コロナの裏でスーパーシティ構想要望
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コロナの裏でスーパーシティ構想要望

2020-04-01 01:02
    コロナ問題や首都封鎖問題の裏で政治家たちは、スーパーシティー法案という超売国法案を推進しています。下記のHPの写真で政治家が全員マスクをしていないのは、なぜでしょうか?コロナ騒ぎの真っ最中にもかかわらずです

    2月13日、先般2月4日に閣議決定された「国家戦略特区改正案」に基づき、自民党大阪府連の仲間たちと北村誠吾内閣府特命担当大臣(地方創生・規制改革担当)にスーパーシティ構想実現のための要望を行いました。

    スーパーシティ構想とは人工知能(AI)やビッグデータなどの最先端技術を活用した都市構想であり、大阪府では、夢洲、うめきた、池田市、河内長野市がその選定候補となっています。

    我々の要望に対し北村大臣は、「スーパーシティ構想実現のために、どんな規制が邪魔でどんなことをしたいかを考えて要望してくれれば、政府として前向きに対応していく」と応えてくれました。

    自民党大阪としては、アイデア提案を豊かにして、積極的に同構想に取り組んでいく所存です。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。