移民ノミクス亡国論
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

移民ノミクス亡国論

2016-08-12 09:00

    「二年前に安倍総理は、密かに移民推進政策に舵を切りましたが、狙い通りに外国人が増加しています。目的は、国民の皆さんを貧困化する事です」

    『アベノミクスの正体は、国民貧困化の移民ノミクス』


    『最近、増えましたよね?』

    新年度となり、各地で新人の研修など行われていますが、私の地元のスーパーやコンビニでも外国人の店員が増えました。二年前に安倍政権の移民受入れ政策に危機感を覚えてブログを開設した私ですが、その懸念が現実のものとなりつつあります。安倍総理の狙いは国民の皆さんの給料を抑制して貧困化させる事です。

    『日経新聞・被害者の会』

    少し前までは「移民は受入れないが外国人材は活用する」と詭弁を呈して、国民を欺いていた安倍総理と自民党ですが、最近では、移民亡国への執念を隠そうともしなくなりました。経団連の広報紙であり、グローバリストの手先である、日経新聞が「移民ノミクス」という記事を書いたのも、その流れの一環でしょう。

    『移民政策と緊縮財政は仲良し』

    クニのシャッキン問題など、日本の財政破綻を煽り、消費税増税をしないと福祉が持たない!などと脅す財政均衡主義者は、大抵、移民政策に寛容です。『財政危機=消費税増税=緊縮財政=移民受入』という一連の流れである事に注意する必要があります。例えば、介護や保育や建設の人材不足の問題が良い例です。

    『日本の財政は世界一健全です』

    長期金利がマイナスで、かつデフレが続く、日本政府の財政は世界一健全です。勤勉な日本人が支える日本経済は、世界有数のモノやサービスを提供する能力があり、日本円は世界一信任される通貨となっています。消費税廃止などで、年間17兆円程度の財政出動をして、少しは通貨の信任を落とす必要があるでしょう。

    『徹底的な人手不足こそ重要』

    今まで散々、人件費をケチって庶民を虐め抜いて来た業界で人手不足が深刻化しています。これを日本語で自業自得と言います。時給を上げても人が来ないと言いますが「時給」と語っている時点でお里が知れます。正社員にするカネが無いなら、株主や経営陣への報酬を減らすか、良い物を提供して対価を求めるかです。

    『経済の好循環を阻害する安倍総理』

    本来ブラック企業にお灸を据えるのが政府の役割なのに、移民を入れて人件費を抑制し経済の好循環を阻害する安倍政権自身がブラック企業となっています。物価とは玉ねぎの皮のように「人件費+利息」に分解できます。良いインフレとは人件費が連続して上昇する現象で、人件費の上昇無しにデフレ脱却は不可能です。

    『理由は不明だが景気は良くなります』

    安倍総理がいかに経済オンチで有るか知るのは簡単です。首相官邸のサイトで経済財政諮問会議の議事録を読めば良いのです。積極財政や公共投資増などの文言は一つもありません。賃上げを目指すと書かれていますが、どのようなメカニズムので賃上げされるかは何一つ書かれていません。敗戦直前の大本営と同じです。

    『外国人観光客インバウンド亡国論』

    書かれているのは、外国人観光客の更なる激増を目指す規制緩和です。各地の観光地は既に観光客で満杯で、一部の観光客のマナーの悪さが議論を呼んでいるのにです。チャイナは爆買い規制をスタートさせており、今後はカネ払いの悪い外国人に観光地を荒らされるのが目に見えています。必要なのは入国規制強化です。

    『莫迦とハサミは使いよう』

    日本を滅ぼす事に熱心なアベ自民を未だに支持する保守派がいる事に呆れます。曰く「まともな政治家が外にいない」からだそうです。仮に移民亡国に賛成なら断固アベ政権を支持すべきですが、その方は反日サヨクとなります。安倍さん以外でも「莫迦とハサミは使いよう」という言葉を安倍支持者には送りたいです。


    『潮目は変わった一刻も早い退陣を』

    しかし潮目は変わりました。一ヶ月程度で批准させる腹づもりだったTPPも、黒塗りの議事録公表などで墓穴を掘って紛糾しています。公的年金で買い支えている株価も下落が続きます。経済統計データは消費税増税の失敗で悪いままです。国民貧困化の移民亡国を阻止する為にも安倍総理の一刻も早い退陣が必要です。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。