなに書こうかと思ったけどなんかめんどくさくなったのでこっちで。
    自分は元々あんまり熱心な読書家って程熱心な読書家とか多読家って程でもないんですよね。そこまで多感な人間でもないので読んでもピンと来なかった話題作もたくさんあります。そんな私が久しぶりに「これは良いな」と思える本に出会えたので文章に残しておきます。
    この作品は映画版の宣伝で初めて知ったんですけど、CMを見た瞬間「ピアノの調律師がテーマってだけで面白そう」と思ったので図書館で予約してかなり待ちました。かなり良かったので書籍で購入を考えてます。気に入った本は紙で欲しいタイプ。

    お話としては田舎生まれで高校に入学するため一人暮らししている普通の高校生男子がある時ひょんなことから学校のピアノを調律する場面に立ち会ってしまい、その音の美しさに心を奪われたのをきっかけにピアノの調律師を志、そして実際に調律師になってしまうと言う話です。
    全然知らなかったんですけど、ピアノの調律師って音大とか出てなくてもなれるものなんですね……。その辺は後程調べてみようかと思います。
    私も一応ピアノは中学生くらいまで習ってたし今でも実家でピアノが眠っているはずなのですが、調律師さんが来ていたと言う記憶が一ミリもないです……。もしかしなくてもめちゃめちゃ酷いあり様になってそうでピアノが可哀想ですよね。なんとかしないとなあ。

    ともあれ、調律師の学校を卒業した主人公は、晴れて自分が調律師の世界を目指したキッカケである板鳥と同じ職場で働くこととなります。
    駆け出し調律師として先輩達(私は秋野さんがクーデレで好きです。ピアニストとしての自分の限界に気づいて夢を諦めたけどまだ調律師としてピアノに関わってるって言う設定だけで最高に萌える)に学びながら奮闘する主人公。この先輩達もそれぞれ仕事について悩むこともあれば秘められた過去もあってそれぞれ魅力的なのですが、しばらくは先輩達について回ることになります。
    それというのも、調律師と言ってもただ音を合わせれば良いと言う訳ではなく(それだけでも十分凄いのではないかと思うのですが、そこまでは努力で誰でもできるらしい……ほんとか?)お客さんそれぞれ求めるピアノの音色が違うのでそれに答えなければならなかったり、ホールのピアノなるとまた勝手が違ったりと、その道は随分奥が深いようです。
    主人公は自分にはいわゆる才能なんてないんじゃないかと悩んだりすることもあるのですが、素人には解らない細かな音の違いが解る時点でもう十分凄いよとか思ってしまいます。
    自分はもともとこう言う働いてる人(特に良く知らない職業)のドキュメンタリーものみたいな話が凄く好きなんですよね。そう言う意味では「舟を編む」なんかもかなり面白かったです。あれはあれで「言葉」に対しての細かな拘りが出てて、読んでてワクワクしました。

    読んでて良いなあと思ったシーンはたくさんあるのですが、まずは冒頭の、ピアノを奏でている時に森の匂いを感じているシーン。実際に森の匂いがしてくるようで思わず深呼吸をしてしまいそうになります。
    土の匂い、木の匂い、風のにおい、雨のにおい、太陽のにおい……。優しいだけじゃなくて厳しさもある、爽やかなだけじゃない、どこか鬱蒼とした山のにおい。自分はそこまで自然豊かな所に生まれて育ったわけじゃないんですけど、何故かその情景が浮かんで来るのは人類のDNAに刻まれている的なアレなのでしょうか。
    タイトルだけ読むと浅薄な私はピアノと森と何にも関係ないじゃん、と思ってしまいそうになりますが、ピアノは木と羊と鋼で出来ているんですね。ピアノの製造工程や原材料なんて考えたこともなかったけど、そう思うと「ピアノの森」で森の中にピアノがあったのも何だか自然なことのような気がしてきます。

    あと凄く共感できたのが「ピアノが、どこかに溶けている美しいものを取り出して耳に届く形にできる奇跡だとしたら」と言う一節。個人的には、それはピアノだけじゃなくて、音楽ってだけじゃなくて、絵画や小説や彫刻や衣服、ダンスや歌ってことにも共通して言えることだと思うんですよね。人間が日々の生活で感じている美とか奇跡とか悲しみや苦しみ、喜びや幸せを誰かに届けようとして努力して生まれたものがそう言ったものなんだろうなあと思います。でもその媒介手段自体も、美しく思えてくるから不思議よなあと思う。ピカピカに磨かれたピアノも、精密に紡がれた文章も、舞台でスポットライトを浴びて歌って踊るアイドル達も、それ自体が美しいと思えるのは、世界のどこにでもある、それでいて奇跡みたいな美しさを宿しているからなんだよなあと改めて思いました。

