妻パート代25万円」発言の安倍首相、大学時代の金銭的苦労
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

妻パート代25万円」発言の安倍首相、大学時代の金銭的苦労

2019-06-24 23:47
  • 1

「政治家は清貧たれ」とはいわない。たとえ資産家の政治家でも、庶民の生活実感、年金不足への危機感を感じ取ることができるなら、国民は政治に期待を託すことができる。

 だが、住居費も交通費も税金で賄われ、飲み代は政治資金、金銭感覚が完全に麻痺した政治家たちに、国民の痛みは分かるまい。

 安倍首相は岸信介・元首相を祖父に持ち、経済的に恵まれた家庭で育った。成蹊大学時代は赤いアルファロメオを乗り回していたが、アーチェリー部に所属して体育会本部の会計局長を務めたことで“庶民の金銭感覚”に触れたことがある。

 母校・成蹊学園の広報誌には、在学当時の安倍氏の写真と体育会役員紹介の文章が再録されている。

〈体育会の「火の車」の台所をあずかり、四苦八苦。しかしこの経験は将来政界でもきっと役立ちますよ〉

 だが、同窓生の期待は裏切られたようだ。首相になった安倍氏の金銭感覚は庶民から大きくズレていく。

 アベノミクスで実質賃金が下がったことを国会で批判されると、「景気回復でパートが増える」と反論し、こんな“たとえ話”を持ち出した。

「妻は働いていなかったが、景気が良くなって働くことになり、私(の給料)が50万円で妻が25万円なら75万円。2人で働くと(世帯収入は増えても)平均は下がる」

 ところが、例にあげた金額が世間相場とはかけ離れていたため、「月給25万円のパートがあったら教えてほしい。現実を知らない」と批判を浴びた。

 その安倍首相は年金2000万円不足問題で批判を浴びると、いまや誰も信じていない「年金は100年安心」と開き直って逆に国民の不安を高めてしまった。

※週刊ポスト2019年7月5日号


広告
×
週刊ポスト2019年7月5日号の転載記事ですか
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。