コロナワクチン、鍵は「ガの幼虫細胞」 阪大で開発進む
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コロナワクチン、鍵は「ガの幼虫細胞」 阪大で開発進む

2020-08-01 20:06

    大阪大学などの研究チームが、新型コロナウイルスに対するワクチン3種類の開発を急ピッチで進めている。昆虫の細胞を利用して、効率よくワクチンの材料をつくる方法などを活用しながら、早期実用化をめざす。

     大阪大学微生物病研究所(大阪府吹田市)の実験室を記者が訪ね、「VLPワクチン」開発の様子を見せてもらった。顕微鏡につないだパソコン画面に現れたのは、ワクチン開発のため、容器で培養している丸い細胞。ヒトではなく昆虫、ガの幼虫の卵巣由来の細胞だ。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。