    あとは作中で板鳥さんが目標としている音を原民喜の表現を引用して「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体」と表現しているんですが、この小説の文体がまさしくそんな感じがするのは私だけでしょうか。本当に不勉強で恥ずかしいのですが原民喜の文章を知らなかったので、宮下奈都さんの他の作品と合わせて読んでみたいと思います。
    そして私は今猛烈に森に行きたい。今行ったら凍死しそうですね。登山グッズ欲しいなあ。
    そしてピアノが弾きたいです。影響受けるの早すぎか。
    私はピアノ習ってた頃はそんなに音楽が好きじゃなくてむしろ止めた後にハマってしまった感があってちょっと
    もったいないですね。こんなに好きになると知っていたらもっと熱心に練習したかなあ。やはり小さい時から良いものを知るってことが肝心ですよね、なんて思ってみたり。
    ともあれ、他の作品を読むのも楽しみです。また感想が書けるくらい感動できる作品に出会えるといいんですが。


  • 広告
  • 「月のうさぎ」はいぱぼりっ君さん新刊感想

    2019-01-11 19:44
    どうも。半亡霊のゆうゆうです。ご無沙汰しております。
    通販で買った同人誌が素晴らしすぎて感想がとてもじゃないけど140字に収まらないのでこっちで書きます。

    はいぱぼりっ君さんの描く貴音ちゃん達がめちゃめちゃ好きで前回の四コマ本も買わせていただいていたのですが、今回ついにストーリー本を出されるとのことで楽しみに通販させていただきました。

    タイトルは「月のうさぎ」。ひびたか中心765エンジェルオールスター本かな…?(最近765プロとかASって言うとシアターのうんぬんかんぬんがアレでアレなので765エンジェルとか据え置き組って呼んでます)

    ストーリーとしては、ある日突然オフに入った四条貴音が姿を消して、その代わりのように響ちゃんのところにやたらと食欲旺盛なウサギが現れるって言う話。
    先にネタバレをしちゃうと貴音ちゃんはコケて頭を打って病院で寝込んでいましたとさ。

    この本は何がすごいかって毎回みんなの私服が地味に変わってるとこです。しかも全部カワイイ。響ちゃんのパジャマがかわいい。あと片おさげにしてるのもかわいい。
    凄い細かすぎる話なんですけど小鳥さんからくるのがメールじゃなくてラインなのも今風でいいですよね。
    そして事務所までいつの間にかついて来たウサギちゃんに事務所が騒然。真っ先にウサギを抱っこするのが真さんなのがらしいっちゃらしい。このウサギちゃんは目の色が貴音ちゃんに似てると言うことでみんなにうさ音と名付けられるんですけど、響ちゃん的には御不満の様子。うさ音に赤ちゃん言葉を使う真さんがハイパーウルトラメガトンかわいくて最高にバブみマックスてっぺん突き抜けクライマックス……で好きです……。
    そして貴音ちゃんが病院で無事目を覚ますと同時にうさ音ちゃんはいなくなってしまいます。
    みんなでうさ音ちゃんを探すけども見つからない。うさ音を思って泣いちゃう響んを慰める貴音ちん。こういうところが3歳差あるお姉ちゃんって感じですごく好きです。後日談の「いつも誰かに暖かく包まれてるような気がしました」って話す貴音ちゃんに、お願いだからいつも誰かに暖かく包まれていてくれ…なんなら俺が包むし……ってなりました。

    ちなみにみんなでうさ音ちゃんを探す時に真さんがハッパをかけるんですけど「かたっぱしから」って言うところがすごく真さんらしいなと思ったんですけど私どんだけ一つ一つの行動に真さんらしさを感じてるんでしょうね。飢えてるの?同じコマにいるだけでこの二人は公式で付き合ってるって言っちゃうマイナーカプ腐女子なの?pixivで検索しても自分の作品以外出てこないの?

    とまあ余談が過ぎましたがこの辺で。
    次回出されると言う四コマ本も非常に楽しみです。夏コミ、行くのかなあ。どうだろう。行かない気もします。通販してくださることを期待しております。


  • 平成最後の夏に菊地真エンドレスループもの同人誌が二冊も出てしまった件

    2018-07-19 22:44

    こんばんは、エモい同人誌を読んだ時と菊地真誕生日にしかブログを書かないことに定評のあるゆうゆうです。
    今回は菊地真誕生日ではない、つまり、前者の用件ですね。
    どうでもいいけど何でも平成最後の夏ってつけると何でもすごいエモく感じる。ヤベー今年平成最後の菊地真誕生日じゃん…どうしよう…(どうもしない、ただ書くだけです)

    さてタイトルの通り奇跡的なネタ被りが起きて菊池真エンドレスループもの同人誌が新刊として同じイベントに二冊も出ると言うことになってしまいました。
    一体どう言うことなんだ…と思いつつも両方読ませていただいた感想のまとめとしては、

    「私は菊地真に『終わり』をあげたい」

    だったんだけどマジで訳が解らないと思うのでもう少し日本語を話したいと思います。
    まずはそれぞれの細かい感想から。



    ●エンドロールは流れない/あみへんさん

    十六歳真ベースエンドレスループもの。無印コミュとゲームシステムの取り入れ方がうまい。
    思い出打ってbadになってるのは悪いこと思い出してるからなのか~とか今更納得してしまったり。
    一番好きなのは十四ページ目かな?いくつものコミュの風景をバックにPが真さんの手を引いているところ本当に好きですね。
    無印のコミュって、一つ一つの話が繋がっている訳じゃないけれど、そのかけらを繋ぎ合わせてそれぞれ違う物語を紡いでいくって言う感じがしてそこが好きなんですけど、
    その思い出のかけら紡いでいく感を上手く一ページで表してるような気がします。
    あとやっぱりPはアイドルの手引いて二人で歩かなきゃダメなんだよな~~~!
    あとベストオブ好きなまこりんは17ページ目のプリプリ怒ってるまこりんです。
    見下ろしアングルなせいかなんかちっこさと幼さと華奢さが際立って大変たまらないです。本番前でイライラして当たってでも結局謝ってくれるのもいいですね。
    次はリセットせずに最後までプロデュースするのかなあ。それで失敗エンドだった場合、彼はまた真さんを奈落の底に突き落とすのか、成功したら逆にどうなっちゃうのか、色々と妄想してしまいます。成功しても失敗してもエンドレスループを繰り返すのかと思うと辛い。
    とりあえずPまこに幸せになってもらいたすぎて脳内で「BE ALIVE」(モーニング娘。)流して泣いていた。君を悲しくさせない時代、来てほしすぎる…

    ●夢幻/うぴぴさん

    十七歳真エンドレスループもの。OFA以降のゲームシステム的に、同じゲームを複数回やることがなくなってきたので、オーロラディーバを着ている菊地真がループを繰り返していると言うのが新鮮。こっちはゲーム内で何度も同じ時空を繰り返していると言うより、ゲームをまたがってその度に巻き戻されてループしていると言う感じかな。エンドレスループと言うより、パラレルワールドものなのかもしれない。
    記憶を取り戻すきっかけが手紙って言うのが真さん本人が記憶を繋ぎ止めたくて必死に書いたんだなあと言うと本当に胸がうってなる。こっちは成功してもやっぱり真さんは消えてしまう。でも今度はまた違う世界線で出会うのかも知れない。
    最終ページのタイトル見た瞬間脳内に「夢幻クライマックス」流れて来てあっなにこれ…イメソン…?ってなりました。「無限クライマックス 時を超えて同じ地球踏んでられるわ」(時を超えて同じ地球踏んでる)「鮮やかでいてねそのままでいてね消えない幻」(マジであの日見た幻が消えてくれないまま何年も経っている)とかマジでイメソンじゃないですかね……?


    ●菊地真に、「終わり」をあげたい

    もうちょっと日本語で書くとやっぱり私は菊地真さんに生きててほしいんだなって。(まだあまり日本語ではない)
    何度も言ってますが私は彼女に共に年を取って欲しいと思っているし、何度も何度も初めましてを繰り返すのがつらいし、積み重ねた筈の成長がなくなってまた同じような話を見るのが辛いんですよね。
    いくつもの世界線を跨いで性格や見た目もろもろが変わってもなお、いつまでもアイドルを続けている姿を見ているのが辛くて、この無限ループから救い出してあげたいし、いい加減二次元アイドルとして存在することを「終わり」にしてあげたいと思ってしまうんですよ。
    もちろんアイドルとしての菊地真も好きだけど、アイドルを卒業した後の菊地真もやっぱりキラキラしててとっても素敵だと思うし、それを想像するだけで私は生きていけるから、ワガママを言えば綺麗なうちに卒業させてあげたかった。ASが最高に盛り上がって人気があるタイミングで引退してほしかった。
    自分は終わった物語を色んな視点から見たり、何度も見直してやっぱりここが好きだなあとかここはどうだったんだろうとか考えるのが好きなので、物語が終わることに関して何の抵抗もないと言うか、むしろもう十年もやったんだからいい加減終わらせてあげたい……みたいな気持ちの方が強いんですよね。こんなこと言ったら続いて欲しいって思っている人に殺されそうですが、正直言って今「ASが卒業します、今後ライブにもゲームにも出ません」って言われたら、悲しいとか寂しいとかより「やっと終わってくれた」って思うんじゃないかなと思うんです。自分はね。もちろん寂しい気持ちは絶対に出て来るとは思うのですが、これでもう公式との解釈違いに悩まなくて済むとか、新作が出るか出ないか、新作がクソゲー、クソシナリオなんじゃないかと言う不安に悩まなくて済むなって言う安心感の方が強いんじゃないかなって。それくらい私はもう疲れきって絶望しきってしまったんだなと思うと、何だか悲しい部分もあります……。今はちょうどよく距離を置いているので、のんびりマイペースに好きなことだけできていますけどね。


    さて余計な話は置いておいて、素晴らしい刺激を受けたところですので自分も自分の願望を形にしたいものです。誕生日用に一応エロSSを一本用意してはいるのですが、非エロも書けたらいいなあと思っていたりいなかったり。
    あと一か月。そろそろ本腰いれなければです……。